FC2ブログ

PAGE TOP

検討の余地あり シャッターの押し方

さて、よくぶれてしまう方はいませんか。
最近、おぼえめでたき方がカメラを入手されましたので、もっとそそのかす必要があるので、こんな記事を書きなぐっています。

シャッターボタン編

シャッターは、何気に、ぽちっと押してしまう方がいるのではないでしょうか。
この押し方一つで、カメラごと押し下がってしまうことを想像してみてください。

「まさかー」と思う人がいると思います。

さてそのまさか、がおこってしまうと、ぶれの原因になることはご存知でしょうか。
一瞬、夢中になっているので気が付かない方も多いし、日中、十分なシャッタースピード(以下、SS)が出ていると、その押し下がるスピードを超えてシャッターが閉じると、ぶれません。
しかし、シャッターをきる瞬間のレンズのサイズ分の1秒を下回っていると、ズレルスピードがSSを上回ることでミリ、ミクロンの世界で、ぶれが生じます。
そうなると、以下のような深刻な問題が発生し、
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/HONSHI/20090427/169454/
なんとなく写真がすっきりしない写真に仕上がったり、ぼんやりした写真になってしまう確率が上がります。

問い「どうすりゃいいの?」

答え「修行です。」

ブレーキの遊びなどとよく言いいますが、シャッターにも、完全にそこにきたら、電気的にカシャッ!と落ちるポイントがあります。押し始めたと同時にシャッターが下りるわけではありません。
ミリ単位の世界のお話。

撮影の瞬間をよーく想像をしながら、
シャッターボタンに指をかけ、
ゆっくりと押し下げ、
あるとこににきたらカシャッ!と落ちる。。

すーっと息を吐きつつ(ここは人によってかも)押し下げ、カシャッ!という直前を感じてください。


かまえ編

カメラを持つときはいかがでしょうか。
脇は閉まっていますか?
ゴルフをやる方は、構えが上手ではないでしょうか。
えっ? 違いますよ? はい、違います。

でも、エアーゴルフで
クラブを構えてみてください。そのままカメラを持ったとして脇を閉めた状態のまま
ひじを曲げ、目の前に(エアー)カメラを構えてみてください。
はい。それが基本のカメラを持つ構えです。

ゴルフでは、それができないと、安定したスウィングができませんね。
カメラも同様かもしれません。

しゃがもうと、中腰だろうと、背伸び、斜め上に、下にであろうと、この基本の構えができるとことで、成功率が上がるはずです。

シャッターを押す瞬間まで気を抜かない。

これが大事ではないでしょうか。
そうすると。。レンズが示す?mmというサイズの半分のSSで
夕方、日陰でもシャッターが切れるようになります。
望遠、マクロでは。。。さらに難度があがります。
修行だ?!!!!!!

撮影での成功率を上げるためには、
カメラには、抑えていかなければならない、
数多くのポイントが存在しているようです。

質問)
手ぶれ補正の機材を購入すればいいじゃない!
答え)
はい、そのとおりですね。ぜひ購入して 楽しんで下さい。



呼吸編

撮影時、撮影の瞬間、あなたは息を止めますか?
はい、私は、ゆっくり吐いて、かるーくいきをとめた瞬間、パシャっ!とやります。
脇をしめているので、呼吸による、横隔膜の動きの影響をひじが受けます。
なので軽く息を止めています。。。なんて 理屈っぽいんだ!

質問)縦に構えると、右腕が上がるじゃないか!
答え) はい、上がります。でも練習しましょう。でも縦位置撮影用の電池ケースを含むユニットも発売されています。装備すると、大きく重くなりますが。


((総合まとめ))

がっちり構えてゆったり撮りましょう。
でも、上に書いてあること、すべて手持ち撮影の場合の話ですよーー。

三脚に縛られない。。自由な角度、高さで撮影できる手持ち撮影を極めましょう!
スポンサーサイト




>シゲルさん

さすがきちんとシャッターを考えていますね。
このあたりの特性をきちんと考えているか、カメラ任せかで
写真の成功率が変わりますね。ある意味、コンデジのほうが
カメラまかせという意味においては優秀なのかも知れません。
デジイチは、撮影者が意図的に撮影しないとうまく撮影できない分、そこからの広がりが大きいのだと思っています。

ISO,WB,絞り、SS、構図、露出補正、構え方、SBへの配慮、交換レンズワーク。。そして現像ソフトのマスターおよびモニタのキャブレーション。。たくさんハードルがありますが、一個一個、研究しながら、進歩、上達の道があるのですね。
ファイトが沸くってもんです。
[ 2009/06/05 20:00 ] [ 編集 ]

こんばんは。
今のところ静物よりも,娘やエビといった動きものが多いので,
動きを止めるシャッター速度にカメラブレ分を加味して
短いシャッター速度を設定できるように心がけています。
確かに,必要以上の力でシャッターボタンを押す必要はないんですよね。
電気的につなげればいいだけだから。ヨメはまだストロークが大きいようです(笑)。
[ 2009/06/05 00:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/169-eaf552d5