PAGE TOP

秋キャンプへのいざない

IMG_1128.jpg

とは言っても、本格的な秋は、高地のほうで始まっていますが、10月初旬の快晴時は暑く、夏っぽいことが多かったです。秋らしさはもう少し先かもです。(都会の秋の時期と、地方や高地でのそれとは時期にずれがあるのは当然ですね。)

晩、朝の冷え込みは、より大きいので、対策は必要です。

IMG_0135.jpg

日中はそれほどでもない気温ですが、晩用の防寒着や寒さ対策のマットやシュラフ以外の保温対策を用意。
シュラフカバー、もしくは重ね着用のユニクロ製品など。

晩秋はさらに、手袋、靴下二枚重ねなども。
寒くて、しかも風が強い夜なんてこともあり、雨が降り続くこともあります。

最強の暖房器具は電気カーペットや石油ストーブなんでしょうが。。。そこまではしない、無理にキャンプしない方も多いと思います。

秋キャンプの醍醐味を知ってしまうと、少々の無理は覚悟していってしまいます。
DSC_0395.jpg

寒さと付き合うには焚火が一番。
じっくりと自然と向き合い火をいじりながら、自分と向き合うのもいいですね。

IMG_0456.jpg
スポンサーサイト
[ 2012/10/05 16:40 ] My Photo | TB(0) | CM(2)

Re: タイトルなし

> 学生時代に一度だけ12月27日に高知でキャンプをしましたがさすがに眠れませんでした(涙)
> 海岸だったので流木をかき集めての焚き火でしたが楽しかったです(懐
> 秋の高原はそんな感じでしょうね♪

また、若かりしならではのエピですね。
冬の海なんて恐ろしいです(笑)
秋の高原のほうが、イージーですよ、きっと!
[ 2012/10/06 08:05 ] [ 編集 ]

学生時代に一度だけ12月27日に高知でキャンプをしましたがさすがに眠れませんでした(涙)
海岸だったので流木をかき集めての焚き火でしたが楽しかったです(懐
秋の高原はそんな感じでしょうね♪
[ 2012/10/05 19:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/457-ddf9865f