PAGE TOP

静かとにぎやか

IMG_4974.jpg


パチパチと穏やかに焚き火が燃え盛っています。
なぜ燃える?などと考えずに、薪をくべて就寝まで持続すればよい量を燃やし続けていきます。

焚き火は崩れて下の芝生に害を与えぬよう注意をしながら行いますが、えもいわれぬ穏やかな気持ちにさせてくれます。

カチャカチャといじくらずに静かに薪をくべていれば、余計な火の粉も舞い上がらず灰も最小限です。

熾き火が増えるとともに静かに夜が更けてゆきます。



DSC_5198.jpg

小高い丘に登って富士山と共にキャンプ場、星をファインダーに入れてゆきます。
富士山の山頂の雪の白さを撮影することができません。埼玉、東京など関東方面の夜空の明かるさのせいもあるのでしょうか。もう少し深夜か朝方であれば可能かもしれません。富士山の背景の明るさを落とすには、やはり背景側を海か大きな都市の無い方面にして撮影する必要があるのかもしれません。撮影メインに考えると、撮影ポイントや時間帯が間違っているということになります。


私の趣味のメインはいつしかキャンプになりましたので、そこで出会った自然を撮影するという趣旨になんら反していません。撮影のための山登りもしません。経済の発展、研究の成果、教育の効用と同様、永遠の右肩上がりの幻想の追求はとっくに捨ててしまいました。それでも感動を覚えた場面を写真に残すことは、とても楽しいものです。

いまさら自分にこういう言葉は似合いませんが、「足りることを知る。」良い機会だとも思っています。
スポンサーサイト
[ 2014/11/25 16:51 ] My Photo | TB(0) | CM(2)

Re: タイトルなし

> Vさん

大げさですよ!

でも嬉しいです。
かつての写真仲間の方々には遠く及びませんが、ある程度自由に写真を撮影したり現像する技術を指南して頂いた写真家の先生に感謝しています。

vさんの所の写真も素敵な写真ばかりで魅力一杯、全開です。
もとより写真を生業にしていない我々はいかに人生を楽しむかが最大のテーマですよね。写真撮影はその為の一つの手段でしかないと思います。

[ 2014/11/25 20:33 ] [ 編集 ]

へーじさん、こんばんは!
数回前の記事から、毎日この映像をツマミに晩酌を愉しませて
頂いております。ありがとうございます。

キャンプ、写真とへーじ先輩のクオリティにうっとりと・・
ありがとうございます。
[ 2014/11/25 19:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/784-a447a025