PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

満天の星空 ふもとっ原

s-DSC_3603.jpg



土曜日から日曜朝まで富士山のふもとで過ごしました。
素晴らしい富士山の姿や星空に出会え、満足です。

富士山近辺は雲の動きや天候の変動が激しく、素晴らしい眺望に出会えるのは、運しだいと聞きました。

出会いの風景たるゆえんでしょうか。その素晴らしき風景と、それを的確に写し止める技術が会いまれば。。
なかなかうまく行きませんが、今回の成果をご覧ください。

s-DSC_3387.jpg

まずは正午すぎの富士。太陽光が強いのですが、それでもそこそこの撮影でしのぎます。あえて太陽を入れ、飛ばして撮影しました。雲との雄大な戯れに見えました。

少し時間を置いて、雲の切れ間を狙いました。

s-DSC_3427.jpg

手前の水溜りに逆さ富士。湖面の波がなければ、湖面全体に逆さ富士も撮れるようですね。
今回は、それはありませんでした。残念!

さて、夕景に諦めをつけ、夜景探しに。今回の眼目は星撮影なのですが。。うまく行くかな??

合間に夕食。名物ほうとうはおいしいですね。。お店によって個性があるとか。


西湖近くの駐車場で。

s-DSC_3493.jpg


農大近く。

s-DSC_3589.jpg



初挑戦のコンポジット。なかなかうまく行ったようです。
s-DSC_3571.jpg

D700の高感度性能をフルに使うわけではありませんが、それを生かしながら、ホワイトバランス調整、コントラスト調整で、私なりの表現でいうと、撮影前の下地作りといいますか。。そうすることで長時間露光での撮影で星をより拾うことができるようです。ちなみに肉眼ではここまで星は見えません。まさにカメラのおかげでしょうか。

同行いただいた、私の師匠は、もっとすごいです。
スポンサーサイト
[ 2009/12/13 19:48 ] My Photo | TB(0) | CM(8)

No title

>トロンさん

そうですねー。どうしてと聞かれたら、私もわかりません!

どうぞ、クリスマスのつかの間でも飾ってください。
喜ばれる写真が撮れて本望です。
[ 2009/12/14 22:07 ] [ 編集 ]

No title

どうしてこんなに星が綺麗に撮れるんだろう?
カメラ音痴の僕には、説明は不要です(笑)
代わり1枚目4枚目5枚目の星入りの写真いただきましたから。
[ 2009/12/14 21:50 ] [ 編集 ]

No title

>アリキチさん

おはようございます
撮影できなくても見ごたえばっちりの現場でした。
ただ富士近辺は天候が変わりやすく、なかなか、このような場面に出くわすのは、わずかな運だのみではないでしょうか。
あと、まだ12月はなんとか大丈夫でしたが、1.2月は寒さはきつそうです。特に手先、足先の対策をしなくちゃ!
[ 2009/12/14 06:39 ] [ 編集 ]

No title

お~……何とも幻想的…。こんな写真が撮れるなら、ぜひとも自分もいってみたい…。まともなカメラ持ってませんが…苦笑
寒ささえなければテント張って、一晩じゅう星を見続けるのも良さそうですね(^-^)
[ 2009/12/14 02:04 ] [ 編集 ]

No title

>イシャエビさん

あはは。ありがとうございます。
撮影者の心まで読み取っていただけるなんて!
気合入れておりました!

まさにドクターストップ?がかかりそうな写真ですね。(首お大事にして下さい。)
これは雲台の首の部分を180度に寝かせては撮りましたが、試写で構図を微調整するさい、下から覗き込みました。姿勢がきついです(笑
師匠は、カメラを設定後、ぺたんと寝かせてベンチに置いて撮影しておりました。いろいろ工夫の余地はあるようです。

「良い写真を撮れば撮るほどに、これからがきつくなるよ」と師匠の弁。納得いく写真をこれから追求しなければなりません(汗
[ 2009/12/13 23:41 ] [ 編集 ]

No title

どれもすばらしい写真だし、新しいことにチャレンジしようという気迫も伝わってきます
でも、私にとって4番目の写真は、ドクターストップがかかりそうです(笑)
[ 2009/12/13 22:35 ] [ 編集 ]

No title

>マッキーさん

息を呑む写真 まさにそういう写真が理想なので、とてもうれしいです。

機材は、僕も三脚とカメラです。実際のここまで星が見える環境では、町明かりはほとんどなく、真っ暗ですので構図が難しいです。試写して、少しずつ構図を整えることと、マニュアルでピントがきちんと無限遠にあうようにレンズの特徴を押さえることです。ズームレンズは無限マークで無限が出ていないことが多いです。真っ暗なので懐中電灯などで明かりを確保しながらピント位置等準備し、撮影時は真っ暗で行ってください。撮影し終わったら、その場で拡大しながらピントが来ているかを確認してください。
現場での注意事項くもり対策などまだまだあり、書ききれないですが、できれば慣れた方にアドバイスいただきながらとか、厳冬期ではない季節にいくとかで試行するのがいいかもしれません。絞り優先でなるべく明るいレンズで開放から5.6ぐらいでいけます。機材、レンズの特徴をしっかり抑える必要があります。真っ暗ですので。
[ 2009/12/13 21:26 ] [ 編集 ]

No title

息を飲む写真ですね!最後の富士山はすごいや!
お星様はチャレンジしたい題材ですが、道具は揃っているのかしら?(汗)
三脚とリモートSWがあれば良いのでしょうか?
[ 2009/12/13 20:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/226-6c730b0a