PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ありがとうの歌


<削除を避けて動画と歌はあまり関係ないようです。>
V6 「ありがとうの歌」


みなさんは、周囲には、心配をかけていませんか。


「みんな、真剣に考えてくれていますよ」

こんな一言に気づかされることもあります。



この歳でそんなキャラだっけ、と自覚がいまひとつありませんでした。

そういえば、、、という場面が思い起こすと多々あります。




いつも逆だったと思っているのは、おそらくは慢心。

いつだって人は支えあうもの。こんな簡単なことを忘れてしまう。。。

誰かが一方的に誰かを支えていると感じていたり、そう思っている間は、周囲の心はわからない。

特にリーダー的な存在の人、そういう役割の多い人はいるでしょう。


でもいつ何時、周囲から支えてもらわなければならないときも来ることもあります。

怪我、病気、家庭、仕事上の難題といったトラブルやミスを犯した時でしょうか。

そんな時、気持ちよく人の支えを、受け入れて行くことが大切かもしれません。

エネルギッシュで元気がよく、周囲をひっぱていると思いがちな人にこそ

こういう時が来るものです。

自分ひとりの手に負えない問題が起きていることを早く自覚し、意地を張らずにヘルプをだしましょう。

どんなピンチの時でも、変わらずに、笑顔を送ってくれる人を、ひねくれた気持ちを厳しく叱ってくれる人を

言葉にできずとも、遠くから見守ってくれる人を

生涯、大切にできたら、それは素晴らしいことです。



遠くから、近くから様々な人が、それぞれの立場で考えてくれています。

がんばり屋ほど、周囲の気持ちに気づきにくいのかもしれません。

近くにいる人の声が、私を、あなたを救うことが必ず、あります。




こういう状態になってはじめて私も、時間をかけてたどり着きました。


うーーーーーーーーーーーーーーん。

これは、どうしたものか。



私が周囲をケアするときは、笑顔で素直にヘルプやケアを受け入れてくれている人は、こちらとしても
受け入れやすい。これがヒントかな?

意地を張らず、プライドで壁を作らずに、素直に


「ありがとう」


これですね。

問題に対する見解を伝え、解決に当たり、一致した認識をもち、解決に向けて共同して動き出しましょう。

もちろん、文字に起こせるほど簡単なことではありません。


問題を乗り越えたとき、私やあなたの成長と深い信頼がきっと残るはずです。
スポンサーサイト
[ 2013/11/04 20:49 ] その他 | TB(0) | CM(2)

Re: タイトルなし

葉月さんへ

いつも温かなコメントに感謝申し上げます。
最近は天候もままならず、趣味が楽しめないことも多く、身の回りで起こる様々な事象を
少しボカしつつも自分への、また身近な親しい友人に譬へながら戒めの記録を残しています。

私は、葉月さんのお察しの通りの粗忽な男ではありますが、非常に類稀な特質があります。

それは友人に恵まれることです。

私を取り巻く様々な友人達が何故、親切にしてくれるのかは、その理由は未だによく分かりません。
分からないままで良いとも思っています。
その理由を考えることよりも私の失敗や友人の失敗に対して、真剣に考え、行動を起こし、言葉を選ぶ姿や心配気な姿を通して学ぶことが多く、いつか私も友人達の力になり得る人間になりたいと願うばかりです。

葉月さん、またVさんら人生の先輩方の至言のコメント、ブログの記事にも私の心の琴線に触れるものが多く、非常に影響を受けています。
皆さんが比較的家族をテーマにされていることに比較して、私は、恥ずかしながら、常に私自身をテーマにしています。
その時々の自身の琴線が主軸です。
登場する友人さえ、もう一人の私なのかもしれません。その境界は曖昧です。
いみじくも、生きることに何一つ意味のない事などないとおっしゃられていますね。
我が意を得たりです。その意味を見出すのは、周囲の力を借りながらも自身が時間をかけて見出してゆくしかありません。
強情で頑なで、見識の乏しい私の成長の記録と言っても過言で無いかもしれません。

このような日々の想いを整理しながら、趣味を、人生を豊かに歩みたいと願っています。
毎日がドラマチックで楽しいですよ。
[ 2013/11/04 23:29 ] [ 編集 ]

へーじさんにどのような事が起こったのか
私には分からないけれど、
ここで書かれていることを読ませていただきながら
「試練は自分への問いかけとなり、気づきになる」のでしょうね。

生きていることになにひとつ無駄で意味のないことなど
ないんだと気づかせてもらえました。

私にも問いかけをありがとうございます。
[ 2013/11/04 22:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/600-6d3b336c