PAGE TOP

定番:ご近所散歩

さて、せっかくの休日。得意のお散歩写真と決め込み、単焦点で訓練です。

単焦点レンズでの訓練は、画角感覚で切りとりするといわれる風景の撮影に素晴らしく有効です。
某ブログで「カメラは難しくない」と出ておりますが、確かにその通りです。一方で、奥が深いものでもあると私は感じております。

まずは花マクロ
smallDSC_8685.jpg

smallDSC_8688.jpg

smallDSC_8705.jpg

smallDSC_8715.jpg
一枚目は我が家の鉢で育った花です。名前は。。。わかりません(笑
一気に春めいて、花々が咲き乱れています。

次に昆虫でもと探し回りましたが、なかなか発見できず、ミツバチ?見たいな物を撮りました。
smallDSC_8702.jpg

普段、バイクや車で疾走する路を歩くと発見があるものです。
smallDSC_8693.jpg

春めいた新緑と高層ビル。
smallDSC_8722.jpg

これからも梅雨、初夏といろいろ楽しめそうです。

使用機材
D700+CarlZeissMP100F2
スポンサーサイト
[ 2009/04/19 20:39 ] My Photo | TB(0) | CM(4)

>シゲルさん

私の言いたいことを、平易な表現をしてくださり、ありがとうございます。
細かいことを言ったらいろいろとあるのですが、要はその時の被写体の光の条件、色合いに対して、ある意味、先回りして、こういう場合はアンダーだな。。こういう場合はオーバー目に補正しようと、「意図通りの写真が取れるように努力している」のです。

アマチュアカメラマンの中には、ひとつの写真で補正値の幅を5段(枚)、8段(枚)と念入りに撮る人もいるようですが。。帰ってから補正すればー?と感じます。

海辺の夕陽や山頂の早朝写真など、許されるものなら行ってみたいものです。しかし極意はご近所にあり!と慰めています。
[ 2009/04/21 22:52 ] [ 編集 ]

こんばんは。カメラは難しく使うこともできるし,簡単に使うこともできる・・・ でも観る者を感動させる写真はなかなか簡単には撮れないってことですよねー。その道にゴールがないところが恐ろしい。まさに底なし沼!
[ 2009/04/21 22:27 ] [ 編集 ]

>マッキーさん

本格的なハイアマチュアな方々の写真には到底及びませんが、風景撮影で学んだことや、マクロ撮影で学んだこと、近所の切りとりで学んだことが相互に生かされていると感じます。

以前ご指摘の通り、日中写真ばかりでなく時間帯の差(早朝や夕方)に着目したり、風光明媚な地方へ撮影旅行するのも面白いと思うのですが、ここら辺がサンデーカメラ親父の限界かもです。でもとっても楽しい反面、すごく疲れてしまいます。どうにも悩ましいです。
[ 2009/04/21 05:50 ] [ 編集 ]

どれも絵にキレがありますね・・・解像度が高すぎるのかな~(笑)
ド近眼の私には実物がこのように見えないのでひときわ心に残ります♪
[ 2009/04/20 22:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/145-8604c113