PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久しぶりの白馬村

DSCF1910.jpg


今回はすべて遊びというわけではありませんでしたが、なるべく時間を作って出歩いてみました。


長野県は食べ物が美味しく、長閑で人柄の良い人が多く大好きです。嫌な思いをしたことがありません。
毎年のように訪問しますが、白馬村へは2011年の夏に一度訪れて以来でした。

八方尾根はどう見ても山が雲に覆われ気象条件が悪いようでしたので合間を縫って岩岳へゴンドラで登ってみました。なんだか証拠作りのような。。流れ雨も予想できたので雨具もしっかりともって行きました(正解)

DSCF1905.jpg

有名なユリ園はもう最盛期を過ぎており、寂しい限りでしたが白馬村を見下ろす絶景は背後の山々を見渡す絶景に負けていませんでした。内山牧場のスケールに負けない壮観な風景です。

DSCF1898.jpg

DSCF1903.jpg

ご覧のように残念ながら、雲に覆われた白馬の山々はほとんど写真には撮りませんでした。
ホテルからの景観も白馬随一とうわさの高いホテルの5階に陣取りましたが、深夜、早朝も曇ったままの白馬でした。残念!

白馬の山々の夏場は実は天気の条件が整うことが非常に難しい地域です。連峰ゆえ雲が発生しやすく山間の気流も激しいのです。パンフレットや紹介サイトでは、白馬大池の鏡面の湖面を見てあこがれる人はたくさんいるでしょうね。鏡面の湖面なんて無風の状態がしばらく続かないと写りこみません。

まああれこれ大自然に文句を言っても仕方が無いので条件の良いところだけサクっとね。


ホテルや観光地には関西人も多く、あちこちで関西弁が聞けました。さすが長野だなあと
おいおいおまえも元関西人やんけと一人でツッコミをしておりました。

途中、山々の地肌が露出していたり、あちこち道路工事や行き止まりがあったり、川の流れが濁っていたので不思議に思いました。
去年の勤労感謝の日あたりに起きた震度5の地震による被害が大きく、いまだ復旧中とのことでした。
地震後に冬季に入り復旧が手付かずで、雪解けの春以降から復旧が始まっているようです。範囲が大きく青鬼(あおに)地域は棚田で有名ですが2年間は往来が出来ないほどの被害を受けています。全壊の家屋もそこそこあったようです。
そんな中、死者は0で不幸中の幸いであったとのことでした。被害にあわれた皆様の安寧を祈ります。
思えば全国的に地震、噴火のニュースや報道があります。さてニッポン、君の足元ではいったい何がおこっているのだろうか。

スポンサーサイト
[ 2015/08/19 21:46 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/862-8e7e396e