PAGE TOP

惜別と、1200ADA、立ち上げ開始

惜別 
 去年の10月に、何も知らないへーじは、プレコが安いという理由だけで、セルフィンプレコを4匹(も)
購入。2匹1パックで398円でした。3?4センチの可愛い奴らでした。最ショ、なかなか餌付いてくれず、きゅうりをフォークにさしたり、昆布をあげたり、人前にはなっかなか、出てくれなくて、夜中こっそり、赤外線カメラでのぞいてみたり。。いろいろな苦労がありました。
 あれから、やく9ヶ月。食べだしたら、なんでも食い、盛んに仲間と縄張り闘争を繰り返し、仕事で遅くなると、えさをよこせと大暴れ。電気がつくと大暴れ。水槽には苔一つないきれいなガラス面を維持してくれることは間違いアンリません。
 しかーーーーし。暴れついでにコリドラスを死亡させたり、なめたり。最悪だった事は、そのウ○コの
すさまじいこと。ほぼ、この9ヶ月間。毎日、糞掃除の朝からはじまるへーじでした。よく、続いたナー
と、自分でも感心します。それもこれも、すごい勢いで成長する、プレコを楽しみにしていた面もありました。1匹あたりの平均体長が25センチを超え、その4匹が、他の魚を蹴散らす姿に、「積み木崩し」
というドラマを思い出すほど、その暴れっぷりに手を焼き始めました。

 しかたなく、行きつけのショップに相談したところ、いつでも持ってきてください、との事。ショップの大型水槽の苔取り部隊として、派兵されてゆくことになりました。実は、食べようかな?と思ったこともありましたが(笑 この手のプレコは、ブラジル現地では需要な蛋白源。うちの連中も毎日、クロレラ、スピルリナを食していたので、さぞ焼き物、煮物、美味かったことでしょう(笑 
こういう事を口にすると、愛護協会の方々からクレームが付きますかね?もちろん、娘達からの大反対を受け、前述の通りとなりました。
P1010003_convert_20080713141238.jpg

P1010002_convert_20080713141214.jpg

もう、捕獲するのも一苦労。すごいパワーです。でもなんだか、別れるとなるとさびしいものです。
P1010004_convert_20080713141308.jpg

じゃーね。娘達に意気揚々と車中の魚と相成りました。(あれ、横になっちゃった、まあ、いいや!


開始
一方、お気に入りのホームセンターに立ち寄り、こまごま買い物。
購入のぶつは。
・壁掛け扇風機 ・塩ビ エルボ ・水草 エアーストーン チューブ ドリル ホース栓 などなど。
P1010005_convert_20080713141330.jpg

埼玉大井町店。

帰宅後、懸案だった120立ち上げを開始。

まっくさんが120を、(確か?)リセットして、どうしようかな?という段階の記事のとき、やってみては?と勧められたことが、ずっと頭に残っており、あるきっかけで、120ADAをまたも格安で入手できました。

でかいなー。しばらく部屋で眠ってもらいましたが、準備が整ってきたので、休日を使って、思い切って立ち上げてみようと思いたちました。

長男に手伝ってもらい、ラックの最上段に持ち上げました。今回は、愛用のハイドロを設置し、中古の大磯を約30キロを約6?厚、マグァンプを3つかみほど。その上にAPを1-2?といったセッティングです。
APは、丹念に水洗い処理をしましたが、なかなか加減が難しいですね。やってもやっても濁ります。もとが泥なので当たり前ですが。かなりの異物を除去できたように思えましたので、これを大磯の上に撒きます。
P1010006_convert_20080713141452.jpg


ハイポ処理、水道水と飼育水で若干浅めに飼育水を満たしました。パイロットの赤ひれを投入して終了。
P1010007_convert_20080713141354.jpg

 あちゃー。けっこう濁っています。うーむ、いままでと何が違うのかな? こんなに濁ったの初めてだ!まあ、いいや。これで何回か換水して、1ヶ月ホットけば、なんとかなるでしょう。黄ばみはありませんでした。
 あと、作業としては、きんせいさんのアドバイスを参考に、クーラー設備の配管の改良を行いました。
残っている作業は、水槽部屋に壁掛け扇風機の設置、60*45の立ち上げ、らるふさんからのサンタマリアの植え付け、その他、水草軍団の植え付け。みなさんがどう思おうと、私、理屈はどうあれ、らるふさんのファンです。)

 今回の120ADAを初めとして、有茎種は少なめですが、水草ぼうぼうの水槽にすることが目標です。最近、らるふさんと意見交換する中で、人それぞれの環境や背景に違いはあれども、自分の考えを明確にしてゆこうと、メモっておきます。
様々な考えを柔軟に受け入れ、振り回されずに注意して、水生、汚水、生物、生態学的に適切ならば、採用し、全体のバランスを図りつつ、より良い環境を構築すること。小さなことに決して一喜一憂しないこと。これらがモットーです♪
 以前、くれはさんのブログにも書きました。この詩を再度、したためておこうと思います。

「馬鹿になれ とことん馬鹿になれ 恥をかけ とことん恥をかけ
 かいてかいて恥かいて 裸になったら見えてくる 本当の自分が見えてくる
 本当の自分も笑ってた それくらい 馬鹿になれ」

