PAGE TOP

満天の星空の秋キャンプ 、長野県ミヤシタヒルズ

星の写真を一部、差し替えました。


IMG_3219.jpg

清々しい秋空の下、秋キャンプへ。

恒例の内山牧場は、営業期間を終え、来春のGW頃からの営業のようです。

今回は長野県 ミヤシタヒルズへお邪魔しました。

IMG_3138.jpg

IMG_3223.jpg

秋らしい山々、森がありました。


IMG_3169.jpg
本当は、あまり食べてはいけない食材ですが、たくさんの栗の実がありました。3粒だけ湯がいて食べました。美味です。立派な栗ほど相当な棘ですが、トングで拾い集めお土産にしました。

腐るほどに薪拾いをしながら、焚火の準備を進めたり、食事の準備をしたりして過ごしました。

IMG_3155.jpg
夕方からの冷え込みに備えます。


今夜は満天の星であろうと期待が膨らみます。
さてどうでしょう。


IMG_3187.jpg


IMG_3176.jpg


IMG_3196.jpg


IMG_3200.jpg

最近、眼が悪いせいか、星が見えるようで見えていないかもしれません。天の川の星たちもまるで薄雲がかかったように見えていましたが、あれはきっと天の川だと確信して狙いました。ISOの感度を上げて、さらに+補正をかけました。少し明るすぎたでしょうか。
焚火やランタンの明かりを補足したため木々が異様に明るいです。その為か、星空は暗く落ち込んでいます。
もう少し空を明るくしたいところです。薄墨のやや紫がかった夜空を再現したいものです。
早朝4時ごろでは、巨大なオリオン座や北斗七星が眼前に。月が明るすぎて撮影はあきらめましたが、地元でも見ることができるオリオン座でも、大きさが全く違うので興奮してしまいました。
肉眼で捉えきれない星もカメラは捉えています。すごいです。
長野県の大自然に感謝です。

朝方4時ごろ、大きな犬ぐらいの大きさで、野生のキツネを見ました。長い尻尾が印象的。「よお!」って声をかけておきましたが、その後キツネにテントの張り縄をかじられ3本も台無しに。1本が3~4本にバラバラになってました。
腹減ってるのかな? 
帰り際、管理人さんに報告すると代わりの張り縄を頂戴しました。すみません~。



極寒の寒さとまでは行きませんが、かなり寒い中、かじかみながらカメラとにらめっこをしたり、コーヒー、味噌汁で暖を取りました。翌朝は、霜がおり、真っ白な世界。これからドンドン冬になっていくのでしょう。


今回のミヤシヤヒルズは、佐久ICからは、やや遠く、何度も足を運ぶには億劫な感じがしました。
しかし通年で営業している強みは捨てがたいです。
私以外に、ライダーさん7名、コテージ泊4組、テント泊2組、キャンピングカー1台と時期的なものを考えると人気のキャンプ場のなでしょう。管理人さんも今まで一番、穏やかで優しい方でした。
スポンサーサイト
[ 2012/11/04 19:16 ] キャンプ | TB(0) | CM(4)

Re: タイトルなし

>ruruさん

返信おくれました。
日中はそうでもなく、設営などしてると汗をかくほどでしたが夕方近く、日が暮れだす辺りからぐっと寒くなります。今のカメラは性能がいいのでその気になって少し調べれば誰でも星が撮影できるのではないでしょうか。
星撮影=深夜と捉える方が多いと思いますが、山里では、深夜でなくても見えてきます。
町明かりが少ない方が星がたくさん見えるはずです。あまり山の中だと、他の危険も伴いますので管理された区域で撮影するのが無難です。機会があれば三脚を用意して挑戦してみてください。
実際に詳しく解説されているサイトで撮影方法や現像方法を勉強して実践で練り上げるのが良いと思います。

> 素敵ですね。
> 寒くなかったですか?
> プロでなくても星の写真って撮影できるんですね。
> やっぱり深夜、撮影ですよね。できるかなあ?。

[ 2012/11/08 22:27 ] [ 編集 ]

素敵ですね。
寒くなかったですか?
プロでなくても星の写真って撮影できるんですね。
やっぱり深夜、撮影ですよね。できるかなあ?。
[ 2012/11/08 18:30 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>マッキーさん

はい。ひと家族の子どもが激しい喧嘩をやった以外は、いたって静かな環境でしたよ~。
星空も満天で素晴らしいのですが、やや狭く感じる空でした。


> 空いてて静かなキャンプ場・・・魅力的ですね!
> 星空、見事です♪
[ 2012/11/05 15:54 ] [ 編集 ]

空いてて静かなキャンプ場・・・魅力的ですね!
星空、見事です♪
[ 2012/11/05 07:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/468-cdefc0ab