PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

焼き栗

DSC_5196.jpg

子どものころ、まだ世間が焚き火にも寛容で、住宅地にも至る所に焼却炉があった時代。。
よく焼き芋をしました。

ふと焚き火をしていて、おやつに買った甘栗を焼きたくなりました。写真中央にあるアルミホイルが丸まったものがその残骸。
炭水化物ではない豆類をよくおやつにもって行きます。今回は安かったので少量の干し芋を持参していました。
それぞれをアルミホイルで包み、熾き火になっているところへ投入しました。

湯気が出て蒸し焼きです。しばらくホイルを開いて熾き火にかけたままゆっくりと栗をついばむと、表面がカリカリに中はホックリとした仕上がりに。身体も温まって香ばしくて美味~。
芋は、析出した麦芽糖が焦げやすく香ばしすぎの結果になりましたが、美味しいです。

芋、栗共にすでに調理されたものですので乱暴な方法で火にかけましたが、生の芋を焼くときは濡れた新聞紙で一度くるんでからホイルに包んでください。しっかりと蒸されて美味しいですよ。にんにくや筍も同様に美味しいです。





さて前回の写真のうちで再度、見直しながら現像処理したものです。


高感度に強い最新のカメラを眺めては、取らぬ狸の皮算用をしているへーじです。
IMG_50112.jpg

現像処理ソフトで2時代前のカメラによる撮影をいくらかマシにすることが出来ると思っていますがいかがでしょうか。目のこえた厳しい方には不評でしょうね。

山のゆがみ、キャンプ場のゆがみを調整仕切れておらず写真としては不出来なものなのですが、個人的には、まあいいんじゃないかと思っています。

写真の出来不出来はともかく、こういう場所で時間を過ごせることが何よりも貴重だと感じています。
スポンサーサイト
[ 2014/11/24 21:09 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/783-384eac41