PAGE TOP

梅林みっけ

いつもと違う散歩道 歩いて2分あたりに梅林をみつけた。目白やそのほか名も知らぬ鳥たちが各々、楽しそうに戯れていた。ぽかぽか陽気に梅の花。鳥たちの鳴き声。さっそくパチリです。

案外、梅の撮影は難しい。引いて撮るとなんだかわさわさ。小さくて梅の花のボリュームがなく、なんだかわからない絵になる。
アップでマクロすると、枝がゴチャゴチャで、背景処理に難儀する。桜はその点、花の量が多くて絵になりやすい。
実際に撮影してみるとわかると思います。
DSC_6524small.jpg
逆光で透き通って見える花びらはキレイだが、背景が。。。背景は青を強調した空に浮かばせたり
、暗い背景を暗色にぼかしたりして、花を強調する。それが、状況によって思うにママならない。

DSC_6548small.jpg
なもんで、別の被写体を見つけ、梅を添え物にするという手に出る。かといって手前の被写体がアンダー過ぎてはいけない…。
背景の明るさが、春の温かみとして伝わるだろうか・・・。

DSC_6541small.jpg
また添え物の梅にピントを合わせ、背景を大きく撮りながら、ボケをコントロールするという手もある。
ピントは甘いが、やや露出過多にして日の光の強さを表現することで、一層の春の陽気が表現できると考える。

なまじ、ゴチャゴチャした誰もが撮っているような絵を作るよりは、添え物としてどう扱うかを考えたほうが、季節感も増し、表現として写真が成り立つ。
へーじが標榜する撮影は、そこにある景観をそのまま上手く切り取ることよりも、その題材を使ってどう季節感や地域のイメージを表現できるか。。ここにつきる。

1枚目の写真では確かに梅である。上手い下手よりも、それ以上でもそれ以下でもない。
2、3枚目になると撮影者の意図、表現力が問われるレベルにいく。そこにきて初めて、写真、作者がなにを伝えたいかという意図を閲覧者はそれぞれが勝手に感じているレベルにいく。
そこにあるもの以上のメッセージを伝えるには、今の僕には荷が重い。

DSC_6520small.jpg
スポット測光で、背景が白飛びすることを恐れずにシャッターを切る。飛んでくれた事ににより、花びらや頭髪のハイライト部が子供の清廉な心を表現できれば良いという思いに近いものができた。


なーんて屁理屈述べましたが、はは結果論だったりして(笑
スポンサーサイト
[ 2009/02/22 14:47 ] My Photo | TB(0) | CM(7)

>みなさま

ここに書いたことは誤解の無いように言っておきますが。。

あくまで自分に課した課題ともいえるテーマでもあります。
けっして写真撮影における絶対論ではありません。

トロンさんのおっしゃてましたように、重要なことは楽しむことです。そう思います。
[ 2009/02/23 01:09 ] [ 編集 ]

>おめでとうございます!!! シゲルさん

わーーーーい おめでとうございます。いいんですよ!こどもはさずかりもの!
うんと腕を磨いて、うんと可愛がってやって、うんとたくさんのお写真を残してください。十数年後、写真を通しても、親の愛情が子供にも伝わりますよー。

奥様、シゲルさん、お大事に!!1
[ 2009/02/22 23:00 ] [ 編集 ]

こんばんは。うーむ,真面目な写真は難しそう。女の子を可愛く撮影する技術を習得したほうがよさそうです。ん?誤解を招く表現??? 実は3姉妹になることが確定しましたぁ。男の子,欲しかったのですが女の子でもいいや。可愛いから! 
[ 2009/02/22 22:57 ] [ 編集 ]

>マッキーさん

そんなに大げさでもないと思っていますが、あくまでこちらの意図があり、言葉を必要としない以上、写真を見る側がいかに感じていただけるか、または感じさせる事ができるかということになろうかと思います。これは、微妙なところですね。

「感じられない感性が無いないから、君はダメですよ!」となれば、それはただの独りよがりでしょうね。謙虚に、いかがですか? という低姿勢でいいと思います。

確かに、風景写真、その幾何学てきな写真、プロが出版する写真集を眺めていると、こちらの感性が試させられるようなものがありますね。
[ 2009/02/22 22:07 ] [ 編集 ]

画が語ろうとしているものを感じ取る感性が見る側に求められるのでしょうか?
言葉を必要としない説得力・・・とてもこの世界に入り込む勇気がありません(笑)
[ 2009/02/22 19:00 ] [ 編集 ]

>トロンさん

全くその通りで! エンジョイしてることがとても大事ですね。なんだか押し付けがましいブログですみません(苦
[ 2009/02/22 17:41 ] [ 編集 ]

2枚目の写真、結構好きですよ。
もちろん4枚目の、髪の感じも。
うちの妻は、ひたすら被写体しか撮りません(笑)
でも、本人が楽しければ良いかなと思います。

[ 2009/02/22 17:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/123-109ecee7