PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

会うべき人に出会えることを、人は「幸せ」と呼びます

仕合わせ」とは国語の辞書には、「運命の巡り合わせ」という意味があるそうです。
幸せ」という言葉とは、意味が異なります。
今日、紹介する曲はこの2つのしあわせを歌った心にしみる名曲です。

20130728-DSCF0548.jpg




作詞 中島みゆき
作曲 中島みゆき
唄 中島みゆき

なぜ めぐり逢うのかを
私たちは なにも知らない
いつ めぐり逢うのかを
私たちは いつも知らない

どこにいたの 生きてきたの
遠い空の下 ふたつの物語

縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かを
暖めうるかもしれない



なぜ 生きてゆくのかを
迷った日の跡の ささくれ
夢追いかけ走って
ころんだ日の跡の ささくれ

こんな糸が なんになるの
心許(もと)なくて ふるえてた嵐の中

縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かの
傷をかばうかもしれない


縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合わせと呼びます



友人、仲間、恋人、伴侶などいろいろ考えられますが、ここはあえて「仲間」として
張りめぐまされた糸を思いえがいてしまいます。




中島みゆき 「 糸 」




ボーカル桜井和寿


岩崎 ひろみ
スポンサーサイト
[ 2013/08/09 23:24 ] 名曲シリーズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/566-ed838689