PAGE TOP

帰路の途中


beginクリックで飛びます。

今日は、オープンカフェのお手伝いに行っていたので、慣れない仕事にてんてこ舞い。
それでも学生時代、ホテルのレストランでフロアリーダーの経験を思い出しながら、がんばりましたよ。
おじさん、もうぐったりです。

ぼんやりいつもの帰り道。

麗しの同僚がいたので一緒に帰ることに。。。
明るく爽やかに「お疲れ様でした~!」
(いやいや、おじさんには、こんな挨拶できないなあ)
日ごろのがんばりを称えあったり、お礼を言ったり。。
普段はきりっとして、美人ゆえ冷酷に見えるぐらいなのに、見たこともない柔らかな笑顔、おどけた対応に、少々戸惑いながら。。
「こんなに面白い人なんだぁ」 「やっぱり年相応なところもあるんだなぁ」

そういえば別の美人さんがこんなことを言ってました。
「美人系は、人生の中で様々嫌がらせにも会う、誤解にも会う。自然と警戒心が強くなるもんなんですよ」


疲れた身体も、いつしか元気になっていました。

「ほなまたね」

大阪星人のおじさんが、お返しに元気付けてあげられるのはいつのことだろうか。
必要なさそうだけど。
だって疲労困憊は、常に私。たまにすれ違うだけだし。。

関連記事
[ 2016/11/01 22:36 ] SUNTORY OLD | TB(0) | CM(0)

老いも若きも気の良い仲間

20161025-IMG_20161025_201425.jpg

今日は8人ほどでなんだかんだでお疲れさん会。
平日だし、明日仕事だし。。さっとやってさっと終わろうだと? 無理無理~。

まあさわぐさわぐ、。。私。


楽しい飲み会でした。
関連記事
[ 2016/10/25 22:56 ] SUNTORY OLD | TB(0) | CM(0)

またまた温泉へ

今日もふらりと温泉へ。

いつものように高速を○っとばし。花園インターを降りて、風情ある長閑な道をのんびりと走ります。

ed_convert_20161023195413.jpg

ついたのは最近、気に入っている両神温泉、両神荘。小鹿野町営の国民宿舎です。

泊まったことはありませんが、車で行って帰ってくるのに、ちょうど良い距離感。小旅行です。

混雑の無いスムースな運転が出来る道路が続くのでストレスもありません。


泉質など詳しいことはよく分かりませんが、なんだか肌がヌルヌルしてきて、つやつやした感じになります。

まあ、いつもながら「おっさんがお肌つやつやになっても、意味ないよなあ」と自嘲気味なんですが、

なんとも気分が良い温泉です。前回も両神温泉に来ているのですが、前回は道の駅内にある温泉でした。
そこは。。。まあなんというか、地元の人で賑わう健康ランド。良い意味でも悪い意味でも、老いも若きもが集うコミュニティセンター
という感じで、私のような部外者には、旅情が薄い感じでした。
しかしここ両神荘は、一応、ホテルの装いなので、少ない宿泊客と日帰り温泉客がほんの少し。
静かで落ち着いた感じが気に入っています。


前前回もこの両神荘に来て、とても気に入ったのが始まりです。其の時は確か、桜舞う春でした。

7med_convert_20161023200502.jpg

今回のタイミングは、紅葉とまでは行かない、秋枯れの渓谷。

静かに聞こえる川のせせらぎを覚えながら、ゆっくりと疲れを流しました。



いつも、心にいる

大切な人を思う

幸せであって欲しいと願う

僕の小さな夢


「愛すべき未来」より
関連記事
[ 2016/10/23 20:19 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

勉強させてください

1022hiroshima01.jpg

このところ、若い方々の奮闘を見て、本当にありがたいなあと感心することが度々あります。
またこの時期になると普段沙汰のない若者たちから連絡が入ります。

おそらくは、ばたばたとした落ち着かない時期を越え、ある意味、慣れる中、緊張がややとれリラックスしてくると
初めて仕事のクオリティに向き合うことで、それ以上の何かを求める気持ちが生じるのかなあと勝手に想像しています。
それなりに責任ある立場やプロジェクトを任されだした時期でもあるのでしょう。
つらつらと連絡内容を見てみると、懸命に仕事に集中するも、うまくいかないこともあるようです。

そんな時は私のようなベテランの出番です。
体力的にはとても敵わない若者の疲れ知らずな姿がなんともうらやましいのですが、技術的なことであれば、私たちのような経験豊かな層に分があります。
特に私の仕事ぶりは、どうも独特なようで人目を引くようです。個人的には、他者にどう見られようと全然気にしてはいません。
スキルを磨きに磨いたり、重責を担ってきた経験。そこを突き抜けていくと新たな地平が見えてくる。。そんな感じかもしれません。

宮本武蔵曰く、「われ以外皆、師なり」なんて言葉もありますが、私はそこまで思えるほど出来ていませんが、確かにそう感じる
こともあります。
テレビを見て番組や、CMからヒントを感じたり、雑誌、看板、都会の摩天楼、六本木のショーウィンドウ
自然と格闘しキャンプを楽しむ中で。。
携帯電話屋、電気雑貨屋、不動産屋さん、はたまた31のアイス屋さん。廃れかけた商店街。何十年と細々と経営される田舎町の
商店に面白い発見がたくさんあります。

