FC2ブログ

PAGE TOP

そろそろ紅葉も終焉

12月に入り、関東平野部の紅葉も終わりが近づいています。
たくさんの落葉の絨毯が公園で見られます。

さて金曜は晴れ渡っておりましたが、せっかくの休日が雨模様。残念です。
こんな日は、今まで現像していなかったきれい目の写真の現像をしてみました。

レタッチも、回を重ねるごとに技術の向上があるようです。
ここで誤解のないように伝えたいのですが、今感じてるいることを以下にまとめると、

レタッチはあくまで、人間の目が捉えることができる(カメラでは制限されてしまう)風景に近づけたり、逆に人間の目では捉えきれない面を引き出すために行うともの言えるのではないかと思います。
不自然、無理な着色、一部の色の強調で他の色の転倒を招くと台無しになってしまうことは言うまでもありません。
また、重要なことは手持ちのカメラの露出傾向や発色傾向をきちんと把握して適正な露出で撮影できるようになることや、後のレタッチを想定して撮影を行うことも非常に重要なことと感じます。

s-DSC_3088.jpg


s-DSC_3101.jpg


s-DSC_3078.jpg



上の3つの作品を仕上げていて思うことは同じイチョウの葉っぱも、光の当たり具合で輝くような黄色になったり、落ち着いた黄色の発色であったり。。しかし同じ一定の光の当たり具合での場所は3作品とも同じ黄色の発色が保てるようにレタッチできるか・・。などと課題を意識しての検討を行っています。難しいです。


師匠、僕は親しみを込めて、「先生」と呼んでいますが、先生の作品は常に透明感溢れた構図、露出で見事な写真です。個人的にはフィルムで大成されたどんなプロよりも、デジタル撮影に関しては先生の作品が上をいっているように感じます。そんあ先生の作風に近づきたい一心です。


s-DSC_3052.jpg


s-DSC_3064.jpg

この2作品に関しては、なかなか納得いきません。ヒストグラム上ではオーバーさせていなくても、最終的には見た目でコントロールできるようにならなければないそうです。
赤がつぶれがちのように感じます。デジタルは赤が苦手とは聞きますが、困ったものです。ヒストグラム上ではオーバーさせていなくても、最終的には見た目でコントロールできるようにならなければないそうです。
そうこうしているうちに、紅葉のシーズンは終わりを告げてゆきます。


DSC_3039.jpg

現像時にはうまく行っていても、縮小するとだめだ。。


赤色を鮮やかに、かつ忠実な色合いに仕上げるにはまだまだ修行がたりません。撮影時の光を読むことができないためでもあるかもしれません。まだこのあたりよくわかりません。


スポンサーサイト



[ 2009/12/05 21:47 ] My Photo | TB(0) | CM(4)

No title

>マッキーさん

そうですね、マッキーさんは日本をまたにかけて活躍するリーマンですからね。また時間があるときにでも少しずついきましょう。どうかお体を大事にして時間ができたら一緒に楽しみましょう!
[ 2009/12/07 00:41 ] [ 編集 ]

No title

頑張ってくださ~い!
NAYさんとこにちょっと書きましたが、私の方は写真とのお付き合いに少しずつ限界を感じつつあります(汗)
ゆとりがないというか時間がないというか…
時間は作ればいいんですけどね(笑)
[ 2009/12/06 23:17 ] [ 編集 ]

No title

>マッキーさん

いつも心地よいコメント、感謝いたします。

そうなんです。うちの先生、すごいんです。
デジタルカメラの知識、現像、レタッチソフトのノウハウをすごく持っています。特化しています。
ぼくもパソコンには、相当、自信を持っているのですが、エクセルやワードなどと同様、できるだけでは通用せず、何を生み出せるかというレベルまで必要なようです。
多岐にわたる、コンピューターの技術の世界。ハード、ソフト、ネットワーク技術etc.....の使いこなしだけでない世界がありますね。道は険しいですが、ファイトが沸くってもんです。
ある意味、こういうデジタル技術をどれだけ駆使できるかという命題とともにデジタル写真はあるようにも感じます。


「そんなにがんばって、どうするの?」とは聞かないでください(笑。 がんばった分、僕の世界が広がることは間違いないです~。
[ 2009/12/06 22:53 ] [ 編集 ]

No title

いつもながら解説がわかりやすくて助かります♪
お師匠さんの画は本当に見事ですね…全部が見れないのが残念です。
[ 2009/12/06 21:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/224-7df898cb