PAGE TOP

紅葉見納め? 試写Part2

さて紅葉の撮影ではどんなパフォーマンス? 自分の腕を棚に挙げてテスト続行。
使用カメラはD3Sと70-200 2.8G 現像はライトルーム。使い出すと使いやすいです。


場所は近所のお寺。たまたま目に付いたので。
DSC_8828.jpg


DSC_8812.jpg


絞りを浅く。。。。
DSC_8824.jpg


DSC_8827.jpg





5D2はもいい感じでしたが、現像すると、、若干、元画像からかけ離れます。

IMG_0078.jpg


IMG_0082.jpg
スポンサーサイト
[ 2010/12/04 16:02 ] My Photo | TB(0) | CM(4)

No title

ややこい質問に丁寧にお答えいただき毎度ながら感謝感謝です。
よく考えるとAIフォーカスAFやAIサーボAFなどの使いこなしも出来ていませんね・・・機能を使いこなさずに機械のせいにするのは良くない事だ(汗)
も一度初心に帰って…ですね♪
[ 2010/12/04 21:41 ] [ 編集 ]

No title

>マッキーさん

先ほどの回答はあくまで一般的な話です。
そうでない場合もあります。
それは見せたいものが風景などの場合、大きく複数ある場合です。その場合、どこにピントを持っていけばパンフォーカスになるか、深度内に収められるかということも理解して取り組む必要があるということです。

これらの回答のことをすべてほぼ完璧にやってしまうのがプロフェッショナルなんでしょうね。

でもプロも、ミスを犯さないためのリスク回避をちゃんと行うそうです。ひとつの構図で、ピント位置やWBなどいろいろ変えてベストの一枚を選ぶそうです。
我々もつい、パシャ!で満足しがちです。プロの入念な仕事に学びましょう。一緒にいるとすごいたくさん撮影されますよ。
[ 2010/12/04 19:22 ] [ 編集 ]

No title

>マッキーさん

あまり意識したことはないのですが、ほとんどがオートフォーカスでピント合わせしています。
マニュアルレンズはもちろんそれ以外ですが。

(私の理解の範囲ですが)

マクロ撮影やポートレイトだととても厳密なピントあわせが求められます。それは被写界深度と言い、(もう何度か話が出ていますよね) レンズが何ミリFいくつの場合、ピントの位置によって被写界深度が大きく変わります。このピント位置と被写界深度の関係を大雑把にでも理解できれば、風景写真の場合は、そうそう外さない。すなわち大きく被写界深度をとることで見せたいものを、そこに収めればよいわけです。レンズによってですが、F値が低めでも、被写界深度を大きく取れるポイントもあれば、広角、標準でF値が大きくても深度が浅くなる場合があります。ピント位置をしっかりと両者の関係のものとに理解できれば、百戦危うからず、らしいです。ググッてみれば解説サイトがあります。擬似的にレンズサイズ、F値被写体との距離(これがピント位置)を入力すれば、被写界深度が表示される仕組みでした。

メーカーによって、フォーカス精度の差は、おそらくはほとんどないものと思われます。あれば、その点でとっくにたたかれているでしょう。また上位機種、下位機種間に、それがあるのか?という問いに対しては、ある場合がある、と思います。
それは、上位機種ほどフォーカスポイントが多く、下位機種ほど数が少ない、その分、大雑把なフォーシングをしているはずです。(5D2は少ない。おそらくはコストとの関係?)

ただ、「どう使いこなすか」も大事です。AFロック、AEロック機能などを使い、同時にAF-C(コンティニュアス、連続的なフォーカス機能)をオフにすることで、見せたいものにしっかりとピントをあわせてから構図を決めてシャッターを切ること。撮影後、その場で、液晶画面を拡大し、フォーカスがどこまであっているか(被写界深度内に収まっているか)も確認することが重要です。
実際には上記のことと同時に、被写体ブレ、輝度、色飽和などもチェックし、構図として無駄がないかなどもチェックするそうです。

老眼は私も始まってきていますが、年配の方が多いカメラの世界。デジになって老眼にもやさしい機能があります。どうぞ使いこなしてくださいませ。
[ 2010/12/04 19:15 ] [ 編集 ]

No title

オートフォーカスとかファインダーは使われてますか?
私は景色の撮影はほとんどが三脚+ライブビューのズームでピント合わせをします・・・はっきりいって老眼で全然見えませんから(泣) かといってX2のAFでは満足のいくピント合わせが出来ません(涙)
もし上位機種に求めるとしたら超高精度のAF機能という事になると思うのです・・・この点でのCとNの優位性を知りたいなと♪
[ 2010/12/04 17:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/261-ec9af0e5