FC2ブログ

PAGE TOP

再訪

昨日の朝日が強烈だった秋が瀬公園。車で30分ほどのところなので早朝に再度、訪れました。
五時の開門に間に合いました。ここでの撮影は2度目なので目的の沼まで最短距離で向かいました。五時二十分あたりから撮影開始。真っ暗で怖いです。スローシャッターは確実に日の出前の明かりを露光し、かなり明るく写真が出来上がっています。

allDSC_1781.jpg
左手大きな株の樹の奥に見えるところが目的の沼です。このあたりで一番、気に入ったポイントでした。今日は短時間、ここをメインに角度や構図を変えながら撮影しました。


allDSC_1806.jpg


まだあたりは薄暗いのですが、三脚とスローシャッターで露出に気をつければ柔らかい光の周り具合が良い作品になると予想しての撮影です。
知り合いのさる方は、撮影は特殊な場合を除いて早朝から七時半までの間しか撮影しないとおっしゃいっていました。この言葉の意味は上記の太陽光の強さを考慮した言と思われます。

allDSC_1789.jpg



こちらが昨日、午前九時過ぎの太陽光がきつい状態。
aallDSC_1745.jpg

見本として適切かは別として、太陽光のあたり方で印象がずいぶん違いますね。


さて話は戻って。
同じ被写体でも、早朝は刻々と太陽光のあたり方が変化します。どんどん明るくなる状態に合わせ、露出補正値を変化させました。
同じポイントで同じ構図でも絞りや補正値を変化させながら、まあ、要するに“下手な鉄砲、数打ちゃ当たる”方式です。しかしながら大事な点と認識しております。
レッタチは最小限で適正値を探り出すことが良い写真作りと教わりました。

allDSC_1794.jpg

allDSC_1796.jpg

allDSC_1798.jpg

allDSC_1799.jpg

明かりが変化してゆく状況で露出を一定に保つことは困難ですが、小型の沼ひとつでも切り取り方(構図)の変化で印象が違ってきますね。今日は自学自習で、とても良い勉強になりました。
スポンサーサイト



[ 2009/10/12 20:01 ] My Photo | TB(0) | CM(6)

>イシャエビさん!

わお!イシャエビさん、首の具合はいかがですか? プロ級の写真とまではいきませんが、だんだん良い感じを出せるようになってきました。奥入瀬、裏磐梯、上高地、富士山など素晴らしい自然との出会いは、それはもうすごいことですが、身近な場所で、季節を問わずに、その場その場の美しさを捉えたり、表現できれば最高ですね。自然体でその場の美を捉えることの出来る名人になりたいです!
世の中にはいまよね。無名でもすごい方々が。
イシャエビさんが一日も早く、全快し思うままの楽しみを追究できる日を心待ちにしております。
[ 2009/10/13 19:43 ] [ 編集 ]

>マッキーさん

いや増してご尊父様の言葉が輝きを増しますね。
マッキーさんがリタイアしたら、写真家マッキーで従藍而青(じゅうらんにしょう)を目指してください!
[ 2009/10/13 19:35 ] [ 編集 ]

私も2枚目に1票!
こんな構図のプロの写真、私の教科書(EOS50Dスーパーブック)に載っていました
早朝ではなく、太陽光がさえぎられる森の中の写真でしたが、三脚使ってISO100 絞り優先F16で撮ってありました
EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM 買ってから、へーじさんに弟子入りしようかな(笑)
[ 2009/10/12 22:37 ] [ 編集 ]

きんせいさんと同じく2枚目の写真が素晴らしいと思います。
実は私の親父も早朝カメラマンで「上からの光ではつまらない写真しか撮れない」が口癖でした。
今日渓谷の撮影に行きましたがそのあたりを実感です(汗)・・・寸評をいただきたいのでまた遊びに来てください♪
あっ!鳥クイズお見事でした!(笑)
[ 2009/10/12 21:33 ] [ 編集 ]

>きんせいさん

千枚田なんて羨ましい。。
なかなかな課題を奥様から申し付けられたのですね。

気に入った場所はやはり早朝か陽が傾く夕刻あたりが狙い目ではないでしょうか。
実際の現場で判断するのですが、補正値は若干、マイナス補正で-0.7から-2.0あたりの幅で何枚も撮り、ヒストグラム(これは説明書を開いて調べてみてください。カメラ本体の機能で写真の色と明るさの分布が確認できます)を見ながら、グラフが右や上部になるべく飛び出さないように確認しながら撮影します。これは右側が最高に明るいところで、上部に飛び出すというのは、明るい点が多すぎるということを意味します。すなわち露出オーバーですよという可能性が高いです)http://aska-sg.net/popeye/010_20040310.html

また三脚を使うことをお勧めします(あ、購入されたんですよね?)
RAW現像ならニュートラルのピクチャー設定。JPEG写真でよいならビビッドの設定のほうが鮮やかに仕上がると思います。
三脚の使用上の注意はネットでしっかり基本を押さえて取り組んでみて下さい。静岡の素晴らしい写真を期待しております。
アクアと写真の趣味でこのまま老後まで行きたい、へーじです。
[ 2009/10/12 20:54 ] [ 編集 ]

奥が深い

同じ風景なのに日差しによってこんなに 情感が変わるとは思ってもみませんでした。
特に2枚目の写真はすばらしいショットですね!
写真機は使う人の気持ちしだいで、色々変化するんですね!

昨日は妻が 絵 を書く為風景を写真に撮りたいと希望したので、水汲みの途中で、あちらこちら気に入る風景を探して1日走り回りました。

ヘージ君がいろんな風景を載せているのを思い出しながら、千枚田の風景など挑戦しましたが、旨く行きませんね・
来週 今日教えてもらったことを参考に再チャレンジします!
[ 2009/10/12 20:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/208-3231e887