あ、違った(笑

「この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。
 危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となる。
 迷わず行けよ。行けばわかるさ」

くそ熱くなる前に、作業を終えましたが、午後三時の気温は32度。わおー。トップ水槽は26度。昨日とほぼ同じです。
スポンサーサイト

>真之介さん
 どこまで行くのやら。これ以上は、、たぶん無理です。と思いきや。。

>たくさん

こんなもので我慢しないでください(笑
エビが満開になったらいいのですが。。それこそ本望です。
たくさんところも良く見てますので、イシャエビさん、メロン喜んでましたね。「蛇の道はエビ」良いネーミングですね。

[ 2008/07/14 19:12 ] [ 編集 ]

120水槽凄いっすね^^;
我が家はスペース的にも今の本数で限界なので、へーじさんの120水槽をみて我慢します~(^^ゞ

[ 2008/07/14 18:48 ] [ 編集 ]

どこまで突き進むのか興味津々ですw
[ 2008/07/14 18:23 ] [ 編集 ]

>やすやすさんだー

げんきっス! こんばんは~。
えーらるふさんとOFF? いいなー。水草水槽での、生態系の維持には、理屈抜きで正論が隠れていますです。ただ、肥料の関係で、硝酸塩がたまりやすいでしょうから、換水が必須ですね。らるふさんも実践されているようです。飼育法の流行に流されての換水でなく、必然の換水という方法が、ひいてはエビへの飼育、繁殖行動に効果ありと分析です♪ 各種バクテリア、微生物は飼育水の水中に浮遊するよりも、物体の表面に定住しやすいので、飯時以外に流木、葉っぱ、ガラス面にエビがいるのは至極当然なのでした~。また、底砂中、飼育水の栄養分はぐんぐん、吸収して浄化しますよね。らるふさん、あんまり説明しないで結論だけおっしゃるから~(笑 マグァンプだけをまねしたら アンモと亜硝酸で、しんじゃいます(笑 だから、正確な理解が必要なのですぅ~♪ あれ、この感じ、まっくさんみたい(笑
[ 2008/07/13 23:37 ] [ 編集 ]

元気ですかぁ~w

ついに120立ち上げですね♪
プレコ、我が家も居ますがそこまで大きくなりません。やっぱり飼育が良いのでしょうね♪

私もらるふさん尊敬してます!
飼育の違いはありますが、とっても個人的に話が合いましてお邪魔したときは楽しい一時を過ごさせて頂きましたぁ

120のその後報告、今から楽しみにしてますv-411
[ 2008/07/13 23:22 ] [ 編集 ]

>migoさん

だァー!!! 返し(ww

そうなんです。25センチなんていいましたが、実はそれ以上で。。もう魚には手を出しません!と、誓いました。

>シゲルさん

冒険もいいところでしたが、やってやる~。妻も呆れて、ノーコメントです(涙
週に一度の更新なので、いろいろ記録と思い付きです。

えっ? 猪木? 猪木様です♪ 猪木寛至さまでございます♪ えっ? 聞いてない? 聞いてってください。味わいがあります。並みのバカにはまねできません(笑
[ 2008/07/13 22:12 ] [ 編集 ]

こんばんは。読み物として面白すぎます!積木くずし,なつかしー。お嬢さんのお手伝い,ほのぼのしていていいですね。120ADAっすか。すごいなー。120cmって。うちは90cmが最大限の冒険でした。
[ 2008/07/13 21:17 ] [ 編集 ]

だぁー!(おっと失礼しました)
プレコ凄いですね!9ヶ月でこの大きさ!!
愛着はあると思いますが賢明の判断だと思います。
[ 2008/07/13 20:54 ] [ 編集 ]

>namahageさん!!

貴重なアドバイスありがとうございます。アンモニアが出るとの事、良かった!ちょおとずつ入れて置いて。まあ、硝化菌がなんとか対処してくれるでしょう(笑

ウチには、まだプレコが20匹近くいるのですが、どれも小型系です。あ、ロイヤルの幼魚が、結構でかくなってきてました。これも最終は派兵ですかね。プレコショップのオーナーもnamahageさんと同じ事をいってました。いろんなことに詳しいですね。すごいです。

ps:猪木語録もよろしくお願い致しますぅ(w
[ 2008/07/13 18:11 ] [ 編集 ]

セルフィンに限ったことではないでしが、プレコって、実はそんなに簡単に大きく飼育できる魚ではないんです。
以前、ディスカス水槽ではセルフィンを何匹も☆にしました(涙)
へーじさんは大切に飼育されたんでしょうね~^^

マグァンプ、アンモニア(窒素成分由来)が思いきり出ますから、生体を入れる前のチェックを怠りなく!
そして、入れすぎにもご用心。
へーじさんなら、釈迦に説法でしたね^^;
成分表示に「アンモニア性窒素」としか表示のないものは、水槽内でアンモニアが溶け出ると考えてください。
マグァンプ、以前に自家製肥料の材料として検討したことがありましたがテストの結果、却下しました。
窒素系の肥料なら尿素系は比較的○でしたネ。
[ 2008/07/13 17:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/54-222d519b