PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

検証・再実験・追加・やってもうた。

検証・再実験・追加・やってもうた。

・検証

 濾過方式でさらにへーじ流を追究して一歩進化?させた方法を挑戦します。

・再実験
 
 ○ん○○さんが、失敗したおっしゃった濾過方式は、かなり考え込まれたのではないかと。。。ちょいと手を加えれば現時点でほぼ完璧なものになるのでは?(あくまで一般飼育論としてです。ビーの場合は、わかりませんが)と考え?トライします。アンモニア、亜硝酸がでるのはアマゾニアの宿命。これを乗り越えねば。この方法は以前から練っており、かなりいけるのではと構想ができたので挑戦です。いろいろな飼育法がありますが、これは見かけたことがありません。いくつかツールの助けを借りて水槽内の生物環境の自然環境の再現性が求められます。この考え方の検証、そしてリベンジです。

・追加
 検証に挑戦すれば当然、水槽のセッティングが・・・。また増えますが、かまへん、かまへん。V

・やってもうた。
 ごめんなさい、マッキーさん ショボン。。

 さて、一週間の疲れを癒した朝寝坊も2日目。昼過ぎから目覚めました。「よし!」と気合を入れて水槽のセッティングの下準備に取り掛かりました。今日発送予定のマッキーさんへの届け物も準備完了。時間あるし、少しやっておくか。 がちゃがちゃ。ざー、ざー。きゅっきゅっ。ざばざば。
「お父さん?! どっか連れてって!」暇をもてあましたこどもたちから、催促が・・・。
「よしよし、OKよ」「どっか、いきたいとこ、あんの?」「公園!」
 うーん親孝行なやつらだ(お金かかんなくていいやw )
デジカメ片手に、自然観察に行きましょうということになりました。

やってきたのは車で5分ほどのとある自然がたくさんある公園。
P1010156_convert_20080608170618.jpg

P1010157_convert_20080608171128.jpg

P1010160_convert_20080608171156.jpg

こんなありふれた品のいよい、アジサイもいいのではないかと。
マイナスイオンたっぷりな環境でいい感じです。埼玉といっても、東京に程近いところなので、こういう自然があることに驚きつつパチリパチリ。川沿いの公園では、バーベキューで盛り上がる団体さんも。
ザリガニ釣りやアスレチックに興じていました。

そろそろ帰るベー。
帰宅後、郵便局へ荷物を持っていくと。。。。がーーーーーーん(涙
 「本日の受付は終了しました」との冷酷な言葉が・・・。ごめんなさい。<マッキーさん

帰宅後、最近調子の良い、偽ビオトープを眺め、子ども達と園芸を行い、完了いたしました。
睡蓮などはぐんぐん葉を広げ、アマゾンフロッグピットもランナーをぐんぐん広げております。
P1010165_convert_20080608171247.jpg


水槽のセッティングは下準備と構想を練っておいたので、疲れがたまらない程度にやっておきました。大磯+ノーマルアマ+細目(アマ+麦飯ソイル+無印)多段敷きです。厚め、2mmの大磯で嫌気を狙い、薄めのパウダー系で好気をねらいます。某所購入の嫌気好気バクテリアと微生物の維持で生態系の環境を再現します。理論が正しければ、生物にとっては良い環境になるはずです。どうなることやら。この方式で45センチ規格を順次4本立ち上げます。生態数に比較して水槽の規模が多すぎますが、数ヵ月後のエビさんの収容が現在のものでは狭くて足りず、必要になってからの立ち上げでは遅いと判断しましての実行です。
P1010163_convert_20080608171229.jpg

チビさんたちでにぎわう、各水槽ですが、黒びー達の稚びも増えてきました。中には少年エビのサイズ(青年までは行かないです)成長してきています。
P1010192_convert_20080608171306.jpg

真之介印+マッキー印=真万十キー印?? いずれにせよ、楽しみな軍勢です。

飼育を開始してはや3ヶ月を経過し、様々な悩みを解決したり、先輩方のアドバイス、増援を得て、今のところ なんとかやっております。
スポンサーサイト

>bee-shrimpさん

お忙しい中、わざわざ訪問ありがとうございます。
またお会いしていただけたら幸いです。

私は細々とやっており、とてもお客様をお迎えしてまでお見せできるようなものはありません、今年の夏を終えるころ1000匹に達することを夢見ております。(笑
[ 2008/06/18 22:34 ] [ 編集 ]

こんばんわ!

UP遅くなりました!

次回も是非とも会いましょう!

ではでは。。。
[ 2008/06/18 22:04 ] [ 編集 ]

こんばんは、本日不在通知がポストに入ってました~♪
ラムネさんは早いとおっしゃいますが、中央郵便局は24時間対応でありがたいです。
でも土曜日までは取りにいけない~(泣)
[ 2008/06/12 23:31 ] [ 編集 ]

郵便局の受付って、かなり早く閉め切りますよね。
最近、発送する機会がないのですが、発送するときは朝から段取りだらけでした。
[ 2008/06/09 23:29 ] [ 編集 ]

了解しました・・・お手数おかけします♪
曝気が正解♪
ろ過の話、弾け過ぎて読み取れない(泣)・・・もっと勉強しときます(汗)
[ 2008/06/09 06:31 ] [ 編集 ]

ばっき って こんな漢字でよかったんでしたっけ?

