PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

花の練習2 前ボケをいかしての試み

昨日以前の残り分です。中には、神代植物園のものも含まれます。
さくっとご覧くださいませ。

暗かった白を再度レタッチしました。マッキ-さんのモニターではどう見えるでしょうか。
resmallDSC_8891.jpg

*ZeissMP100F2
マッキ-さん、白の諧調は出ていますでしょうか?

smallDSC_8894.jpg
*ZeissMP100F2
自然な、見た目の黄色が再現できているような。。

smallDSC_8898.jpg
*ZeissMP100F2
不思議な植物でした。

smallDSC_8909.jpg
*ZeissMP100F2
なにやら色っぽいね。

smallDSC_8918.jpg
*ZeissMP100F2
このたびのアップの肝とも言えるバラの赤。赤は難しいです。これでも赤がやや飽和しています。
難しいなー。
smallDSC_8928.jpg
*VR70-200
何か、ウサギさんの耳を想像してしまいます。想像力貧困?
主題にクローズアップ、そしてトリミングしてあります。

smallDSC_8931.jpg
*VR70-200
べたですが、花の中心部にピント。前ボケを入れてこんな具合。作品としては平凡ですね。

smallDSC_8944.jpg
*VR70-200
これもそうですが、前ボケを強調して入れてあります。色合いが、初夏を思わせる感じが出ていましたのでアップに採用。

smallDSC_8947.jpg
*VR70-200

こうやって見ると、撮影の工夫以上に、花、それぞれの表情があって、撮影しているときに気が付かなかったことが感じられます。

花の大きさに応じたり、角度に応じて、絞りのコントロールを行っています。
開放で、紙のような薄さの被写界深度を、絞ることで花の表情、角度や種類で変化させたり、ピント位置も変えて撮ったものの中から厳選してみました。今の私の精一杯の写真です。

機材 D2H+ VR70-2002.8G 
    D700+ Carl ZeissMP100F2

*今回はマクロレンズによるものか、そうでないかをお知らせするために写真の下に*で明示しております。参考まで。





スポンサーサイト
[ 2009/05/11 01:17 ] My Photo | TB(0) | CM(8)

おめでとうございます。

道具の使い方をマスターすれば、センスが光るマッキ-さんですから、あっという間に抜かれてしまうでしょう。。

がんばらねば!
[ 2009/05/17 09:52 ] [ 編集 ]

ついに入門致しました♪
まったく使いこなせません(号泣)
機材ではなく腕の問題と痛感しました・・・生意気なレスは控えなきゃ(大汗)
[ 2009/05/17 06:52 ] [ 編集 ]

あらら・・・ちょっと知ったかぶりをしただけなのに見事にリクエスト通りにぃ~(笑)
本当にできるんですね、驚きました!
ただ、基本の写真がきれいに撮れてないとこんなレタッチできませんよね?
それにしても狙っておられるんでしょうが、しべの影がすごくアクセントになって・・・こんな狙いもありですね!

鳥居の画は逆に石の質感を損なわないタッチを本来狙うのでしょうが・・・空の青とのコントラストが見事!
[ 2009/05/11 23:28 ] [ 編集 ]

>マッキ-さん

最初の白のつつじを、もう少し明るく再レタッチしました。
RAW現像なので画質の低下は起こってないはずです。

これぐらいが精一杯かな。これ以上明るくすると、白と美になってしまいます。稚拙ですみません。
[ 2009/05/11 23:14 ] [ 編集 ]

>シゲルさん

ツアイスらしい絵。。私も気に入ってます。でもこのあたりは好みの問題もあるでしょうね。
色のりがどっしりという印象なんです。いつかアップした横浜中華街の春節も、ツアイスでした。
最新のレンズには、デジタルに最適化された新設計のレンズが良いようですが、ツアイスはお構いなしにこういう絵をはいてくれます。ただし、はまった場合という限定がかかるような気もします。
一方、ズームの便利さと単焦点に迫る高画質が売りのニコンのAF-S2.8Gシリーズは、非常に便利かつ、びしっときます。もちろんボケをいかすため、望遠端200mm側かつD2Hです。その300mm相当で捕らえる絵です。さすがに開放では撮影しませんが。。ファインダーをのぞく前に、こういう絵を撮る!と使う画角と絞り、補正値を決めて、さっと撮影するのが通だなーなんて楽しんでいます。

レンズで決まるという意見。いやいや出会いものという意見。しかしながら“人が撮る”という現実。
細かく撮影技術を検証すると、偶発ではない確かな腕(レタッチも含めソフト、ハード)が必要なこともあります。

あるプロフェッショナルには、一本レンズで1年間撮るという人。単焦点の不便さを楽しみましょうという人まで。

シゲルさん、どうする?アイフル♪~
[ 2009/05/11 22:32 ] [ 編集 ]

こんばんは。花相手に大口径望遠という発想がありませんでした。なるほどー。ツァイスの絵,綺麗だナ・・・ い,いや,これはウデのせいだ! レンズのせいじゃないぞ! これ以上レンズが増えるのはいかん。でも,標準レンズがフルサイズ共用版にリプレースされたのは・・・
[ 2009/05/11 22:16 ] [ 編集 ]

>マッキーさん

痛いところをつきますね。
やはり私の現段階の考えでは、デジタルカメラが色と明るさを表現するには、その幅が狭いので、明るい白といのは、階調を失いがちなのです。なので飛んできることを承知かハイライトホワイトをギリギリ少なくし、それ以下で階調を出せれば、マッキーさんの要望がかなうわけです。
ちなみにそれが実現している白が、、
http://blog-imgs-41.fc2.com/u/e/z/uezawaheiji/smallDSC_8846.jpg
このあたりではないでしょうか。
この白を接写で表現しろといわれることは、現段階の私にはやや、荷が重い作業です(笑
[ 2009/05/11 19:39 ] [ 編集 ]

これこれ!
白のクローズアップでは花びらの質感を大切になさるんでしょう♪
でも見た目の花はやはり4枚目あるいは最後の写真のような輝き(明るさ)を持っているのかなと思います。
その明るさを出してしかも白とびではないというラインを狙うのは・・・写真としてはダメかな?(笑)

で、白よりも赤はさらに奥深いんですね♪
私は花ではなくマリーン=黒がうまく撮れなきゃいけないんですよね(笑)
[ 2009/05/11 07:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/152-99d85d31