PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スノーピーク チタンダブルマグ

スノーピーク チタンダブルマグ 450&300
10057_switch1.jpg

キャンプを長らくやってきて、結果的に少しずつ道具を集めてきましたが、最近、マグカップが老朽化のため次のものへと買い替えを検討しています。

・かさばらなくて小さめ・・・・ 荷物が少しでも助かる
・保温性が高い二重構造・・・1年中カバー
・必ずふたつき・・・・・・・・・・・灰、虫除け、転倒しても被害少なし
・金属製品・・・・・・      熱に強い


今までホームセンターで購入した大き目のマグカップでも問題なかったのですが、焚き火のそばに置くと輻射熱で溶けてしまいだめになりました。

上記の条件をうまくカバーしている商品はスノーピーク商品。

さすがによく考えられている商品なのですが、いかんせん高価すぎ・・
開発費を考えれば仕方が無いでしょうが、もう少しなんとかならんものかね。。
私はピカ厨ではないのでスノーピークにこだわらないのです。手持ちのものでもスノーピークものは少なく、中古品で充分なものばかりです。しかし今回は新品を購入せざるを得ない状況です。。

問題が発生。

すでに生産中止品のようです。まったくもう!!

ネット販売の業者は割引でカタログに載せていますが、ほとんどが在庫ナッシングです。

いやいや探せば何とかなるものです。300mlのものを予備も含めてゲットなり。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/04/29 11:18 ] 旅の道具 | TB(0) | CM(0)

ふんわりと

IMG_5564.jpg


IMG_5586.jpg


IMG_5602.jpg
木漏れ日を浴びたチューリップの撮影を久しぶりにしてみました。


IMG_5613.jpg


IMG_5618.jpg

一年の順繰り撮影をしていると、同じような撮影の繰り返しになってしまいます。
人間はぜいたくなもので同じ刺激に対して、すぐに鈍化してしまいます。ようするに飽きが来ると。。。
関連記事
[ 2015/04/26 21:27 ] My Photo | TB(0) | CM(2)

久しぶりの遠出

車で2時間ほどの遠出。

一度、行ってみたいなあと思っていたところへ。

IMG_5550.jpg


IMG_5529.jpg

IMG_5525.jpg


IMG_5535.jpg


IMG_5539.jpg


どこの地域にも、こういった大きな規模の公園があるものですが、なかなか力の入った海浜公園でした。

海風は冷たかった~
関連記事
[ 2015/04/25 21:13 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

三寒四温

IMG_5511.jpg

このところ陽気続きです。このまま温かな日々が続いてくれたらなあ。


さてスナップ用のカメラを新調しようかと安くて手軽なものを探しています。

おっさんに磨きがかかり大きなカメラはつらいのです。いっそすべて手放そうかね。

数万円で購入できる素晴らしいカメラなんてあるのかなあ。SONYやFUJIあたりかなあ。

なんか刺激が足りないと思う今日この頃。
関連記事
[ 2015/04/16 21:50 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

その名は、風⁈だった。

201504131935573fb.jpg



車検から戻ってきた、愛車のパサート。

昨日、ドイツのフォルクスワーゲン社を舞台にしたある本を読んでいたら、パサートの意味が載っていました。
まあ、どうでもいいことですが。

特に変わったわけでもなく、至ってスムーズ、パワフルな走り。
ゴルフやビートルに比べ、静かで気持ち良く欲しいパワー、必要なブレーキングを思いのままに提供してくれます。

これからも宜しくな。
関連記事
[ 2015/04/13 19:45 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

春ですな

IMG_55814.jpg

久しぶりすぎてカメラが重い。。。

こんな日は昭和記念公園でも・。。。
関連記事
[ 2015/04/12 09:31 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

またいつか

IMG_5478.jpg

日本の卒業シーズン、お別れシーズンは3月、心機一転のスタートは4月。深くは考えたことはありませんが、いつからこういう風習なんでしょうかね。


さてほったらかしのブログも寂しい気がしますので無理やり記事を書きました。

しばらく愛用した青サブ。青いような紫色のような艶かしい輝きを放つ時計としばらくお別れです。


私にはうすケタ青い輝きのアンティークな青サブのほうが似合うような気がします。(あはは?)なのでこちらは残留。

だけども眩い輝きを放つ高級時計は数知れずあるようですが、艶かしい輝きを放つと感じる時計にはあまり出会うことが少ない気がします。
右から左へと流れていった腕時計。。残留を決めた手元の時計の中でも、青サブは異彩の輝きを放っています。


通勤電車の中では、有楽町の標準装備か!?と突っ込みたくなる黒サブをよく見かけますが、2度ほど手にしたあとは欲しいとも思えません。


妖しく輝く青サブは、その濃い青紫の光彩に気遅れする輝きでしたので悩んだ末、私の手元から、次なる主の下へと去っていきました。またいつかお会いするかもしれませんが年齢的には、もうないでしょう。

時計ブログではないので能書きはなし。

また素敵な時計が現れたら、ドラフト会議が開かれることでしょう。。。
関連記事
[ 2015/04/01 22:08 ] My Photo | TB(0) | CM(0)