(メタン発生)爆発3秒前のミジンコ水槽、見事に硫化水素発生しまくりで、エアレーションでメタンを吹き飛ばしながら ミジンコ生育できましたよ。 大いなる実験の心は実はこんなところにもありました! ただ生かせるという意味でです。あまりの水流にぐるぐる洗濯機でしたので(ww ちょとくさいので、本日終了! 木酢液撒いておこうっと!
[ 2008/06/08 23:23 ] [ 編集 ]

>やすやすさん

こんばんは!
それは爆気ですね!
期待しないでください(笑

妄想親父の独り相撲ですから!
[ 2008/06/08 23:06 ] [ 編集 ]

さすが素晴らしいシステムを稼働されるんですね♪
大磯で嫌気、ソイルで好気って感じでしょうか?
結果報告が楽しみですv-411
私は嫌気で発生する硫化水素を除去する方法って何か良い手があるのかいつも考えますが答えが出ません(涙)
[ 2008/06/08 23:04 ] [ 編集 ]

>ふと、このような考えにいたった理由

 死ぬ生体←→飼う買う→売増ウマー! Lあたりの可能飼育数(誰が決めた?) 生物濾過でも限界!水は2週間に1回の換水が必要!適正環境長期維持不可能、弱酸性から中性が適正Ph? 本当? アマゾン川ではいくつ?→高価なろ材、濾過装置、添加剤、調整剤→売増→ウマー!。
 
 適切な濾過装置、生態系濾過システム→規模に応じた適正な飼育種、数→健全な環境維持可能→実は安価に構築→売損→マズー。 売増希望→「魔法の」「不要の」「きれいになる」「~セット」→へーじ買う→結局出費大!

このような歴史は何を物語っているのだろうか?
あまりにも偏った私見かもしれません。

真実はいずこに??
ビーシュリンプが教えてくれるかも?? うまー!
[ 2008/06/08 22:53 ] [ 編集 ]

>よしさん
 
 私も当初は同じ考えに基づいていました。不安なため今回は少々ナイトレイトマイナス粒状(旧製品)を入れてありますが、それに頼らない嫌気バクテリアを想定しております。全ての土中に誰が炭素源をばら撒くのかな?土中に炭素源があるとしたら、それは一体何?どんどん消費されたら土中ではどうやって炭素を補給するの?こんな疑問をもっていました。
{究極の濾過}こういう言葉は誤解を与える印象が強いのですが、現在の換水を前提にした飼育法を行わず、なるべくエビの飼育環境を変化させないという観点で作戦を練っております。楽をしたいわけではありません。問題は今まで不可能とされてきた嫌気濾過が実は。。という観点です。自然環境の窒素循環サイクルは必ずしも川底や土中で炭素源をもとに行われていないという事実。この再現にはバクテリアはもちろんのこと。。。などなど…。このバランスが崩れるとき、サインを見逃さずにリセットに入るこれが理想です(笑 
 さあて、こんなことが実現できるのか、絵に描いた餅で終わるのか? 数々のアクアリストがなかなかなしえなかったことができるのか、硝酸塩だけでなくGH,KH、TDSの問題は?。。。不安は尽きませんが、一つ、がんばりマッスル!! こうご期待!…しないでください(ww
[ 2008/06/08 22:20 ] [ 編集 ]

こんばんは

究極のろ過、頑張って追求して下さい。
嫌気性バクテリアの餌の炭素は入れました?
結果楽しみにしてます♪
[ 2008/06/08 21:47 ] [ 編集 ]

>シゲルさん

子どもは育て方にもよるでしょうが、大体、小4ぐらいまではホイホイと父親についてきますよ。それ以降は、食い物目当てだったりします(w 親一辺倒の世界から友達、異性へと広がってきますね。同時に寂しくなる父親です。
 子どもに目をつつかれて起こされた日々が懐かしいです(ショボン
[ 2008/06/08 20:53 ] [ 編集 ]

こんばんは。朝寝坊,羨ましいです。うちはどんなに頑張っても7:30が限度ですねー。オチビがどっちかおきだして攻撃くらいます。まー,可愛い盛りなのでこっちがかまってもらえるのも今のうちかな。
[ 2008/06/08 20:17 ] [ 編集 ]

>namahageさん

ありがとうございます。
はい。この大磯(新品はだめです、もしくは酸処理)とソイル(お好み)のバランスに苦慮しましたが、嫌気に対応するため、厚さは約10cmにしてあります。ソイルは恒例の薄敷きです。狙いは微生物の住処、食事場、薄敷き故のソイル効果早期減退にはにがりで。アマゾン川を初めとして各河川や湖沼のPhを自分なりに調べての水質の維持の指標としております。(ブラジルにはいつか行きたいですね!)

過密飼育は(それだけではありませんが)できるだけ避けたいと自分も考えています。そうなった場合、やはり達人シゲルさんのように根張りの少ない成長が盛んなもので対応しようと考えております。
 
水槽内の環境がしっかり一次、二次、三次?分解者から頂点までの生態系を維持できれば、崩壊は避けられ、エビの成育には最大公約数が得られるとの理念の実験でもあります。


[ 2008/06/08 19:45 ] [ 編集 ]

エビさんは順調そうですね♪
濾過方式の研究に余念がないところはさすがです^^
自分の場合、濾過はシンプルですが、その分、過密飼育にならないように気をつけています。
プロび~メンバーは濾過のプロがたくさんいらっしゃるので心強いですね?!
[ 2008/06/08 19:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/49-d649e35e