PAGE TOP

ようやく回復

まだ全開!とは言い切れませんが、かなり復調してきました。

さーて、なんとかね。

疲れてる自分、トーンが落ちた自分を、ありのままに受け入れてくれる仲間。
ありがとう。


マキハラさんの「素直」
BGMが邪魔しますので、「素直」という文字をクリックして飛んでください。



なんとも心地よい歌です。

素直に生きる。心の言葉を口にする。

簡単なようでいて、そう簡単にいかないものです。

簡単に思えることほど大切なことが隠れているものなのです。


「素直」 作詞・作曲・編曲 槇原敬之

話を切り出す順番
ゆずってくれたから
僕のことばかり聞いて
結局君は後回し
いつも通りに大きく
手を振ってくれた後
歩いて帰る君の
いつもより小さな背中

さびしがり屋はいつも
僕に笑ってくれた
自分よりさびしい人が
これ以上増えないように

そんな君に少しも
気が付けなかったけど
一番伝えたい言葉は
「ごめん」じゃなくて
「ありがとう」


ポケットに手を入れながら
歩く癖の訳は
いっぱい詰め込んだ気持ちを
こぼさないように

なんだかわからないけど
すごく胸が痛いよ
同じように感じてるなら
慣れるまで
我慢なんて もうさせない

今度また僕から先に
話し出したとしても
口を手でふさいで君の
言葉を逃がしてよ

言葉にならなくてもいいから




素直になりたいのになれないと言うのは、

どうやって克服すれば良いのでしょうか。

自分の心の中にあるこだわっているものを手放すことです。

素直になれないということは、

素直になれないことによって得ている理由があります。
すなわち、

素直にならないことで、自分を守っているのです。

素直になるとはあきらめること

違う自分を演じることをあきらめることです。

どう判断するかは「あとはあなたに任せます」と。

「あーしんど!」
こういう私も、私自身なんですよね。
スポンサーサイト
[ 2016/10/03 22:05 ] 名曲シリーズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/931-015ed7a8