PAGE TOP

ひとやま超えて

G25dGRy.jpg


大きな仕事を一山超えて、ほっと一息をつく週末です。

懸命に取り組んできた仕事の成功を仲間と喜び合った昨日。
仕事を終えた若いメンバーたちは飲み会へといそしんでいたようです。

私は早朝からがんばってみたものの、この調子がしばらく続いたせいか、身体があちこち痛いです。
やはりオッサンなのです。この手痛い現実はどうしようものないですね。
若いメンバー、管理職に謝意を伝えた後、早々に電車に乗り込みました。
池袋で一杯引っ掛けて、自分を慰労し電車で寝過ごさないように気をつけながら帰宅しました。


この忙しい期間でも、研修で多くの若者が職場を訪れます。
ちょうど我が息子、娘ぐらいの年齢層です。
中には頭の良い行動力のある方もいれば、大丈夫かな?と心配になる方もいます。

私は出来るだけ良いところを見つけてはほめるようにしています。また出身地やアルバイト、何に取り組んでいるかを聞き、
仕事話だけに終始しがちな空気を、雑談が気後れ無くできるようにしてその人本来の味が出てくれればと配慮します。
最初はぎこちなく緊張している彼らも、こちらからどんどん話しかけ彼らの緊張をほぐしていくと彼ら自身の力を発揮してくれることが
多々あります。
短い期間なだけに即戦力とは行かないものの懸命に行動してくれる彼らに出会ったときは、
とても清々しい気持ちになることができます。

一瞬の出会いのようなものでしょう。人の記憶に残るつもりもありません。
将来、ひとかどの人物に誰がなるなんて、予想も出来ません。

でも全員が大人物になるんだろうなと思いながら、敬意と愛情をもって関西弁のお調子者のおじさんは
できるだけ簡易に仕事の面白さや困難さを解説はしておきます。

君たちの若さがまぶしいなあ、なんて思うこともしばしばありますが、
おじさんにだけ出せる輝きもあるんですよ。

さて疲れた身体に鞭打ってがんばったんだから、この週末は自分へのご褒美を。

トレーニングウェアでも買いに行こうかなあ。。

428_1.jpg

スポンサーサイト
[ 2016/10/09 22:12 ] SUNTORY OLD | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/932-edfb1107