案外世の中の本質や仕組みって、自分のこととそう離れたことでもないのかなあ。書いていて意味わかなんくなってきた。。



少なくはない方々が私の部署に出入りするのですが、ほとんどの方が、また私と仕事をしたい、勉強になると言って頂けます。
こんな言葉を具体的に伝えられると、おじさんはとてもうれしいのです。
キラキラ輝く、目やその奮闘にいつか自在に自分の仕事をこなせるようになるあなたを想像し、力になってあげたいと思います。
そしてどのような困難があろうと立ち向かっていく姿に胸をときめかせてしまいます。

ただ一目見て魅力を感じていただいたとしても、一朝一夕に見よう見まねで出来るものではないのです。
ちょうどピカソの絵を見て、簡単だと思うようなものでしょうか。
ピカソは世に紹介されていない絵を含めると、ありとあらゆるジャンル、作数を残しています。
絵画の技法の基本、基礎を徹底的に身に付けている画家です。

目の前の若者のスキルレベル、やる気、状況を見て、ちょうど良い言葉を出すのは、簡単な様でいて、なかなか難しいものです。
むしろ何も考えずに説明していたりするときに、何かを感じていてくれるのかもしれません。
たくさん質問されたり、ほめられたら余計にがんばってみたり。。こういう貪欲でスキルアップしたいとがっついた感じぐらいの
若者には非常に好感が持てます。
身近なこと、自身の成長過程に置き換えて、たとえ話が理解を促進させた時も面白いですね。



やっかいなのは、30代ぐらいのそれなりの経験を積んで、なんでも出来ると思い込んでいる人。
残念ながら謙虚さを失っています。引き出しがさほど無い。私は謙虚ですと言葉ではイクラでも言えますがね。
人目を気にして、関西弁で言うところの「いきってる」人。目指す方向性が間違っています。
支配欲が強く、人を従属させ仕事のクオリティよりも大雑把な活躍を優先し、仕事が出来る自分と思い込んでいる人。
こういうタイプは視線に落ち着きが無く、評価基準が人に良く思われるか、もしくはかっこ良くみえるかが基準。はい、かっこ悪いです。アドバイスしているつもりが本質を外しています。
だって人の心が見えていないから。またうまくいっていないことを自覚しながら、直視しない人。。困ったもんだ。。
いくら言い訳と笑いでごまかしても。。現実は変わりません。
おれってビッグだぜーと思っていても、周囲から浅はかさを結構見抜かれていますよ、
がんばってもう一度自分を見直してくださいね。


学校のお勉強と違い、正解はただひとつなんてことは世の中ないですよね。
そしてひとつの結果から、また無限の樹形図のように未来は展開し、転回していくものです。

現在の結果に、クライアントを満足させそして次への提案をどうつないでいくのでしょうか。これが大きなテーマでもあります。

共に仕事をすると、一時、ごまかせても、長期に渡るとごまかせない人の本質(良い悪いは別ですが)が見えてきて勉強になります。

私? 私の大事にすることは、麗しい人間関係です。
私も含め完璧な人間などいません。多少癖があるほうが面白いんです。

そういう面白い人と世代を超えて、仕事を超えて友達になる。。末永く

ホント、面白いです。人生って

関連記事
[ 2016/10/22 04:04 ] SUNTORY OLD | TB(0) | CM(0)

厚生労働大臣賞

kissimages.jpg


先日の検査の結果、ほぼ健康な人の数値と同等の結果が出ました。

今朝、アドバイスをくれた方に御礼を伝えました。

「この間、10g以下の実践で体脂肪率が9パーに落ちたって言いましたよね。」
「それでね、金曜日、検査だったんです。そしたらすべての項目で健常人の数値の範囲に入ったんです!」

とてもうれしそうに聞いてくれました。

「それでね、先生があまりにも素晴らしいからって、厚生労働大臣賞を受賞しました!」

「ほんとですか!」

「んわけねぇだろ! うそうそ!」(そしてツッコミ)

ヨロヨロ。。。

「もう!力が有り余ってるんじゃない?」

「あひゃひゃひゃひゃひゃ」


まったくいい大人が、朝からはしゃいで、みっともないですが、

ほんと、感謝してますわよ!!





翌日、あまりにも雑で幼稚な御礼を詫び、改めて「ありがとう」とお伝えしました。

いつかは、私があなたの役に立つ番がくれば良いのですが、当分、何も出来ないでしょうね。だって優秀な方ですからね。

でもきっと、人は相互に影響しあうもの。お互いの存在や何気ない一言が、どのように相手に伝わり、それで勇気付けられ
励みになっていくかなんて、個人の内面の問題。

自分らしく、そして自然にあるがままに。思いやりを忘れず。

「いつも、ありがとうございます」
関連記事
[ 2016/10/18 20:06 ] SUNTORY OLD | TB(0) | CM(0)