PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

赤 マッキ?さんの水槽 明るさ研究

適正な明るさ、適正な色合い。。
写真として露出があっていても、赤色が露出オーバーすることがるようです。
そんな場合はヒストグラムとにらめっこ。

allDSC_9404_20090528230258.jpg

いじる場合は画像の質が落ちないRAWデータで修正するのが基本のようですが、今日はJPGで。
なるべく鮮やか、かつ色の飽和が起こらないように。
allDSC_9406_20090528231127.jpg

せっかく撮影した素材。研究、研究。

ついでにマッキ?さんの水槽も。
縮小画像なので、それほど質の追求はできませんが、これぐらいなら色の飽和が抑えられます。
少々ソイルの黒つぶれをカットしました。
alltank2.jpg

好みには寄りますが、少々、ハイライト部のトビと、グリーンが眠いので、アンシャープをかけ、暗部のしまりを引き締めることで水草が引き立つようにしました。えびさんのぼやけ方は仕方なし。
こんな調節もあります。司さん、かぶってすみません。
スポンサーサイト
[ 2009/05/28 23:12 ] My Photo | TB(0) | CM(4)

>司さん

そうですね。画像は最終的な仕上りは好みによると思うのですが、色の飽和は誰しも防がなければなりません。
幸い、マッキ-さんの画像はほどほどでしたね。


>マッキ-さん

MSオフィスピクチャーマネージャーは基本は閲覧ソフトなので加工・修正は厳しいはずです。
加工修正は、シルキーピクスなど画像現像ソフトで行うのがよろしいかと思います。私はニコンキャプチャ-NX2というのとで両刀使いです。フォトショップCSなどをお使いの方も多いと思いますが、値段が高いですね。キャノンの付属?の現像ソフトもあるはずですが・・・。ぜひ、入手して研究するのが良いと思われます。


>シゲルさん

詳しくは知らないのですがキャノン5DMarkⅡは優れたカメラであると思っていました。
赤やピンク、白、蛍光色は飛びやすい色なので、それらが主被写体の大きな面積を閉める場合など注意が必要です。全体的な露出があっているように見えても、色の階調が失われている場合があります。それはその色において露出オーバーしている場合です。主体の色をメインに露出をあわせ、それぞれの状況に合わせあとで明るさを上げてやれば解決するようです。デジカメの露出の幅の狭さに合わせた撮影、現像方法があるようです。この点に気をつければ、どのようなカメラでもだめということはないと思うのですが。。。D700でさえこの問題は上記の方法で回避します。
D40は高感度耐性、すなわち高感度でのノイズの低さ、安さの割に写りが良いことで有名ですね。ただちょと色合いが派手に出るように調整されているようです。

いずれにせよ適正なレタッチは適正なモニタ調整の上でないと上手くできないという至極当然な問題があまり話題に上らないのが不思議です。






[ 2009/05/30 00:46 ] [ 編集 ]

こんばんは。赤いバラってめっちゃ難しい題材なんでは・・・
すごいナ。へーじさん,たしかD700でしたよね。
いつかはフルサイズなんて憧れと妄想を抱いてあちこち調べると
5D2って見掛け倒しでショボーンです。カメラとしての基本能力が
全てにおいてD700に負けているそうですね。D700,α900の後出し,
しかも初代5Dの経験があったはずなのに・・・ 塗り絵画像だし。
まぁ,手持ちの機材には満足しているので使い倒すつもりで勉強っす。
※40D買うとき,D40あたりにしとけばよかったカモ。
[ 2009/05/29 22:10 ] [ 編集 ]

あら!?こちらでも!(笑)・・・これ私の写真ですか???
気に入らなかったトニナの根元までくっきり出てますね!
この調整はMSオフィスピクチャーマネージャーでも出来るのかな・・・
[ 2009/05/29 06:27 ] [ 編集 ]

同じ画像でいじると
各々違いが見れて面白いですよね!!!w
[ 2009/05/29 00:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/165-5da306b4