PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

がんばれ、乙女たち。

20131218112919-3028-538_thumbnail.jpg


我が部署の隣にいる、有能な女史。

自己評価がとても高く、実際にそれに見合う能力を持っていることは私は知っている。
だけど何かが確実に不足しているため中心者になれないし、常に周囲から距離を置かれてしまう。

休憩時間になるとよく顔が合う。
にっこり笑って近づいてくる。顔は「この人は私の話を受け入れてくれる」という顔。
3年前ぐらいからの顔なじみ。


この方、優秀すぎて、周囲との軋轢の原因は周囲の能力不足が原因と決めてしまう。
反省的なことも含め、殊勝なことも口にはするがまったく行動が修正されない。
この3年間、話す内容にあまり変化は無い。

この女史、最近、というか時折、ひどくチームリーダーをこき下ろす言動が多いことがある。

リーダーとしての引張りが弱いだの

チームの運営上、相談する相手を間違えている!! だの

ようやくこのチームの傾向がわかったの!これでうまくいくわ!だの

リーダーをもう手伝ってやらない!口もきかない!!だの

聞いていて、正直、あまり気分の良い話ではない。なんか勘違いしてるんだよな、この人、という印象。

だけど、最近気がついた。

この人、実はリーダーに恋してるんじゃないかなと。

本当はリーダーを助けたくて、応援したくて仕方が無い。

リーダーの苦労を変わりにやってあげたくて仕方がない。リーダーの気持ちになって全体を見渡してしまう。

誰も求めていないのに。全体観にたつことはむしろ仕事上、プラスなのに

周囲の弱い部分を攻めてしまう。それが自分の優位さの証明でもあるかのように


だけどリーダーは私を信頼してくれない、頼ってくれない、思い通りに動いてくれない。。。。

もう助けてやるもんか!と距離を置く。。そしてすぐ仲良くしている。。。

しばらくすると、イライラが募り、フラストレーションが爆発することを繰り返している。


なるほどそう理解すると、この人の言動が一貫していることに気がつく。

「あなたさあ、ホントは、リーダーさんに一番に相談に来てもらいたいんでしょ?」
「もっと信頼してもらいたいんでしょ」
「もっと頼ってもらいたいんでしょ」
「ひとこと行ってもらえれば、全力で支援するでしょ」

ここまで言って、それ以上言うのを止めた
だって女の子の顔になっちゃったから
言動を客観視できないから気づかせてあげようかと思ったがやめた。
この女史、まだ仕事が業務がといい訳をはじめたから

自分の本当の気持ちに気がついてないんじゃないかなあ。。この人。

仕事にかこつけて、リーダーを批判し非難する。
リーダーと共に苦労したいから問題をこじつけて拾い上げ、大げさに風呂敷を広げる
解決策は知っているから、さあリーダー、私を頼りなさい!!という策を展開する
それがどれだけ、周囲を傷つけているかがわからない人


この優秀で、そこそこ美人さんで、惨めな女史。
この方の救いはあるんだろうか。。


しばらく考えをめぐらせましたが
答えは。。。


ない



素直に気持ちを認めて、リーダーにもっと甘えることができれば、もう少しは楽になれるだろうが

そしたら、次の要求レベルが上がるだけ

万が一、付き合ったり、結婚したとしても

言い争いは絶えないタイプ

支配したいタイプは 結局、孤立してしまう

人は感情を持ち、一人ひとりが掛買いの無い「思い」を抱いている

その違いや個性を尊重できず、自分の思い通りにコントロールしようとしても

心は離れていくばかり


私は考えるのをやめ、次に話す機会がありアドバイスを求められれば

転勤を勧めるだろうと思った。だけど女性って答えよりも共感が欲しいということもあるので

そこは余計なことを言わないほうが賢明かなあとも思う。


万が一、このリーダーとの問題が解決しても、新たな問題やトラブルを確実に作るタイプ。



一つ屋根の下

企業に百人数十人が朝から晩まで働いている

老若男女

色恋沙汰も、水面下では日常のことでもある。


気がつく人、気がつかない人

まったくそういうことに縁の無い人

知らん振りの人 抑えている人

あえて面白がって楽しんでいる人



いろいろなことがある。


人はそれぞれが、それぞれの人生における主人公

一度しかない人生を後悔無く生きることは、とても難しいであろう

両立しえない思いを抱いてしまえば、なおのこと

それでも人は、納得を求め、幸せを求め願う


表現方法はひとそれぞれ



都合の良い、独りよがりな恋でも



スリルとサスペンスに満ちたギャップ
一喜一憂が幸せの実態なのかもしれない
崩れない 絶対的な幸福なんて 人はすぐに鈍化する
幸福ではないとは言わないけれど


君たちはいくつになっても乙女だなあ

がんばれ、乙女たち。

あ、男もね







スポンサーサイト
[ 2016/07/29 22:21 ] SUNTORY OLD | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/909-99180864