PAGE TOP

新しいカメラと夕暮れ

今回、三脚はいつもの標準装備で車に積んであるんですが、キャノンにつけっぱのアルカスイスのシューを忘れてしまったため夜間の撮影が出来ませんでした。

なので夕暮れ時の撮影可能ギリギリまでの写真しかありません。

今回の試用でわかったことの中で
デメリットは広角ズームは周辺画像の流れが大きく(広角ズームだから仕方が無いです)周辺が解像しないということがわかり、大きな液晶EVFは可動式で便利なんですが電池の消耗が激しいということがわかりました。ま、当然といえば当然ですが。液晶のONOFFの仕方がわかりませんでしたのでもう少し取り説を読む必要があります。

DSCF1756.jpg


DSCF1742.jpg

反省としては、撮影時にもう少し絞り込むしかなさそうです。フルサイズではないのであまり絞り込んでも回析が出てしまうことも考えられますが、まあ試してみましょう。


そして徐々に夕暮れが迫ってきた状況を撮影していきます。
DSCF1760.jpg
ほんのりピンクがかってきました。
焼けの反射投影ですね。このあたりの色の出方は、まさにフジー!という感じです。忠実です。

もう少し時間経過を見ながら太陽方向を。雰囲気はこの時点が最高潮でした。あまり色づくことなく終了。こればかりは運次第。
DSCF1761.jpg

高感度は、それほど強くありません。ISO6400は使えませんね。
実用1600ぐらいまででしょうか。これだと5dMarkⅡと同じレベルです。
あまり高感度撮影に甘んじるつもりもないので、ここはスルー。
DSCF1767_2015072122432883e.jpg
この写真が黒くつぶれて鑑賞できない方は、ご自宅のモニターの明るさが足りない可能性があります。私の環境下では左の男性の表情も少し伺えます。


今回、現像はRAW現像しましたが、価格コムなどではJPEGの撮って取り出しが良い結果を生むなどとありました。
私の環境は撮影は基本、最大解像度+RAW撮影 ライトルーム現像を基本としますのであとは工夫次第、付き合い方次第かなと。

えらそうにあれこれ言ってますが、所詮、素人のたわごとです。スルーしてくださいね。

結論、やっぱキャンプは最高だ!!
スポンサーサイト
[ 2015/07/21 22:58 ] キャンプ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/849-c3f417d4