PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久しぶりの

このところ天候やスケジュールが合わず、キャンプもろくに楽しめない日が続いていました。

今週も体調がすぐれず、どうしたものかと思案しましたが、思い切って行ってみることにしました。

ダメなら寝ていればいいやと。

20131116-DSCF1196.jpg

樹海方面を走り、本栖湖を眺めます。いつもの定番コース。


20131116-DSCF1198.jpg

目的地に着きました。

カメラはスナップで愛用しているX10。今となっては古いカメラですが、別段、気にもしません。

ダイナミックトーンの乱用です。派手に映るので、現実よりも鮮やかです。

20131116-DSCF1207.jpg


20131116-DSCF1213.jpg


20131116-DSCF1215.jpg


途中、力尽きて寝ていましたが、むっくり起きて活動再開。

20131116-DSCF1229.jpg


20131116-DSCF1230.jpg


20131116-DSCF1261.jpg


20131116-DSCF1269.jpg


20131116-DSCF1277.jpg

高感度に弱い、X10なので、ざらついた画像はごめんなさいです。

たまたまですが、この日は、お月さんが富士山の真上に差し掛かる日だったみたいです。

多くのカメラマンが、複数の三脚で場所取りしていました。見ていてあまり良い気持ちはしませんでした。


久しぶりのキャンプは最高に気持ちが良かったです。

20131116-IMG_4064.jpg

恒例の夜間撮影もしておきました。

寒くないかなと思いましたが、やはり寒いです。

20131116-IMG_4068.jpg


do20131117-IMG_4082.jpg




ちょっとくさくさした気持ちも晴れて、行ってよかったです。




*「あやしうこそ ものぐるほしけれ」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1476538809
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/11/17 18:44 ] キャンプ | TB(0) | CM(12)

淡い記憶と淡い夢

20131111-DSCF1191.jpg

仕事の関係で静岡へ。
わずかな合間を縫って、数枚の撮影


非常に疲れたのか、久しぶりに首、背中が痛いです。
肩こりとかにならない体質なのですが。


ロマンスカーで帰京し、帰り道にふらりと香水を眺めてみました。

良い香りだなーと数種類嗅いでいたら、何が何だか分からなくなりました(笑


そういえば、20年近く前に、香水を頂きました。青い小瓶のSAMURAI??だったかなんだか。。。
プレゼントしてくれた方の言葉を思い出しました。

「香水で違う自分に生まれ変わるんです」

ホンマかいな?


帰宅後、洗濯物の匂いをかいでいたら、いつのまにか眠ってしまいました。
とても良い夢を見た気がします。
関連記事
[ 2013/11/13 08:53 ] My Photo | TB(0) | CM(4)

ありがとうの歌


<削除を避けて動画と歌はあまり関係ないようです。>
V6 「ありがとうの歌」


みなさんは、周囲には、心配をかけていませんか。


「みんな、真剣に考えてくれていますよ」

こんな一言に気づかされることもあります。



この歳でそんなキャラだっけ、と自覚がいまひとつありませんでした。

そういえば、、、という場面が思い起こすと多々あります。




いつも逆だったと思っているのは、おそらくは慢心。

いつだって人は支えあうもの。こんな簡単なことを忘れてしまう。。。

誰かが一方的に誰かを支えていると感じていたり、そう思っている間は、周囲の心はわからない。

特にリーダー的な存在の人、そういう役割の多い人はいるでしょう。


でもいつ何時、周囲から支えてもらわなければならないときも来ることもあります。

怪我、病気、家庭、仕事上の難題といったトラブルやミスを犯した時でしょうか。

そんな時、気持ちよく人の支えを、受け入れて行くことが大切かもしれません。

エネルギッシュで元気がよく、周囲をひっぱていると思いがちな人にこそ

こういう時が来るものです。

自分ひとりの手に負えない問題が起きていることを早く自覚し、意地を張らずにヘルプをだしましょう。

どんなピンチの時でも、変わらずに、笑顔を送ってくれる人を、ひねくれた気持ちを厳しく叱ってくれる人を

言葉にできずとも、遠くから見守ってくれる人を

生涯、大切にできたら、それは素晴らしいことです。



遠くから、近くから様々な人が、それぞれの立場で考えてくれています。

がんばり屋ほど、周囲の気持ちに気づきにくいのかもしれません。

近くにいる人の声が、私を、あなたを救うことが必ず、あります。




こういう状態になってはじめて私も、時間をかけてたどり着きました。


うーーーーーーーーーーーーーーん。

これは、どうしたものか。



私が周囲をケアするときは、笑顔で素直にヘルプやケアを受け入れてくれている人は、こちらとしても
受け入れやすい。これがヒントかな?

意地を張らず、プライドで壁を作らずに、素直に


「ありがとう」


これですね。

問題に対する見解を伝え、解決に当たり、一致した認識をもち、解決に向けて共同して動き出しましょう。

もちろん、文字に起こせるほど簡単なことではありません。


問題を乗り越えたとき、私やあなたの成長と深い信頼がきっと残るはずです。
関連記事
[ 2013/11/04 20:49 ] その他 | TB(0) | CM(2)