PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

栃木県 戦場ヶ原?竜頭の滝?いろは坂

土曜日の早朝から、午前中のあいだに栃木県は戦場ヶ原?竜頭の滝?いろは坂と鉄板観光コースに行ってきました。
寝坊してしまい、午前4時に浦和南ICから出発。
あー、これは大失敗でした。当初のねらいは朝もやのかかった戦場ヶ原が狙いだったのに。。
しかたなく午前六時についた赤沼茶屋パーキングからまずは竜頭の滝へ。滝も太陽が降り注ぐと白飛びしやすいので柔らかな陽の間に撮っておこうと考えました。
竜頭の滝に向かっていくと、大小いくつかの滝に出会いました。
allDSC_1857.jpg

NDフィルタの代わりに仕方なくPLを。これでも少しは減光の効果があるようです。もっとSSを落としたいときは絞りを絞って調整しました。
allDSC_1848.jpg


非常に景観の良い、素晴らしいところで人が多いにもかかわらず自然がしっかり保護されていました。鹿による被害もあるようで鹿柵、鹿避けなる工夫があちこちに散見されました。
熊もちょこちょこ出没するらしいです。赤沼情報センターによると西の湖の方が多いようでした。
allDSC_1898.jpg

びびりばがら歩いてゆくとやっと竜頭の滝。まだ早朝で人は少ないです。
allDSC_1918.jpg

竜頭の滝は中禅寺湖のほうに流れていくようです。
allDSC_1903.jpg


さて今来た路を戻りながら小田代歩道に入りました。
allDSC_1932.jpg

こちらはアンダー目に仕上げました。このあたりは好みでしょうか。上と比べるとアンダーのほうが、早朝の静けさ、重厚感があるように思いました。
allDSC_1928.jpg
道中、晴れてきたり、雲ってきたり。。なるべく曇り空はカットしています。
小田代原では有名な貴婦人と称される白樺を目指したのですが。。ぼくにはさっぱりその木が分かりませんでした(笑 しかたないので途中で撮影したもの。
allDSC_1944.jpg

モノトーン気味の景観の中、鮮やかな秋に遭遇します。
allDSC_1935.jpg

倒木が多かったので、おそらくは台風の爪あとも関係しているのかなぁ。

泉門池、湯の湖まで行きたかったのですが、あまりにもたくさん歩かなければならないので、ギブアップ。カメラ機材の重量は肩、腰、背中をガタガタにしてしまいました。

allDSC_1956.jpg
湯の湖方面に向かわず、そのまま赤沼茶屋に向かって帰ろうと歩き出しました。
今度は変化に富んだ、これまた素晴らしい景観が連続します。


すっかり風景写真専門な状態ですが。。

allDSC_1960.jpg

遠くに鷲と思しき鳥が飛び交いながら、別の鳥、たぶんカラスとテリトリー争いしている激しいバトルが。。
allDSC_1962.jpg

確かにかっこいい鷲がいたのですが。。結果はカラスの勝利。。ドンだけ強いの?

疲れ切った体を赤沼茶屋さんで労わり、いろは坂へ。

途中、車を止めて。
llDSC_1986.jpg


allDSC_1983.jpg


他にもなかなか良い写真がたくさん撮れたのですが、まあ、こんなところで。実際、腕は関係ないようにも思います。だって紅葉がすごいからです。
今日あたりが天候も良いそうで、紅葉のピークが待ってるそうです。みなさん、近々、おでかけしてみては。。
スポンサーサイト
[ 2009/10/18 12:02 ] My Photo | TB(0) | CM(2)

>マッキーさん

的確な情報をありがとうございます。
サンデーカメラマン&疲れやすいメタボ中年に差し掛かった私では、今回のぐるりと小田代で精一杯でした。
一般のカメラを構える人がとても多かったのですが、かなりやりこんでる風のベテランカメラマンは案外少ないと感じました。多くの方がいらしてるので、個性的な写真は難しいでしょうね。

湯滝、湯の湖周辺も足を伸ばしたいですが、早朝の絶好の時間帯を思うと一日では難しいでしょうね。次回、来年か?行ってみたいものです。真冬の雪景色にはもう一度行きたいです。雪の中の撮影なんてやったことがありませんので、冬用の装備を検討しなくちゃ。
いつか、マッキーさんと撮影&アクアな話題で、ゆるりと回ってみたいものです。
[ 2009/10/18 20:27 ] [ 編集 ]

お疲れ様!帰りの渋滞はいかがでしたか?
拙宅を4時に出れば朝もやが撮れますよ~♪ 小田代は親父もお気に入りだったようですが、セミプロの写真家が多すぎて個性的な画は撮りにくいようです。
中禅寺湖を臨む画や鷲の停まっている一本木など遠近感やバックの紅葉とのマッチングが良い雰囲気ですね。(笑)
龍頭の滝がこれだけ色づいてるなら湯の湖周辺、特に湯滝の真上は最高だったはず!次回はぜひ足を延ばしてください・・・もちろん温泉も最高ですし♪
そのうち私も同行できる日が・・・来ると良いな♪
[ 2009/10/18 17:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/209-95ac590d