FC2ブログ

PAGE TOP

カーナビ修理

15823676710.jpeg


暇だったので、何となく完全に動作しないカーナビを修理した。分解したところ、スイッチ基盤に少々の汚れがあるけど、目立つ損傷もない。
チャタリング修理と同様の手順でスイッチ基盤のみ洗浄。接点復活剤を適量流し込んでは、7つのスイッチを4,50回押しまくる。
組み上げ前ならば完全に動作することを確認してから、組み上げる。
ところが組み上げても同様の症状は改善されないので、メーカーの基盤交換ということを疑った。
こういう時は、取り付けネジ一本から組んでみて、ネジのどれかが基盤に干渉している可能性が高いかを調べる。。トルクに注意しながら、一個締めては、電源オンを繰り返し、悪さしているネジをあぶり出す。

結果は、見込み通り、ネジをいくつか締めずに組み上げたら正常動作した。
なぜこんなことができるのかって?
パソコンたくさん自作してきた経験から、パーツやネジの干渉の悪癖を知ってるから。ナビも言ってみれば小さなパソコン。スマホよりもずっと汎用性もなく性能も悪い。
職場や自宅のパソコンの類で一番性能が高いのは、このスマホだな。

近く車自体の買い替えを考えているので、ナビの修理にお金を掛けずに修理できたので、良しとする。

仕事もそうなんだけど、何か問題が起こったとき、何が問題か、どこを改善すれば、現状復帰するのか。どこを修正すればさらなる前進を見込めるのか。この問題を正確に把握する、解決までを見立てる力、似たような経験から、改善方法や方向性を立てられるかで、本当の力量がわかる。ただ外からはわからない。

端からは結果を見るしかない。


朝からトレーニング、ふらふら手足はガクガクの状態でTRXの基礎トレを行った。
特に足腰全体の多関節とひねり、ねじりを意識したバランス筋トレ。もうあきませ〜ん…180キロのハーフスクワットを3セットした後なんて、もうガクガク。
しかしメイン筋肉が疲労しきった時、周りの名もない筋肉たちがバランスしようと活躍する。

いったい、俺は何を目指してるの?あいつも度々聞いてきたなぁ…アスリートなんて言葉は俺には当てはまらない。
大学生ぐらいの頃か、早稲田大学?東海大学の教授が「体育人間」と言う概念を提唱していた。
熱心にその論文を読んでいた記憶がある。まさか自分が、闘病して、ウエイトトレーニングして…なんていう壮年期を送るなんて想像もしていなかった頃。

アスリートや、体育人間という言葉は、弟分に似合う。
俺はただのトレーニング趣味のおっさんだな。



スポンサーサイト



[ 2020/02/22 19:35 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/970-1fa69b5d