PAGE TOP

久しぶりのトレ。。。いえ怪我

つい今しがた、左足の親指の裏を4センチほどザックリと切ってしまいました・・・・。
とほほ。

convert20161011204747.jpg

折りたたみイスが壊れてしまい、おいて置いたら気がつかずに踏んづけて・・
裂けた鉄パイプのとんがりで切ってしまいました。あらら。たいした事はないと信じましょう。

可愛そうな29.5センチの大足君。


まあ気を取り直して、最近のトレーニングの内容を書きとどめておきます。

土曜日は、公営の市民体育施設のジムにトレーニングに行って来ました。3回目になります。一回200です。安い!!
肋骨を骨折してからトレーニングをサボっていたので筋力ががた落ちしているような。。疲れがたまっているのでしょうか。
それでも体脂肪率は9.2パーセント。上々でしょうか。体重は73キロでした。思ったよりも太っていませんでした。

ジムに着く前に通常の食事を取り、エネルギー充填させ、軽くロードワークをします。身体を温め汗をひとかきしてからジムで入念なストレッチを行います。
やってみると身体のあちこちでガタが来ているのがわかります。無理せず可能な範囲を少しオーバーさせる程度です。
身体を温めてから取り組むことがストレッチでは重要です。今では蹴上げてひざ小僧が耳元まで来るようになりました。

現役選手の高校生の頃は(何のやねん?)ベンチプレスで110kほど、スクワットで150kほどのバーベルを上げていましたが
(成長期にこういう高負荷は推奨しません)、今では怖いです。
マシンなら恐怖感や危険がないので安心して一番重い段階まであげてゆきます。
ジムでは主に自重懸垂、25-30kのワンハンドローイングを中心にして臀部、背筋や僧帽筋を鍛えています。
若い頃は見向きもしませんでしたが、マシンは安全なのでこの年になるとありがたいです。
何とかと言うカタカナのマシンで胸筋も少々。でもやはり背筋をメインに。

これを筋力がもうほとんどでないなあと感じる3セットを目標に取り組みます。最後のセットはもうパンパンで動作だけの負荷無しの動きになってしまいます。まあこの状態を目指すわけです。
理論的に正しいのかはわかりません。鍛えたい部位のワークアウトを目指してクリアできれば、最後にクールダウンのロードワークをし、シャワーを浴びて終了です。
後は食事と休養です。糖尿病食でたんぱく質を主に摂取しているので特に意識する必要は無いはずですが、トレーニング後の2日間はできるだけ鶏肉、白身など動物淡白と納豆など植物性蛋白を心がけます。

筋肉痛は超回復の証ですので痛みを楽しみます。
こういうことを繰り返していると痩せてても胸囲が1メートルを軽く超えてきます。ぜひがんばってみてください。

以上、ジムに行くときはこんな感じでやります。

自宅等では、体幹トレーニングのプランク、懸垂、逆立ち腕立てなど基本トレーニングのみです。肋骨の痛みがほぼ取れてきたので自宅でも3日おきぐらいのペースで再開です。

ここまで書いて、さて私は何を目指しているのでしょう?
それは、いつでも戦える身体作りです。かといって鍛えることでストリートファイトの勝利を目指しているのではありませんし、筋肉モリモリマンを目指しているわけも無く。。。
心と身体を鍛え常在戦場の意識を高めています。大げさですが心は武道家という意味です。

なのに。。足切ってしまった。。言葉だけなら何とでも言えますわよねーーーーー恥
スポンサーサイト
[ 2016/10/11 21:49 ] SUNTORY OLD | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/933-6356be9d