PAGE TOP

キャンプを支える名脇役

1.小さな光源

jiru.jpg
<写真は借り物です>

体調がいまひとつであることと、天候悪化が懸念されていたので、大人しく過ごしている3連休です。
上の写真は、小さなLEDランプです。

時代の技術は日進月歩。LED電灯もずいぶん安くなり小型化しました。燃え易い化繊でできたテント周辺のグッズもLEDのおかげで安全性は高まります。

愛用のヘッ電といわれるものは、レッドレンザー社のものを使用しています。
red.jpg
小型で調光機能があるので最小ルーメンにしておけば、かなり持ちます。深夜、撮影に出るときは重宝します。

夜間にトイレに行きたくなった時にごそごそヘッドライトを頭に装着しトイレに行き帰って来ると言う、極普通の行動が若干、寝ぼけていたりすると手間取ることがあります。また濃霧でトイレから帰ってくるときに自分のテントの位置を見失うこともあります。
そんな時に目印になってくれるのがライトです。アウトドアショップに行くと小さめのもの、カラフル蛍光色のものまでいろいろ見かけます。
night.jpg

愛用の品ですが、非常に助かります。
ただ電池の維持管理が煩雑です。これは仕方がないですね。


2.カラビナ
カラビナは、百円ショップのものから、本格登山用品までのものを各数種あります。
百円ショップのものは、引っ掛ける機能で十分な用途に使用します。
たとえばテントやグランドシートをひっくり返してゴミだしするときや、干すときにロープに引っ掛けたりもします。
釣っていますが、簡単には落下させないものはカラビナが適任です。
軽量のテントグッズを一時的に釣りあげるときに非常に安価で便利なものです。

所持する登山用のカラナビは、耐荷重量が50~60キロのものがあります。
そんなものキャンプでどうするの?の声もあります。めったに使うものでありません。
テントを補強して張り縄を張るときに重宝します。ちなみに暇なときにホームセンターでころあいのロープを購入し、自作で2又ロープの予備を作ってあります。
通常のテントの張り縄を張った後にタープ用の2又の張り縄をテントのポールにカラビナで接続させます。
風の吹く方向はドンドン変化するので四方に張るのがベストです。
テントがグニャリとひん曲がるほどの強風時に、こういう方法で補強しています。但しあまり強く張りすぎないこともポイントです。多少変形することで風を逃がしますので骨組みがあまりに強力だとテントの生地が破けます。
テント内で火器を使用している場合はテントの倒壊からの火事を防ぐためです。
IMG_3373.jpg

逆に言いますと、用途をきちんと分ければ百均2個セットの安物でも重宝しますし、大きな荷重がかかるところにはそれなりのもの<耐荷重表示のあるもの>を使用するということです。カラーリングが素敵でカッコが良いものがショップに並びますが用途を明確にして購入するべきでしょう。
bd-nitron_screw.jpg


3.最後にこんなものを発見し便利に使っています。
oil.jpg

ホームセンターに行けば、運よくゲットできるでしょう。私は2時間かけて探し出しました(笑
私は200mlの200円強のものを使用しています。同じ用途でメーカー純正品を購入すると6倍から10倍の費用がかかります。


百円ショップ、ホームセンタは「帯に短し襷に長し」の感は否めませんが近似値は出ますので重宝します。
それでも駄目なときは純正品でしょうね。

*道具ではありませんがキャンプでの設営などで大いに役に立ちます。
boox.jpg
のんびり読みながら練習しましょう。
スポンサーサイト
[ 2013/01/14 10:48 ] 旅の道具 | TB(0) | CM(2)

Re: タイトルなし

>Vさん

> なるほどです。非常に参考になりました。
この記事はVさんには、基本すぎて申し訳ないです。
ベテランキャンパーには、申し訳ないです。

> 関東、大雪で大変ですね。私も昨日は一日雪かきでした。笑!
雪カキで筋肉痛です。小股で歩くので疲れて帰宅しました。
渋滞もひどく商品が滞ったり、歩きの方が早いほどでした。
明日も影響が残りそうです。
[ 2013/01/15 23:09 ] [ 編集 ]

なるほどです。非常に参考になりました。

関東、大雪で大変ですね。私も昨日は一日雪かきでした。笑!
[ 2013/01/15 12:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/489-96bf354b