PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

菖蒲 撮影練習 再びの明治神宮

菖蒲の季節になりました。見ごたえのある菖蒲を求め、再び明冶神宮まで行ってきました。
sallDSC_7751.jpg

sallDSC_7745.jpg
気温や時期の問題もあるのでしょう、少々くたびれた花もありましたが咲き乱れております。
係りの方々は、しおれた花をもいでおり、管理が行き届いていることを感じます。

花の撮影練習を相当数こなしてきましたが、毎回の反省を元に、だんだんと上達してきたように感じます。?色の飽和を防ぐこと、?明るさを考えて ?構図を考えて ?ピント位置と絞りの関係を熟慮

sallDSC_7744.jpg

ここ半年、またここ最近、プロフェッショナルな先生方からのアドバイスを頂きながら、
デジタル写真は、フィルム写真とは違うことを改めて意識するようになりました。
いわく、「デジタルは、撮影、現像、レタッチまでの一連の作業で写真が完成する」とのこと。
sallDSC_7722.jpg

撮影時だけでなく、現像時にも必要十分な調整を行うことで、私の下手な写真もなんとか見栄えが整います。このあたりは撮影者のそれぞれの信念やスタンスもあるので参考までに紹介しておきます。

また菖蒲の写真も、ともすればワンパターンになりがちなので、苦し紛れにこんな写真も。
sallDSC_7748.jpg


菖蒲は水田のような湿地に群生するので、水面に反射した姿を撮る事は容易です。
そこに気づくか、それを絵にしてみようと思いつくか、というところでしょうか。
sallDSC_7749.jpg

さて、春に始まり、初夏、梅雨、梅雨明け、盛夏と、花にとってはまさに百花繚乱の季節、真っ盛り。。
マクロレンズを手にしたデジイチ愛好家が存分に、撮影が楽しめる季節ですね。
僕もさらにエビともども、この趣味を楽しめるよう、精進してゆきます。
大好きなことは、たとえ後ろ指差されても人並みでは満足できない馬鹿ですから(笑

たくさん撮ったのですが、もうひとつ代わり映えのしない作品もそれ相応にあるのでこれぐらいで。
sallDSC_7772.jpg


スポンサーサイト
[ 2009/06/13 18:20 ] My Photo | TB(0) | CM(6)

>マッキーさん

>>今のところ撮影後の加工は念頭に置かず

それでよいと思います。私も当初はこんな世界があるなんて思いもよりませんでした。

撮って取り出しは、より向上を求めてゆけば、必ず壁に当たるはずです。そのときに、はじめめれば良いと思います。
課題意識を持って取り組むことはいずれの世界でも当てはまるものですね。お互いにがんばりましょう♪ 若輩者ですが、対等にお付き合い頂き、ありがとうございます。
[ 2009/06/14 12:51 ] [ 編集 ]

水面写りこみの画を見て思わずにやりとしてしまいました(笑)
自分は今のところ撮影後の加工は念頭に置かずその場の撮影に専念します・・・まだ基本の段階だし経験も浅いですからね♪
>腕を上げて・・・
これ以上下がりようはないですから(爆)・・・お世辞抜きでほめていただけるミラクルショットを狙わなきゃ!?(笑)
[ 2009/06/14 10:14 ] [ 編集 ]

>イシャエビさん

わーい、楽しみですね!
[ 2009/06/13 21:20 ] [ 編集 ]

今日はアクアリストしていましたが、明日当りはカメラマンに戻ろうかと・・・(爆)
バラと花菖蒲求めて、出かけてみますか
[ 2009/06/13 21:11 ] [ 編集 ]

>シゲルさん

なるほど春先からマクロが注目を浴びているということですね。
花の群生を捉えたものも、接写も、どちらも魅力ですよね。
単体5倍接写ですか!それはまたすごいですね。たかそー!

接写はそれなりにSSの確保と紙のように薄いピントとの戦いでもあったものが、ISO高感度対応のカメラが増えたので、ずいぶん気軽になりましたね。

リバースアダプタは知っておりましたがかなりマニアックな世界でもあるようですね。カメラ本体との愛称(測光機能や露出機能)がノーマルと同じように使えるのでしょうかね?これについては詳細がわかりません。

静岡の自然、季節はいかがでしょうか。お子さまたちとのコラボ写真を楽しみにしております!
最近、マッキ-さんが腕を上げていますね。とても楽しみに拝見しています。
[ 2009/06/13 19:33 ] [ 編集 ]

こんばんは。この季節,中古市場でマクロレンズが品薄になるそうですね。最近,リバースアダプタに興味を持ちました。ニコンには純正であるそうですね。しかも後玉を保護できるようにフィルターを付けられるようにするリングもあるのだとか。キヤノンには倍率5倍の高価なマクロレンズがあるのですが,(使いにくいけど)工夫すればこれに対抗できるマクロが実現できるのではないかと,いろいろ調べています。
水槽にカメラを向けると反射した像が邪魔ですが,水面に写った像はうまくやれば作品になるんですねー。
[ 2009/06/13 19:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/176-d423bdb2