PAGE TOP

はつどり

新年早々の初撮りですが、いまひとつ(汗
DSC_6561_convert_20090103203644.jpg

地元民が集う近くの神社では、寒さのせいかぱらぱら。それでも人を含めた撮影は勇気が要ります。結局、人に向けては撮影しませんでした(ヘタレなへーじですが、トラブルは避けたいですぅ)
DSC_6572_convert_20090103214048.jpg

DSC_6565_convert_20090103213514.jpg
プラプラ歩いていると、高校生から大学まで通い、師範代まで勤めた同じ流派?系統の道場がありました。懐かしさのあまり覗いてみました。さすがに元旦。誰もいません。再開することももうありませんが。穏やかに?生きていきます(笑

DSC_6595_convert_20090103215249.jpg
帰宅後、リビングに家族のほぼ10?15年前のころの写真が飾ってある。
このころもよかったなー。子供たちが赤ちゃんから幼稚園生までをつづってあるのかな。
当時はキャノンEOSを使用しほとんどの撮影を85mmF1.2Lで済ましていたような。。。
素晴らしい写りのレンズでした。
そんな思い出に浸っていると。。

どかーん。ぼっぱつ。新年早々、女性勢力が増した我が家は、母が三人(笑 リーダー格が長男を、しばいております。
DSC_6599_convert_20090103215522.jpg

スポンサーサイト
[ 2009/01/03 22:12 ] My Photo | TB(0) | CM(15)

>きんせいさん

そうですねー。さくっとうまく行く人には簡単に思えるようですが、実はおくが深いと思います。はるさんという方は、へーじから里子をお出しした方の一人です。ウチの環境から激変した環境になじめず、こういう状態になったと拝察されます。エビにとって温度、Phなどに限らず、環境激変は大敵なのは全国共通でしょう。このケースと同じ現象は、ソイルが一般化していない外国でも頻繁に起こっているようですしww

でも適切なアドバイスを得られれば、失敗から得られることも大きいので、それはそれでと思ったりもします。

[ 2009/01/08 00:54 ] [ 編集 ]

難しいですね?

コメントを見ていて、えびしいくの難しさを感じます。
PH8の砂利水槽でもえびさんは生きていますが、PHは6ぐらいにしたいですね。
初心者は、☆になるえびさんにきずいても打つ手がないのがほとんどです、私もそうでした。
今でも肝心なところで旨く増えてくれないですよ!(泣き;)
駄文でした!
今年も宜しくです!
[ 2009/01/07 23:26 ] [ 編集 ]

就寝直前にすいませんでした。

今日、仕事が終わって帰宅してから、さっそく黒ビーを全部掬いあげ、現在弱酸性の水槽の水で水合わせ中です。
やはり、いただいたビーは一桁まで減っていました…。
申し訳ないです。
現在、点滴法で水合わせしています。
ダメもとではありますが、新しい水槽の水質に合ってくれればとの願いを込めて…。
いろいろとアドバイスありがとうございます。
[ 2009/01/07 20:40 ] [ 編集 ]

>かっちゃんさん

おめでとうございます!今年もよろしくお願い致します。
お忙しい様子ですね~。
また落ち着いたら、素晴らしい写真で、私たちを魅了してください。

トラブル? なにか1Dに異変が?!
[ 2009/01/07 13:17 ] [ 編集 ]

あけましておめでとうございます♪
新年の挨拶、遅くなり申し訳ありませんです・・・・・
ことしもよろしくです♪
フルサイズに挑戦したいが、トラブルが解消するか様子見で・・・・
ヤキモキ中の今日この頃です!www
[ 2009/01/07 04:00 ] [ 編集 ]

>はるさん

こんばんは、もう寝るところでした(w

ダメージを受けていると仮定すると、★になりやすいかもしれません。現在の環境ではじりじりと★になっていくことでしょう。
あるいはダメージにより、短命になってしまうことでしょう。エビのような小さな生命は、ダメージに弱いです。
ならば、弱酸性に移してあげて余命を全うさせてあげることが慈悲かもしれません。
この際も、水あわせに注意して移動させてあげてください。
ダメもとでも、作業は慎重に~。
やるなら中性付近を示している現在がやりやすいと思われます。
[ 2009/01/07 01:50 ] [ 編集 ]

なるほど!!
アルカリに傾くとコケが発生しやすいんですね!!
コケが発生していること、ビーの調子が悪いこと、2つの原因が一挙に解明できました!!
的確なアドバイスありがとうございます!

本格的にビーの飼育をするならば、ソイルの導入は避けられないですね。
今までソイルを使ったことがないので、ちょっと使い勝手がわからないのもあり、敬遠してきましたが…。
ソイルの導入を検討してみたいと思います。

ソイルの導入を検討するのはいいんですが、今、生き残っている個体をそのままにしておくと、さらに数を減らしかねないですよね…。
何か緊急避難的な対処法ってありますか??
見殺しにするのは忍びないです…。

この正月休み中に新しく水槽を立ち上げたんですが、そちらでは低床は大磯ではなく、おそらく川砂?と思われる低床を使用しております。
ASD No.04 Spring Water(湧水の砂)ってやつなんですが。
立ち上げてまだ間もないので今後、どのように推移するかわかりませんが、今のところ弱酸性を示してます。
今後、弱酸性で維持し続ければそちらに移住させるのもアリだとは思うんですが。
バクテリアの繁殖にはまだしばらくかかると思うので、移住させるとしてもまだまだ先の話です。
水質が出来上がっていて空いてる水槽もありませんし…
困りました…。

