PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秋色スナップ 内山牧場の秋その2

DSC_1671.jpg
これはテントでなく風防に設営したタープです。焚火の明かりを映しこんでみました。


写真では捉え切れませんが、天の川のように感じるほど、たくさんの星が出ていました。
D3sでは、写りきれません。星撮影はマーク2のほうが良い結果になるような気がしていますが、私の腕の力不足ですかね。今回はD3sだけなので、同じ条件では比較しようもなく。




前回の続きです。

超絶に美しい秋空、日中から夕焼けまでキレイな内山牧場でした。

実は朝焼けもキレイだったんです。

DSC_1676.jpg

見る見る変化してゆく様にしばし、圧倒されます。


DSC_1695.jpg

だんだん色合いが薄れて行き、日が昇ってきます。

寒さと眠さを我慢しつつ。(焚火をしながら朝焼けを持っていました。カメラが異様に冷たくて手袋なしでは耐えられません。)

ストーブで前日から仕込んでおいた、おでんを温めていましたが撮影後は眠くて二度寝しました。

DSC_1724.jpg


DSC_1734.jpg


DSC_1736.jpg
スクリーンタープはとても便利で、暑い時期は熱がこもるので、あまり使いませんが、秋、晩秋にかけては換気にさえ気を使えば中で煮炊き、ストーブを焚いても使用できます。あっ
スクリーンタープ内で火気を使うことはメーカー推奨ではありませんので、自己責任です。火事、一酸化中毒には厳重に注意です。



帰路途中、神津牧場に寄った際のスナップ。
DSC_1746.jpg
スポンサーサイト
[ 2012/10/23 19:55 ] キャンプ | TB(0) | CM(4)

Re: タイトルなし

>都人さん

少し語ってしまいますが。

何度も何度も通う中で、嵐や曇も多い日々でした。全く見えない霧の時間帯もあります。
素晴らしい瞬間に偶然、出会ったという感想です。
毎度毎度同じようでいて、違う表情を見せてくれた内山牧場で、雄大、悠然とした大自然は、良いとか悪いとか撮影者の思いなどお構いなしに「どうだ!」とばかりに媚びるそぶりも無い無骨な印象です。
かつて写真の先生が命がけで何度も富士山に通られた話を思い起こしますが、ど素人の私が出来ることは気楽で稚拙な次元です。キャンプを通して得られる偶然に感謝です。



> 今晩は
>
> 朝やけ~見事ですね!
> この様な瞬間に出会えて本当に良かったですね(羨ましい^^)
[ 2012/10/24 22:54 ] [ 編集 ]

今晩は

朝やけ~見事ですね!
この様な瞬間に出会えて本当に良かったですね(羨ましい^^)

[ 2012/10/24 20:53 ] [ 編集 ]

>マッキーさん

写るには写るんですが、一番良く星を捉えて映るポイントがあります。その辺りの調整がマークⅡとD3sでは違いがあります。
マークⅡの方が、簡単に撮れるという意味なんです。

私も不思議に思うんですが、高感度撮影に強いはずの(今となっては旧型の)D3sですが、こと、星撮影となると…。
ISOの設定を可変させてゆき、液晶画面を拡大で確認しながらどれだけ捉えているかをノイズとのバランスを見ながら撮影します。
30秒間の露出はやや長いですが、星がほんの少し移動する分、星の明かりがやや大きく写ります。(これを嫌って30秒間以下で短く撮影する方もオオイと思います)
マークⅡとD3sとの違いは、同じISOでも低ISOでよく写るのがマーク2です。長時間露光の性能の差でしょうか。
でもD3sも液晶で確認できなかった星の明かりもきちんと記録されていることが現像時にわかります。結果、あまり手を加えずに写真として完成するほうがマーク2です。
感想としてマーク2が、より簡単に撮影できるということになりました。
青空は、露出補正でアンダー目に撮影する場合、順光や斜光の場合はより青みが出ます。逆光の場合は、周囲のものがドアンダーになるので気をつけてください。現像時のレタッチで逃げるしかなくなってしまいます。ホワイトバランスにも気を使ってくださいね。
[ 2012/10/23 21:47 ] [ 編集 ]

D3Sでも星空は難しいのですか!?
どうりで先日トライしたけど全く写らなかったわけだ!(苦笑)
また青空を狙ってもなかなか撮れませんね~、難しい!
[ 2012/10/23 21:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/462-7b4a67cf