PAGE TOP

ぶらり浅草2

昨日の追加分です。

もう少し、赤の発色について検討してみましたが、ホワイトバランスの調整は難しいです。
透明感のある撮影。。遠い道のりですね。

DSCF0337.jpg


DSCF0338.jpg


DSCF0352.jpg


DSCF0354.jpg


S0160311.jpg


S0030294_20120103220229.jpg


S0120304.jpg
スポンサーサイト
[ 2012/01/03 22:05 ] My Photo | TB(0) | CM(6)

とか言いながら、技術が追いつかない私なのでした~w

チャンチャン。
[ 2012/01/04 20:02 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> なるほどモニターによっても変わるのは事実ですね。
> ということは一番いいのはプリントってことに(笑)

>マッキーさんへ

微妙なんです。
プリントすること自体は、とても良いことだと思います。
私自身、パソコン上で満足してしまいがちです。
あくまで噂話程度の話です。以下を読んでみてください。これだけでブログの記事になってしまいかねない内容です。

プリントするためには、モニタキャブレーションとは違う概念が必要で、カラーマッチングといいます。
これは、パソコン上での複雑な色彩が、プリントアウトしても同一の色彩が出てくるために必要な作業となります。 確かな色を確認する為には、モニタの輝度というものが一定必要です。また色合いは環境光にも左右されるそうです。自室の明かりは蛍光灯?電灯?太陽?まあWBを考えればそうですね。

「カメラの何某」では、案外、設備をケチっていたり(モニタがキャブしていても、しょぼい)自動補正がかかっていて、無補正で注文してもオートで補正されてしまうことがあります。日を空けて同じファイルを注文したら、全部、明るさ、色が違ったという冗談とも取れる実話があります。(体験済み)
したたかな店員は四つ切り以上のプリントを注文すると真っ先に「お客様の注文どおりの色にならないですよ」と先制パンチをしてきます。安いプリント料金で最高の設備なんてありゃしないか!(w
そういえば、フィルム時代、手焼きの写真屋さんは高価でした。何十本と同時に現像するプリント屋は安かったですね!
自宅で熱心にモニタキャブレーションして現像しても、「カメラの何某」ではそれとは違うものが出てきてしまい、「カメラの何某」がいくらモニタキャブ、カラーマッチングしても結果として違うものが出てきてしまいます。自宅のモニタが調整されていないと、ちぐはぐになるのは至極当然のことだったのです。
何度か足を運んで、客の注文を受け止めてくれるお店が優良となりますが、そのための手間がわずらわしくなります。そこでマニアな方々は口コミの優良店を見つけるか、自宅でモニタキャブ、カラーマッチングして自前でプリントする方が自分好みに仕上げるということになります。

カラーマッチング、モニタキャブレーションの詳細は省きますが、こんな、ややディープな世界があることをあまり大きく明らかに明示するメーカーや販売店はありません。おそらくは経営上、商売上の問題が大きいためと思われます。
こういう問題を真っ先に明確にして、「環境を整える重要性」を先生より指導を受けました。微妙な色合いを微調整して指導されるので当然といえば、当然ですね。
一般的には原色系の派手な色合いが受けますが、レタッチで仕上げるというのは、デジタルの入力とその限界、出力までを見通した上でのマイナス面の補填という考えに成り立っているのかも知れません。

正しい色、明るさできちんと自分が撮影した写真と向き合い、納得のいく現像をし、プリントを手にすることができれば、とても幸せですね。

そろそろエプソンのプリンターを導入しようかなと検討しています。
そうすると、今度は印刷用の紙の質の問題、保存の問題、インクの問題など次から次へとコスト問題が出てきてしまい、 最後は素人なんだもん!そこまでいいやん!と開き直っている自分がいたりします。
[ 2012/01/04 19:34 ] [ 編集 ]

なるほどモニターによっても変わるのは事実ですね。
ということは一番いいのはプリントってことに(笑)
[ 2012/01/04 14:59 ] [ 編集 ]

マッキーさんへ
追加の話

撮影時に仕上げを想定してピクチャースタイルはスタンダードが良いことや、現場でなるべくその場の色を再現できるWBは大切ですね、
また、写真の色合いをWEBで鑑賞、検討する場合、究極の話はモニタキャブレーションをしていないと話がこじれやすいです。見る人によりモニタの色が違いからです。
ショップのパソコーナーやモニタコーナーにいくと同じ画面で色合いが繚乱していますね。
[ 2012/01/04 09:07 ] [ 編集 ]

はい、X10です。
WBはマニュアルでした。
電灯や蛍光灯では赤っぽくなるのでなるべくその場の色を頼りに調整しています。
その場合、どうしても赤の再現性が悪くなるので少し調整しています。

光が多重にある場合は難しいです。
現像段階では、記憶の色を再現するよう試みています。デジタルが苦手なのか、私が未熟なのか、定かではありませんが、一番見せたい被写体をメインに色を調整しています。
結果、少しの調整で済む場合と全く違う雰囲気なものに仕上がる場合もあります。
[ 2012/01/04 08:56 ] [ 編集 ]

これらは全部X10でしょうか?
例えばWBをオートにして撮った画をそのままアップするとどんな色になりヘーじさんが編集するとどんな色になるのか興味あります。
特に夜景では本来の色が出にくいのかもしれませんが、極端に編集されているのでしょうか?

[ 2012/01/04 07:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/362-7d3e4b33