聞いてばかりで申し訳ないんですが…
アドバイスお願いします。。。
[ 2009/01/07 01:40 ] [ 編集 ]

>はるさん

初めて環境について、伺いましたので、気がついたところをざっと述べさせていただきます。

ウチとの環境で最も大きく違うのが、大磯のみを採用されている点です。
おそらくPHショックがジンわり起こっているのではと想像します。水かえで中世付近に戻りますが、結局アルカリに傾くことが想像されます。
ウチではソイルメインですので、やや低めです。弱酸性(5.5あたりから6までのあたりが繁殖やメス発生率がいいかもです。お勧めは5.8あたりですが、アバウトでよいと考えています。(ビーを飼育するなら、少々高価ですがPHメーターをお勧めします。試験紙は判断しづらいし、試薬液ではコストと手間がかかり続かないかもです。)

大磯は、酸処理をしないと、砂中に含まれている貝殻などの成分が水質をアルカリに傾けます。大磯は、新品ではなく中古品で、貝殻などの成分が抜けたアルカリに傾かない品質を選択するべきかもしれません。またアルカリに傾いているとコケも生えやすい一因になります。ちなみに私をはじめ、仲間内では、大半がソイルを用いて飼育されています。
また、大磯とソイルの二重、三重(たとえばアマゾニア、その上にパウダーアマゾニア)という方式も存在します。この場合、大磯、ソイルの暑さの比率を注意する必要があります。
使用されるソイルは、私はアマゾニア派ですが、人それぞれです。目指せ弱酸性です。

ろ過方式は、それはそれでいいのではないかと思います。

*大磯で過去に爆殖させている御仁は、アルカリ原因成分が抜けた弱酸性を維持できる環境であったと推測されます。

以上ですが、参考になれば幸いです。
[ 2009/01/07 00:42 ] [ 編集 ]

こんばんわ~

黒ビーまた、★になってました…。
数は数えてないのでわからないですが、見た目で半減くらいしてるんじゃなかろうかと…。
自分の力の無さにガックリです…

ちなみに、今日試験紙を使って測定してみたところ、硝酸塩、亜硝酸塩はほとんど検出されませんでした。(試薬が色付いたかわからない程度)
PHはやや高めかなといったところです。
試験紙なので、厳密な数値はわかりません。
色での判断ですが、中性付近でした。

あとは、ビーの入ってる水槽で気になるところは、コケが収まらないところですかね。
日中、日が差し込むのが原因かと。
最近はカーテンを閉めていますが、、、

低床は大磯、外掛け式フィルターと底面フィルターを連結して使用してます。
小型水槽で水量が少ないのも気になるところです。
最近、水換えはしてません。
足し水でやっとります。

こんなところですかね…
気になるところはPHが中性付近ってことでしょうか。

何かアドバイスいただけたら嬉しいです。
[ 2009/01/06 23:19 ] [ 編集 ]

>みもさん

どうも!
これぐらいから大学生までの年代のお子さんをお持ちの家庭の悩みは共通してくるかもしれませんね。

そういえば、私の実兄は(大阪在住)親元から離れず、いつまでも“お兄ちゃん”状態で、兄貴面して風を吹いているのは本人だけで、周囲は、ポカーンです。嫁姉も似たようなものです(涙

“可愛い子には旅をさせろ”かもしれません(笑 いやマジです
[ 2009/01/05 13:28 ] [ 編集 ]

あけましておめでとうございます~
今年もよろしくです (^ω^)
うちも子供が小さい頃の写真を見ては
楽しかったな~と思います A^_^;;;
今は… うーーーん (^ω^;)(;^ω^)
早く独立してくれ~~~
[ 2009/01/04 02:13 ] [ 編集 ]

>BlackCraneさん

まさにその通りだと思います。高感度ではSSを稼げますので。それよりも問題は、動きの早いものや、人におびえて、隠れてしまい撮影しにくかったり、えさでおびき寄せる必要があったりなどです。

これからも、近隣や旅行、水槽内を撮っていくつもりです。
これからもよろしくお願い致します。
[ 2009/01/04 00:39 ] [ 編集 ]

ご訪問、ありがとうございました。
D700をお使いとは、羨ましい。
熱帯魚やエビなど、動きの早いもののマクロ撮影にはD700の高感度が有効かと思っていましたが、なかなかうまく撮れないものなんですね。
被写界深度を稼ぐのは、ヘリコンフォーカスなどのソフトを使う
手もありますが、相手が動くものですとなかなか難しいでしょうね。
また、寄らせていただきます。
[ 2009/01/04 00:26 ] [ 編集 ]

>なまはげさーん

こちらこそよろしくお願いいたします!!
挑戦?してみてくさい。幅が広がったりして(ww

[ 2009/01/04 00:00 ] [ 編集 ]

ご挨拶が遅れましたが、昨年はお世話になりました。
今年も宜しくお願い申し上げます。
自分も、エビ以外の写真を今度撮ってみようかなぁ~^^
[ 2009/01/03 23:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/97-345fad3f