PAGE TOP

追いかけて

精進湖にて
DSC_0850.jpg
D3s 24-70 2.8G
雲の動きが激しい一日。でも気持ち良い山梨訪問。


オーソドックスな写真。気持ち良さが伝われば満足。
DSC_0845.jpg
D3s 24-70 2.8G
のんびりと富士とともに。
スポンサーサイト
[ 2012/02/19 21:01 ] My Photo | TB(0) | CM(6)

Re: タイトルなし

>ニッキさん

確かにこのレンズは素晴らしいレンズであると思います。
おっしゃるとおり、カメラがいくら良くてもレンズとのバランスが大事ですね。
最近の各社デジタルの性能は格段に向上したようで、どれも魅力的ですね。
フルサイズだのAPCだのミラーレスだのと格上、格下と捉えず好きなものを安心して使える時代が到来したような気がします。
X-proについては広角用の18mm?はいまひとつのようですが、35mm(実質50mm)は良いようですね。
そのうち高性能広角標準ズームが出てきたらX-proを購入するかもしれません。
OM-Dも控えていますが、実は両者に、やや購買意欲があまり湧きません。



> この写真を眺めています。
> Af-s24-70、写りはズームレンズの中ではピカイチだと思います。新作カメラの良さが話題に上りますが、レンズの働きも偉大だと思います。いい写真たくさんありますねー
[ 2012/02/26 00:00 ] [ 編集 ]

この写真を眺めています。
Af-s24-70、写りはズームレンズの中ではピカイチだと思います。新作カメラの良さが話題に上りますが、レンズの働きも偉大だと思います。いい写真たくさんありますねー
[ 2012/02/25 18:41 ] [ 編集 ]

>まつさん

以下、参考程度に読んでみてください。
青がさらに青みを増す、撮影のポイントがあります。
ちょうどその差があらわれた写真の二枚です。
逆光ではどうしても太陽のせいで白っぽくなりがちな青ですが、斜光、もしくは順光の条件で露出補正をマイナス側にセットして行くと青みが暗さに比例して増して行きます。さらにマイナス側にするとタダの暗い写真です。
よく広角撮影で周辺の減光があるとかないとか評価するレンズレビューがありますが、これも利用すれば画面周辺の青みが強く出やすい撮影が可能となります。
キャノン等の中級機で紫色ぽっいくすんだ空になりやすければ、撮影時や現像時に、色温度調整と色被り補正を行い、記憶に近い色に近づける作業になります。全体の色バランスが狂わないよう空だけの色合いを見てはいけません。白い物がきちんと白となる事に留意してください。これがホワイトバランスをとるという事でもあります。この範囲を超えることを作品造りとするか、やり過ぎと見るかは個人の価値観かもしれません。
モニターは正確な色表示ができている必要があります。
見る人のモニター環境がバラバラなのが難点です。
[ 2012/02/20 23:38 ] [ 編集 ]

へーじさんの写真は何時も空の青が綺麗な青ですね。
二枚目の空なんか本当に気持ち良い青空で好きです。
[ 2012/02/20 05:35 ] [ 編集 ]

>マッキーさん

富士の周囲は雲が多めで動きの激しい一日でした。
でも爽快な天候が周囲にあり、気持ちよく過ごしていました。
一枚目の「逆さ富士ならず」は角度や水面との距離差が大きいためと思われます。そこでは写真に収めたくなるほどの空が写っていました。
[ 2012/02/19 23:23 ] [ 編集 ]

きれいですね、富士は心が洗われます・・・ある意味パワースポット!?(笑)
一枚目の写真ですが逆さ富士にならないのが不思議・・・条件が厳しいんですね!
[ 2012/02/19 22:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/385-af15e51d