PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

断り方

index.jpg


昨日、散髪に行きました。

夏らしくさっぱりした髪にしようと思い
「夏なのでがっつり切ってください」

いつも行く散髪屋さんは文字通り散髪屋さん。
魅力は安いから。

何千円も出してちょこっと切る美容室なんていく気はサラサラないです。
昔で言う床屋さん風な理容室。

そんな店でも、毎年、夏になるとスーッとする整髪料やシャンプーを勧めてくる。
ふんふんと話を伺いながらあまりに押せ押せで話してくるので話の方向を変えてあげました。

「兄さんのカットする姿は切れがあっていいねえ」
「美容師のプライドを感じますよ」
「かっこいいねえ」

そのお兄さん美容師は本当に格好良いから、本心で言ってますからね。

するとテレながら、
「うれしいですねえ」
なんて態度と表情が変わりました。
つづけて職歴やこだわりの道具について質問していると
いつのまにか押せ押せ営業トークはなくなっていました。

1回戦。おじさんの勝ち!
でも、あとで上司に小言を言われてるかもね。

さて2回戦。

今度は可愛いお姉さん。
こういうのに押されると正直、おじさんは弱い。
案の定、シャンプーの際、
「すっきりと涼感が続くシャンプーになさいますか?」
と説明が始まった。
ふんふんと伺いながら、どうしようかなあ。。
「正直、安いしお姉さん、可愛いし、いいかなあ。。。」
悩んでいると通常のシャンプーが始まっていた。

「お勧めをしてもらおうかと思ったんだけど」
「タイミングが悪かったね」
「ごめんね」

「いえいえ、次回はお願いしますね~」
なんとも可愛い、爽やかな笑顔。

2回戦は引き分けかなあ。

11.jpg


まあ、すけべ親父のたわごとはともかく
日常や業務上で断る場面や断られる場面に遭遇する。
賢い人、大人な人はそれとはわからないやんわりとした断り方をする。
<私的には、なにがなんでも要求を通すことや、依頼を拒否するこが
優秀さの証明とも勝利とも捉えていませんし、互いの人間性、業務の状況を理解し合える
良い機会でもあると思っています。>
そもそも信頼関係が成り立っている場合、ただの協議です。
WIN WIN ってやつ。

内容にもよりますが、優秀な方々は相手を出来るだけ傷つけないような上手な言い訳を用意しています。
そして翌日、さりげないフォローまでできるすごい奴もいます。
公式は<謝罪><感謝><理由><お断り><代替案>というラインです。

ちょっとネットで調べてみるとそういう断り方について解説しているサイトを見つけた。
たくさんあるもんですね。
ビジネス上のこと、プライベートでのこと場面ごとに分けられていて読みやすいものです。
なるほどなあと思う、上手な言い訳がずらりと並んでいます。
これを数回続けると、さすがの空気を読めない私でも分かりますって内容。
要するにもっともらしい理由、つっこみしずらい理由で拒否、拒絶をやんわりと伝えるということですね。

私はこういうところが実に苦手で、なんだかんだで受け入れるか
発展的な逆提案で他所の部署に回したりするのが精一杯。
もしくはやくざモード(爆
一時、石原慎太郎の「NOと言えない日本人」という題名を思い出しました。

上手に傷つけずに断れる賢い人
うらやましい、素敵ですね。

タイミングをズラす、上手な断り方の技術もさることながら
なぜ拒否、拒絶されるかにも考えが及ばないと片手落ちです。
また上手に断るのはその相手と、良好な関係を維持したいからですしね。

シチュエーションにもよりますが、このなぜをいち早く察知することがお互いのためでもあるように思いました。
一方からの提案や態度が相手にとって負担であるからですね。
もしくはお局様や監督者等、第三者の存在の影響もあることでしょう。

それでも理屈を並べて押し通すか、遮るかという単純な図式。
これは対等、もしくは目上相手という関係が前提です。

業務上ならば、職権で「言い訳すんじゃねえよ」で終わることですからね。


さて、頼まれると断れないおじさんですが、それは心が広くて
余裕があるからとでもしておきましょう。
忙しいから、めんどくさいからNO!という状況がほとんど無いんですね。
だって拒否することよりも、それを如何に早くきれいに処理するかを考え結果を出したり、
一見関係ないことを結び付けて一挙に解決に動くほうが面白いから。

残業限界、残り1時間半で組んでいた仕事にひとつ二つ仕事が増えてもなんてことは無いですから。
それに勇気を持って頼んできた人の気持ちを思うとねえ。
時には人材育成の観点からアドバイスを少々述べておきましょう。「それなら一人で出来るでしょ」と。

今日の結論
<<まあ、あんまり人を頼るなってこったな>>

あれ?

まあちょいとネットの知識を仕入れてもね、急には変われないよ、

だっておじさんやもん みつお



だれ?たぬき親父って陰口たたくの?_?
あはは、

だっておじさんだもん
まあだいたいお見通しよ!!! へーじ
スポンサーサイト
[ 2016/08/07 09:13 ] SUNTORY OLD | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/914-b3fb345f