PAGE TOP

大自然の中で

20130922-DSCF1064.jpg

このところ、天候が悪く残念です。

ようやく微熱もおさまったようで、今朝は体がだるくありません。

長野に行きたいのですが、天候、体調を考えると、休み時ですね。

そろそろ山の上では、寒さが厳しくなり始めるころです。




何が悲しくて、そんな寒い所に行くの?と聞かれます。

「寒いからこそ」味わえる自然の美しさ、温かさがあります。

寒風に耐え、じっとしているときにこそ、自分に向き合える時もあります。

人間の生命の状態は、縁に触れ、折に触れ、様々な状態を示すといいます。

本体があり、性分があり、能力があり、作用があり、原因があり、縁があり、結果があり、報いがある。

まだまだ若干、四十路の男である私が、来し方を振り返り、明日に向かって自分を見つめ直す作業をします。

無数の見えない線につながれた様々な要素を少しずつ整理します。

20130922-DSCF1073.jpg


あることに気づいては、思いをめぐらせます。

大きな空に向かって深呼吸をし、自分と空に向かって「どうしたいのか」と問います。


「自分」の強い思いが人生の大きな支えになります。

もちろん、私は全てにおいて強靭な精神力を備えてはいません。むしろ惰弱です。

宙に溶け込むような思いで、自分の情けない一面を凝視します。


「よし、こうしよう」

思いが定まれば、再び、キャンプを楽しみます。


20130922-DSCF1072.jpg

はやく天気が回復しないかな。。





スポンサーサイト
[ 2013/10/06 06:46 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/590-2451b336