FC2ブログ

PAGE TOP

コロナ回避

うちの職場はまだ、考えが甘く、密集、密接、密室(閉)をまだ認識できていない。決められたルールや配慮の中では従うが、直ぐに3密を防ぐツメが甘くなるのだ。

換気についても知識が甘く、1フロアに対し外界への小窓一箇所なんてことが起こる。これでは換気効率が著しく落ちる。窓を開けました、ドア開けましたでは、完全な換気は行われない。廊下側とグランドや幹線道路側の外気取り込みの窓が開けられなければ意味がない。汚染された空気をどう排出するかの視点がなければならない。 
換気の原則は外気口にサンドされなければならない。

ともすると、すぐ和やかな空気が漂い、好きにトークが展開される。緊張感や忌避感はない。まさか自分が感染することはない平和日本を地で行く様相だ。
お昼休みともなると弁当片手に密集しておしゃべりタイム。退勤まで職務デスクの周囲でおしゃべり…如何に外気の窓が開け放たれていようと、そりゃだめだ。
良い例が換気率100%の外でも密着すれば感染する。広い部屋で密室でも、かなり離れていれば感染しない。密集すればするほど、どのような条件下でも感染率は上がる。飛沫汚染だけでなく、間接接触の因からは逃げられなくなるからだ。

要するに想像力だ。目に見えないからこそ。
汚染された空気、飛沫は想像以上に広がり漂う。口から出た飛沫、汚染された手から、机、ドアノブ、取っ手、衣類、ハンカチ、タオル、玩具それらをいかに避けるかだ。それらを回避さ、排除し、排出しなければならない。

3密は、3つの条件が重なると最悪で、どれ一つをとっても感染の因になる。2つならさらに悪化する。

こんなところに長居してはいけない。
というか、そもそもね、都知事が声高に言ってる事と逆行してる施策だよな。
クラスター発災率がほっておいても高く、働く人の意識が更に低い。働く自身の健康、我が家族の健康、お客様の健康、ご家族の健康を破壊する施策だ。汚染された小石を投入すれば、直ぐにクラスター発生だ。時間の問題である。

クラスター潰しが日本のコロナ対策の肝要なのになぁ。バカだ。

こんな考えの私を人は神経質だとあざ笑う。
しかし感染を防ぐには、神経質になることが唯一の手段だ。ウィルスに対して寛容は馬鹿だ。
神経質になること、想像力を働かせること、それがあなたの命を、家族を守る残された手段だ。
スポンサーサイト



[ 2020/04/07 21:40 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/973-2d12ae4c