FC2ブログ

PAGE TOP

フィルム写真 F5テスト (アップ写真なし)

本日、まずはF5のテスト。
ISO400のフィルムで雨天の中撮影してみました。<前号の後編です。
シャキーん!シャキーン! と鋭いシャッター音を響かせて安定して取れてゆきます。
間違いないな、こりゃ。
写真はスキャナーがないのでアップできませんが、できあがった写真自体はとても良いできでした。


・近所のカメラのキ○○ラで現像してきました。まずはきちんと撮れているか?
>YES

・意図してアンダー気味(?0.3、-0.5程度)に撮影しましたが、インデックスではまったく明るめに再現されて実写の目安にしかならず。
>インデックスは目安です?。

・一番丁寧で詳しそうな店員に質問。
Q「アンダーで撮影した花の赤がいまひとつアンダーに撮れてないような。。。」
A「フィルムが少々のアンダーの補正では吸収されてしまいます」
 「リバーサルを使うか、ISOの低いフィルムを使うと効果を実感できます」

Q「ランプ焼きの現状は?」
A「ほとんど壊滅状態です。あれば貴重ですね。やはりしっかりと作業してくれるところで現像すると仕上がりが全く違います」

Q「そちらのラボでは、スキャナー読み込み後、補正はしているのですか?」
A「はい、モニターで確認しながら多少行っています」「1000万かけた自慢のラボです。平均的な仕上がりという意味では安定した仕上がりが可能ですが。。個別の状況はには対応しかねる面があります」
へーじ(補正に関しては、なんかうそ臭いな。一枚一枚やるはずないでしょ!)

Q「このコントラストが強い仕上がりは意図的なんですか?カメラのせいですか?」
A「当社では、おおむねコントラストが高く仕上がるように設定しています」
へーじ(なるほど。。そういう仕掛けか。商売上手ですな!)



ある程度、なっちゃんさんから聞いていた話を参考に、確認の意味で、店員に質問したのでした。けっして意地悪な内容ではないはずです。
ご近所スナップには安くて早くて、よいのではないでしょうか。そしてそういう仕上がりなんだと理解して利用すればよいかと。ここいちばんは、なっちゃんさんから紹介いただいたお店に行こうかしら。

心配していた、F5の正常動作確認がとれたので一安心。

最後に、その人のよさそうな博識の店員さんが、耳を疑う一言をぼそり。
「私は、もう、数年来、フィルムなんかやってませんよ。」
???
「フィルムなんか??」

おいおい、そりゃねーだろ。プンプン。
そりゃ、デジタルデータで処理するほうが、ほとんどオートでPCとモニタとマウスで仕事はできてしまいますわな。でもねー、それをいっちゃーね(笑

少ない客数と売れないフィルム、手間のかかる現像処理。いつしか、隙間業界?
結局はフィルムスキャナーで読み込んで、印刷される、なんちゃってフィルム処理。時代の流れですね。納得のいく作業をしてくれるラボを見つけるほうが至難の業かもしれませんね。
なっちゃんさんのお話の真意がようやく理解でき始めました。

あいやー、店員さんのほうが一理も二理もあるのかしらね。。
それでも、おじさんは、フィルムで取る気持ちよさを味わえ、幸せでした。
さあ!明日、日曜はF4の確認作業です。

閲覧者のみなさんは、これを呼んでどう感じるでしょうか
フィルムは終わっている行くのでしょうかね。終わらせたくないなー。
ガンバルゾ!!!!!!!!!!!!!!!!


スポンサーサイト



[ 2009/01/31 20:03 ] My Photo | TB(0) | CM(7)

リバーサルフィルムは、40年以上前に、一回り歳が違う兄が愛用していました
当時のカメラは、たしかレンズシャッター方式のカメラで、F2.0で35mmだったような・・・
[ 2009/02/01 16:31 ] [ 編集 ]

>トロンさん

そういえば、トロンさんのお仕事を存じ上げておりませんでした。
そういう関係のお仕事なんですね。
ほえー! 医療がらみだとできるかぎり正確、明瞭な情報媒体としてリバーサルが必要なことがあるんですね。

takuさんに少々、近づきつつある、へーじです(笑

>シゲルさん

そうなんです。その通りです(笑 さすが理解が早い!
新系統、ぼちぼち順調の様子ですね。血が濃くなってるのか、一般的な系統に比較して穏やかな繁殖スピードという印象です。
大繁殖しても、あとあとやっかいなことにならないといいですね。祈っておきます(笑



>takuさん

そうだといいのですが。。オクなどでみていてもそこそこ引き合いはあるようなので少なからず需要はあると思っていますが、今日出向いたキ○○ラでは、ほとんどフィルム関係商品の動きが悪かったように思えました。ここ何日か仕事帰りによっているのでチェックしておりました。
[ 2009/02/01 00:37 ] [ 編集 ]

こんばんは。せっかくフィルムで撮影しても現像設備がデジタル用でしかも一般&シロウト受けするように補正されちゃう。フィルムを使って意図的な作品を作ろうとする人にはそれに対応した昔ながらの現像設備が必要ってことですね。むずかしぃぃ。
[ 2009/02/01 00:22 ] [ 編集 ]

「時代」なんでしょうね。
でも,少し前よりも若干フィルムが見直されているような
そんな雰囲気も感じるのですが,
実際はどうなのでしょうか。

デジタルを知った今では
フィルムオンリーではやっていけませんし,
かといって
デジタルだけでは味気ない,そんな私です。
[ 2009/02/01 00:09 ] [ 編集 ]

うちの会社の「眼底検査写真」は、
一部リバーサルフィルム撮影ですよ。
現在はデジタルが主流ですが、
眼底出血や血管の硬さまではっきりわかるので、
リバーサルフィルムの方が格段に鮮明です。
ただ、コストはかかります・・・
[ 2009/02/01 00:07 ] [ 編集 ]

>マッキーさん

はい、その通りです。投射機から映し出されたカラーの静止画を子供の頃、ご覧になったことがあると思います。その静止画のネタとなるのものがリバーサルフィルムです。
けっしてホテルはリバーサイドではありません(ww

もう、マッキーさん、仕事一段楽したら、やってください。デジイチ(爆
[ 2009/01/31 20:48 ] [ 編集 ]

リバーサル・・・聞いたことがあります。
親父はかなり使ってましたね・・・色合いがやはり違うといってました。
[ 2009/01/31 20:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uezawaheiji.blog120.fc2.com/tb.php/109-9253029d