FC2ブログ

PAGE TOP

軽量コンパクトで、どこでもチェア~。

旅の道具シリーズ。

所感を思い付く述べるのは、キャンプの時に過ごす椅子などについて少々。

私は例に漏れず最初、キャプテンスタッグなどのホムセンで安売りしている折り畳み椅子を使用していました。

約2年ほど活躍してくれました。結構丈夫で、椅子に踏ん反り返ろうが胡坐組もうが、肘掛に頭と足を乗せようがまったく動じない頑丈さ。焚き火の際、少々の火の粉では穴も開かない生地の厚さ。
とても気に入って使っていました。しかし、大きい。積載時に嵩みます。仕方がないと思考停止でした。

今なお、アウトドアショップ、ホムセンでは1000円前後から5000円ぐらいの幅で陳列されています。
大きなワゴン車で移動するファミキャンなユーザー様には家族の椅子にもってこいではないでしょうか。
初心者なら迷わず購入するでしょう。
「ドリンクホルダーまでついてるぜ~w いろんなカラーバリエーションもあるしキャンプに似合うわ♪」
なーんてな風でしょうか。

約2年も酷使していると、頑丈な座面も、パイプを通している強化された部位もさすがにほころんできました。
それでも「まだまだ使えるよ!」と言っているように聞こえるほどにこのパイプイスの上でキャンプの夜長を過ごしてきました。かさばろうが、脚の底に泥が詰まろうが、たたんだ際、羽虫をイスとともに埋葬しようが、がんがん使える素敵な格安チェア君。100均のホウキでバサバサ~でほぼ新品に??復活です。


最近、ネットショップでウロウロしていると軽量コンパクトなイスを発見し、試しに購入してみました。
その名はエーライト マンチェスチェア。バイク移動時にもってこいです。
アウトドアショップで試用していた記憶がよみがえります。

41f+U4Wh6rL.jpg


あほみたいに仕舞寸法が小さく軽い。大丈夫かいなと心配になるほど。

思ったほどひ弱でなく、慣れればドスンと腰を下ろしても平気?でした。(でもお手柔らかに)
地面から低く、テーブルはスノピのミニテーブルBAJA(バハ)にぴったりかな。

さかさまにおいて、地べたで座椅子に変身します。牧草地でのジベタリアンなキャンプにはもってこいかもしれません。
現在のところ、売り切れの人気商品で再入荷待ち状態。八月には再入荷らしいですが高い!
一脚、13800円?!ほど。安くて12000円ぐらいだったような。人気商品なので再発売では強気に売ってくるでしょう。姉妹品にモナークチェアがあり、こちらは2点支持。バランスチェアのようなつくりでそれ以外はほとんどマンチェスと同じ感じ。そんもアンバランスさで不人気か現在価格は最安値で5980円なり。

次にお試し購入しつかっているのが本命のヘリノックスチェア。
マンティスに比較して地上高は20センチほどで、やや高いです。また座りの奥行きがやや浅く、立ち座りが行いやすい印象です。

511_1.jpg

あまりに気に入り、二代目を購入。7980円。


300x329-2012061800003.jpg

イスとしての値段は高価かもしれませんが、軽量コンパクトは抜群に素晴らしく、マンティスチェアに引けをとりません。

ただし、購入の際は好みで色を考えるでしょうが、ことヘリノックスに関しては不人気色のターコイズがお勧めです。なぜか。。
人気色のブラックは生地がソフトで少しふわふわ。ターコイズはなぜか生地がしっかりとしておりカチッとした印象。所詮、好みでしょうが、私のお勧めは断然、ターコイズです。

キャンプ場ではイスに座ったり、寝転んだりする時間も結構長いので、気に入ったものを選択してください。

あくまで記事内容は、私の独断と偏見でウンタラカンタラ。。。な個人の感想です。

ホムセンチェアだって、ばかっ高い某メーカーのウン万円するイスだって構わないですよね。
いいと思うもの大事にし、キャンプを楽しみましょう。
スポンサーサイト



[ 2012/07/19 19:53 ] 旅の道具 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/430-47147f4a