PAGE TOP

修復OK

ランタンの修理をしました。交換のパーツで対応させようと思いましたがもしやと思い以下の作業を。

分解・清掃でこびりついたタールやススを落としてごしごし。リムーバーにつけて放置。乾燥させ、再度組み上げた後、点火すると無事、火が灯りました。

やれやれ。


さて予想以上に現状復帰が早かったので、現像遊び。

ダイナミックトーンで撮影すると、調整が難しい…。まったく通常撮影と勝手が違いますね。
まあ、それほどに機能が完結しているということでしょうか??

DSCF3299.jpg

カメラの角度を変えるだけでも色合いの分布が変わるようです。撮影中に気がつきました。

DSCF3270.jpg

左が問題のランタン。宿泊中の様子です。
シンプルかつ、頑丈なつくりで気に入ってます。

DSCF3266.jpg

全開中の武井バーナー氏。

ゴオオオオオ~?シュワワ~と加圧式らしい音を奏でながら頼もしい熱量です。
全開が得意で、圧維持と気化ガスの出具合の調整に気を使います。これって高所で安定して使用できるのかな??
内山牧場、1000メートルのところでは夏の夜は冷えます。役に立ってくれるかな?イヒヒ。

DSCF3250.jpg

なんだか良く解りませんが、フィルター遊び。
まあ、その、遊びです。
スポンサーサイト
[ 2013/03/04 22:32 ] My Photo | TB(0) | CM(2)

Re: タイトルなし

>Vさん

> 良いと思います!
> 私もHDRが好きですが、これは個人の好みなので。
> ドラマチックトーンは、この機種な許された特権だと思いまーす!!

もう古くなってきたX10ですが、今の最新機種もすぐに後塵を拝することのなると思います。
きちんとした撮影は別機種に任せて、壊れるまでx10を可愛がって使おうと思っています。
独特の色合いと偶然性がもたらす写りで面白いです。
楽しいですよ、x10. www
[ 2013/03/06 07:07 ] [ 編集 ]

良いと思います!
私もHDRが好きですが、これは個人の好みなので。
ドラマチックトーンは、この機種な許された特権だと思いまーす!!
[ 2013/03/05 00:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/505-76b2c5ca