PAGE TOP

コーティング2

さて本日、引き取ったコーティング後の車の感想は。。

コーティング代金としては格安。仕上がりも上々!でした。

夕方、撮影をしましたので掲載します。(遊び心で撮影したものです。本格的な結果を知りたい方は、他をあたってくださいw)

オーロラ傷というのでしょうか、眩く幽かに浮かぶ細かな傷の集合体はほとんど消え失せていました。
さすがに磨き傷はヘアラインとして残りますが、気にしないです。大きめのひっかき傷もなくなっていたので驚きました。さすが、軽研磨です。
洗車→鉄粉除去→軽研磨→ガラスコーティング→犠牲被膜の手順だそうです。
ついでにホイールコーティングとフロントガラスのフッ素コーティングも依頼しました。

購入時よりもきれいになった印象というのは大げさですが、ほぼそう表現してもよいかもしれません。

ただし、値段相応というのでしょうか、ドアとドアの間の隙間の砂埃は残っているは、ドアのボディ側には水玉の拭き残しはあるは、ホイールコーティングしたのに細かなダスト汚れは残っているは。。。と指摘したら急いで対応してくれましたが、やや??な仕事ぶりでした。
メインの資格者が若い人にきつめに怒鳴っていました。きっと若い子の育成も同時に行っているのでしょう。

微妙な気持ちは残りましたが、格安でここまでの仕上げなので寛大に対応しましょう。
最上面のコーティングを半年から1年の間にメンテナンスすればよい調子を維持するそうです。

DSCF0095.jpg


DSCF0096.jpg

ギラギラにピカピカという表現は当てはまりませんが、十分に満足です。

DSCF0097.jpg


スポンサーサイト
[ 2013/05/12 20:43 ] 車ネタ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/524-f0655989