PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

花の撮影練習 

今日は花の撮影に出かけました。
smallDSC_7385.jpg
さてここはどこでしょうね。
お約束の鏡面の反射像に写る、つつじの赤。。


基本、ズームレンズで撮りましたが、マクロレンズも活用しました。
花の撮影って難しいですが、ファイトが沸くってもんです。
smallDSC_9229.jpg

これはマクロを握れば、だれでも撮れる事でしょう。基本ですが日の丸構図です。やや面白みがありませんね。モデルの花びらもしおれてますね。。
色合いを撮影時、見たままの状態に近づけるためにはアンダー気味で撮影し、レタッチで色起こしをしてやる作業が必要になります。これがなかなか難しいです。デジイチ初期のころは撮って撮り出しのJPEGばかりでしたが、最近は、積極的に、勉強のつもりで、いじっております!

smallDSC_9231.jpg

花の撮影は基本のポイントとして、“しべ”にピントがくるか、もしくは花びらに当てるようですが。。
これもファインダーごしには、正確にわかりづらかったり。。上写真の場合、一番手前の花びらにぱちんときてますね。

今回も、手前の花のボケを取り入れる練習をたくさんしましたが、これがなかなか、なかなか難しい。
適度なボケ、量を考えないと大失敗!!


花とにらめっこしていると、偶然、ミツバチかな?? エイヤっとMFで連射!
smallDSC_9245.jpg

smallDSC_9249.jpg

綺麗には撮影できていますが、平面的でやや面白みにかけるかな。。
もういっちょう?。

smallDSC_9298.jpg
こんな感じが精一杯。
僕としては、もっと幻想的に、前ボケ、背景ボケを生かして、主題の花を引き立てたいのですが、そう都合よく花が咲いているわけではありません。
ある意味、この都合の良いシチュエーションに出会いを求めているような。。

《零れ話し》
撮影中、大勢のカメラマンがいたのですが、年のころ、60過ぎのおじさん。撮影しながら、手を花に差し出して、なにやらやっています。よくみると。。。
邪魔な花を、ボキボキ折って、むしっています。!!!!!!!!!!!!!(音がするんです!)

私、むっとしたので、近くで「まじかよ。。いい年してさー」と、やさしく、力強く、ささやいてあげました(笑

落ち着いて考えると、ややしおれ、すぐに枯れていってもおかしくない花も多かったので、折ったところで大した問題ではないのかもしれません。でも
本当にそういう考えでいいのでしょうか。きっとこういう方は他でも、自分の意にかなうよう、いろいろと自然をいじってしまうに違いないでしょう。他のカメラマンがそれを見て、「いい方法だな」なんて思ってしまったら。。
ガクブルです。

追記
・へーじさんのザクばりの追視にあい、そのおじ様は、逃走いたしました。

そんな、うれしいことばかりではなかった、わくわくドキ!?の半日でした。
スポンサーサイト
[ 2009/05/09 21:03 ] My Photo | TB(0) | CM(7)

あ、言うのを忘れておりましたが。。。三脚使ってません。いつもながらの手持ち撮影ですぅ。
三脚使えば、もっと絞り込んで深く深度が取れるのかな?やったことないですね。。なにせ手持ちばかりで。。これって専門の方からすると手抜きって、怒られるかも~。

今度はISOを上げて絞り込んでみようかな!
[ 2009/05/10 17:39 ] [ 編集 ]

>マッキ-さん

残念ながらあるにはあるのですが、それは、今度はしべだけにピントがきてしまい、全体としては不満な写真でした。接写の場合、ピントの合う範囲が極端に狭いため、どちらかに花びら、しべにピントがあったものが写ってしまいがちです。その場合、構図を変えてそれらしく写すようです。このあたりがまだまだ経験や工夫が足りない点です。

質問の白についてですが、白の色調を変えられるのかということについては難しい質問です。俗に白とびという現象は(曇り空など真っ白に写ってしまう場合)いくら全体を暗く露出をマイナスに補正しても白とび=色データがないという状態です。
明るすぎる光が撮影素子の一つ一つから光データがあふれ出てしまい、まったく色の情報がつかめていない状態ともいえます。
これは厄介で、レタッチしようがないということになりかねません。
この花の場合、白とびを恐れ、白い花をアンダー気味で撮影し、レタッチで明るさを徐々に上げることで白の諧調は出てきます。それが灰色や青混じりの白っぽさなどで陰影が出たりするなど、白い花びら、雲などが持つ、白っぽい被写体がもつ白の諧調が現れるという状態です。

花以外で注意すべきことは風景写真を好む方々はは曇り空を構図に入れない方が多いようです。この強すぎる光は撮影素子ひとつひとつからあふれて、隣に干渉し、隣の撮影素子の色データをも狂わしてしまうようです。よって、私を含めた、多くの初心者の方がこの点に不注意で、全体が白っぽい写真、色抜けしたものに仕上がってしまうことが多いのはそのためです。ときにハレーションというレンズ内の光の乱反射が白っぽくさせることもあるようです。(対策:フード着用、ハレ切り<手や板など遮蔽物で遮光を閉ざす、乱反射を防ぐ効果のあるレンズを使用する>

これらを避けるには、、やはり明るい曇り空を構図に入れないこと、最小限にすること、太陽や強い光を構図内に入れないなどが留意点でしょうか。

かくいう私も修行中の身です。失敗が往々にしてあります。

[ 2009/05/10 17:25 ] [ 編集 ]

3枚目の白い花、しべにピントを合わされた写真もあるのでは?一緒に載せていただきたいですね♪
あと、デジイチの事はわからないのですが白の明るさを加工できるんでしょうか?
[ 2009/05/10 16:29 ] [ 編集 ]

>NAYさん

ありがとうございます。
まだまだ修行がたりないので、自分的には納得がいきません。NAYさんのように美しく、タイミングよく撮れる腕も身に付けたいし、前後のボケ具合をうまくコントロールできるようにもなりたいです。
また適切な絞り量と、絶妙なピント位置。。これらの研究に年単位で没頭しなければセンスだけでは得られない領域があるようです。それだけエネルギーをつぎ込む面白さがると感じております。
[ 2009/05/10 09:35 ] [ 編集 ]

凄く綺麗ですね。
花を綺麗に撮れるなんて羨ましいです。
[ 2009/05/10 08:56 ] [ 編集 ]

なんの、なんの。大丈夫ですよ!
娘さん、つつじともに、透明感あふれて、素敵な写真ですよー!

エビとともに、どんどんやっちゃってくださいねー。
[ 2009/05/09 22:29 ] [ 編集 ]

こんばんは。やっべー。へーじさんのエントリー見ないでウチのアップしちゃったよー。はずかしぃぃ。アフォな大人にはなりたくないですねぇ。少なくとも我が子に見せたくない大人に自分がなっちゃいけないですから! 公園でもいるんだよなー。マナーのなっていないバカ親・・・
[ 2009/05/09 22:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/151-39918f5e