PAGE TOP

広角、超広角レンズ、フィッシュアイについて

16-35.jpg


風景画では、広角が好きで、なるべく広く撮影するようにしています。
愛用のキャノンでは現在、16-35mmF2.8L2 を使用しています。
広角ズームは便利です。

いろいろなところでの16-35の評価は、写りはまずまずだそうです。
私は、正直、すごいだとか、まずまずだとか、よくないとかの評価はわからないです。

撮影時はRAWで撮影し、自宅でライトルームで現像しています。
現場でのWBを見ながら液晶の色合いを実際の風景に近づけたり、自宅のキャブ済みのモニタで記憶を頼りに色合いを再現し、好みのものに仕上げたりしています。仕上げの最後には、明瞭度を上げ少ししゃっきり見えるようにもします。

デジカメの情報サイト、プロフェッショナルなハウツーサイトを訪れたりもしますが、学んだ中で少しずつ工夫しています。

14.jpg

最近、上のレンズの存在を知りましたが、いかんせん今の私には高価すぎました
でも14mmという超広角レンズ、わくわくして見守っているところです。面白いです。

ニコンのFマウントのアダプタもあるので、AFニッコール14-24F2.8Gをキャノンに装着することも可能ですがあまりやっていません。撮影が夜間が多く、複雑なことは避けたいからです。

さらに超広角といえば魚眼です。
キャノン用のフィッシュアイを所持していませんが、ニコン用のシグマ15mmが素晴らしく写るのでたまの活躍には、このフィッシュアイを使用しています。すばやいAFとまっすぐに撮影すればゆがみを最小限にできますが、このゆがみも面白いです。特に空を走る雲を表現するときは良い効果かもしれません。

DSC_1791.jpg
EF16-35ではありません。シグマ15mmです。ゆがみ、色、シャープ等補正してあります。
値段はそれなりにしますが、レンズとしては高いものではないと記憶しています。
写りに関しては、私は満足しています。ゴーストというものが出ていますが、これも味わいと思っています。


季節にもよりますが、キャンプでニコンを持ち出したときは主に、このシグマとニッコール14-24で面白そうな風景を探しながら散歩を楽しんでいます。
14-24.jpg


スポンサーサイト
[ 2013/01/30 23:29 ] 旅の道具 | TB(0) | CM(2)

Re: タイトルなし

>Vさんへ

> ありがとうございます。参考になります!

いやはや、そんなに大した情報でもなく、申し訳ないです。
いつもご覧になって頂き、ありがとうございます。
[ 2013/01/31 21:54 ] [ 編集 ]

ありがとうございます。参考になります!
[ 2013/01/31 06:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/495-d39e1083