PAGE TOP

接写練習3 研究

シゲルさんの接写を思い起こし、今回は前回のTamron90mmにKenko Uniplus25という接写リングを装着しパソコン机上にあるタバコを撮影しました。(結論部では、一部、シゲルさんのレポートとダブル内容が当然あります。ご容赦ください。)

まずはD700フルサイズによる
*なお、SSを稼ぐため、ISOを最大にセットし、手持ち撮影。SSは1/15? 1/10という状況。普通は手振れで撮影できません。それでも画像として破綻していないあたりは、さすが最新機能のカメラということでしょう。

通常の撮影最大倍率(1:1)
DSC_5748_convert_20081126232701.jpg

リング装着(1:1.5)
DSC_5747_convert_20081126233039.jpg
タバコの太さは明るい部分の2倍の太さ。(影を含めて)倍率としてはリング装着して元の1.5倍あたりでしょうか。

【撮影所感】
とにかく被写界深度が全く稼げませんし、ワーキングディスタンスが取れません。この意味するところは、水槽のエビに向けたところで、最大倍率かつピントが合う範囲で撮影できるのは、ガラス面、間近じかに来た瞬間のみ。個体数が少ない環境だと、ほとんど運任せと思われます。
シゲルさんちの無数にいる環境だからこそ、その撮影が可能なのでしょう。

*接写リングについての詳しい情報を得ていないので、倍率等について間違いがあるかもしれません。ご容赦ください。

ということで、おおむね間違っていないと思われる結論として。。。

マクロレンズの大きめ望遠サイズで、ドアップでない大きさで撮影できれば御の字。という結論です。それ以上を望む方は、解像度を上げて好みのエビのサイズにトリミングをするというのが、最も簡単な方法と思われます。あ、これはプロびのメンバーなら常識ですね。
もしくは、自主的にノートリミングで以下の難問を超越する研究するしかないと思われます。

【まとめ】
・焦点距離が大きいほうが、広いワーキングディスタンスが取れる(水槽内を撮影しやすい)
・倍率を上げようと接写リングを付けると、さらなる紙のような被写界深度の浅さと短くなるワーキングディスタンスにより、素人モデルを捕獲でかなり困難になるよう。
・標準装着のフラッシュでは、あまりの近接撮影のため、光の投射角度があわず、フラッシュが機能しない。スレーブ機能があるフラッシュがあっても、露出コントロールが難しい。リモート&多重フラッシュなら可能性が上がると推測されます。
・十分な照明の下でも、光量不足を起こしやすい撮影のため、ISO感度を最大近くに持ってこないと手振れを越しやすい。そんなことができるのは一部の高級カメラ?

このような難問がひしめき合い、それらを乗り越えた名手が、***雑誌の紙面を飾ったり、オークションでアップしているのかな? さすがそれで飯を食っているプロ?ですね。 私? はい、トリミング派に転向希望です(笑

深夜のお遊びでした! ちゃんちゃん!
スポンサーサイト
[ 2008/11/27 00:05 ] My Photo | TB(0) | CM(4)

>nagi dadさん

いつも精力的な更新 拝見させていただいております。
趣向はそれぞれですが 多くの方と交流を持たれている姿 たくましくしいなあと羨望のまなざしで眺めております。

ブログに要する画像サイズは30万画素もあれば事足りるのですが、圧倒的な画素数で撮影し、それをリサイズすることで、満足のいく撮影、発表ができていることも否定できません。kissも多くの方が支持する素晴らしい一眼であると思います。カメラ、レンズの傾向性や得意分野をよく理解し、使い倒してやる中で、大げさですが、自分の生き様を表現する、ひとつの手段になると思っています。

これからもぜひ、nagi dadさんならではの思いを ブログを通して表現して行ってくださいね。Kissとともに!
[ 2008/11/29 07:12 ] [ 編集 ]

nagi dadでございます!!
D700いいですね!!
私も娘(nagi)の運動会前にデジ一を始めて購入しました!
D60を考えたのですが、結局店頭で悩んだ挙句キヤノンのkissX2にしました。
D700は私のへそくりでは手が出ませんでした(汗;)
でも、技術的にも、探究心的にも、これぐらいがちょうどいいかなぁ。
キレイな写真いっぱいでキレイなブログですね!!
今後ともよろしくお願いいたします!!
[ 2008/11/29 00:48 ] [ 編集 ]

>シゲルさん

そうでしょうね。さすがプロさま!
[ 2008/11/28 08:30 ] [ 編集 ]

こんばんは。は,はずかしぃ。確かに接写リング装着時は手前に出てきてくれないとお手上げですねー。うちは1000万画素を500x333にリサイズしちゃうのでピントの甘さがごまかされています。プロは等倍でもきっちりピントが出ているのでしょうね。
[ 2008/11/27 23:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/84-44cad605