PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

春の足音

まだまだ寒い今日この頃。
来週からは少し暖かくなるようです。

中古で購入したEF180マクロF3.5Lの具合を花で確認しようと近所に出かけました。

ここは毎年たくさんの梅がなる休耕地。
全体の1割どころか、1分ぐらいが小さな花を開かせていました。
IMG_9587.jpg

IMG_9604.jpg

IMG_9612.jpg

さすがに5分ほどで撤退。それぐらいまともに咲いていないので、帰りにガーデニングの花を数枚撮りました。
IMG_9621.jpg

IMG_9623.jpg

この180マクロ。写りは文句なしですが、いかんせん重いですね。とても疲れます。
でも好きだな、このレンズ。
毎年、毎回のことですが、等倍マクロ撮影での難しさは、ピントの幅が極端に薄くなるため、ピントが合わせずらいことです。間違ってもオートフォーカスで撮影しないことです。好みのピント位置を手探りで探し出すマニュアルフォーカスにて行います。

息を吐きながらピントを合わせゆき、最短距離では、体を前後に微調整してピントを合わせることもたびたびです。ここぞというときに息を止めてシャッター。ものすごく疲れます。はい。
手振れを起こさないようにシャッタースピードがある程度出ていることを確認して、足りなければISOを調整しました。
ひとつのものにピントを合わせるのはある程度、簡単なのですが。二つ以上のものに合わせたりするには、ピント面への理解も必要ですね。カメラとピンと面は平行です。だからといって常に好みのポジションや角度が取れるとも限らない。。。。悩みながら再度、角度を変えて、液晶でピントチェック、さらに。。。の繰り返し。。
決してお気軽には名作はモノにできない、集中力、根気と体力が必要な撮影です。
スポンサーサイト
[ 2011/01/29 16:01 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/278-359bfe5a