PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大きく息を吸って、元気を振り絞れ!

生きること、


なぜ?


疑問に思うこともあるかもしれない。



さあ、足元、まわり、家族や友人をみまわしてごらん。


我が子の優しさ、友人の屈託のない笑顔が

路をゆずってくれた見知らぬ人が

いらっしゃいませ、ありがとうございましたと言う店員さんが


輝いて見えます。


私も、あなたも、我が子も、愛すべき友人も

見知らぬ他人も、店員さんも


みな、懸命に生きているんだ。

気づくんだ


悲しみ、問題は、みんな懐に抱えて生きている

けれど、素晴らしい自分になりたいと、

素敵な明日を願っているんだ。


どうしようもなく、歪んでしまった奴もいる。

忘れちまっただけなんだよ。



せめて、自分は、あなたに出会えて良かったと思える人間になろうよ。

人の評価なんて気にしない。

満点を目指す必要もない。

毎日、思い出す必要もない。

ふと振り返りながら、今日も良い一日だった、


それでいいじゃない。







君のために、

何ができるんだろうか。


ポーズなんていらないんだ。



大丈夫ですか?

そんな言葉は、大丈夫じゃない人にしか向けられないし、

そんときには、役に立つのかなあ。

決まってさ、「大丈夫です」が、返ってくるよ。

聞こえよがしに言ったって、私って良い人に見えるかしらってセリフと変わらないよ。


自分が一番可愛いなら、それでもいいじゃない。



本当の人間は、我が身を捧げる喜びを知ってるんだよ。

時間、手間、お金。

どれも大事だよ。


もっと大事なことは

それらの使いどき。



大切な君のために

考えに考えてみたんだ。

たいしたもんじゃ、ないけれど

今できる精一杯なんだ。



伝わるのは、心。


使ったはずの貯金は、

君の心に利子がついて、かえってくるんだ。

君の笑顔とともに。





傷つけるより、傷つけられる方が良いって、

武田鉄矢も歌ってたね。

つい、やっちまうこともあるさ、人間だもん。

そんときゃさ、くよくよしないでさ、さっさと謝っちゃいなよね。

ごめん、悪かったって。


言いにくい?

手間のかかる奴だなあ笑

しゃーねー、いっしょに謝りにいこか。

ホントに反省してんのか、てめー。
逆の時は、すぐに許してやれよ、約束だかんな。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/10/28 23:22 ] その他 | TB(0) | CM(4)

出会いと別れ

泣いたっていいんだよ。

思い切り泣いたら、また足を進めよう。

ちゃんと地球は回る。明日だってやってくる。

人の歴史は、時間だけじゃない。密度も大事だよね。

別離を嘆くのは、それだけ情熱を燃やした証。

遠い空のどこかで きっとまた新しい出会いを楽しんでるよ。


いつか来る別れは、突然やってくることもある。

なんどもそういうことがあるもんではないけれど、

そういうこともある。


悲しみ、苦しみ乗り越えて そうやって人は年輪を重ねてゆく。


新しい出会いに胸躍らせた日を思い出してごらん。

共に歩んだ日々を明日へのエネルギーにしてごらん。

新しい出会いが手招きしてるよ。



1,2の3

ほら、また、近いうちに新しい笑顔が出るよ。






どんぶ~2
関連記事
[ 2013/10/22 22:36 ] その他 | TB(0) | CM(5)

Celebration

20131020-IMG_1294.jpg

思わぬ祝福を受けました。

サプライズのつもりのようでしたが、私は?? 何が起こったの?状態。

しばらくして再起動。

照れ笑い。

照れ隠しに写真を撮ります。何枚かのうちの数枚。アイフォンって便利ですね。

20131020-IMG_1439.jpg

雨の中、心は晴れやか。快晴。

20131020-IMG_1762.jpg

うーん、おじさんには、ギャップは似合うのかしら??

「葉月さんには、40代はおじさんじゃないですよ」と励まされていますが。。。

あたしゃ、おしゃれオヤジを目指しているでもなく。。。

気持ちだけ、ありがとう。。で、許されるでもなく。。

ダウンベストを頂きました。本当に感謝感激です。

110センチの胸囲には、まるで仮面ライダーのような、熊のようなおじさんのできあがりでした(笑

おかえしどうしよう。。。






人に元気を分け与えるとは、言葉は簡単なようでいてとても難しいです。

その言葉を選び、悩んで、今精一杯の誠意を相手を思いやりながら言葉で示す。。。とても大変な作業です。

サラリと軽やかにやってのける印象の方もいますが、

よくよく考えれば背後にある逡巡を思い、その真心に心を打たれます。

思いやりの達人は、なんてすごい人たちなんでしょう。

もはや言葉を超えてゆく。。


言葉って大事なのに

軽口も叩けますし、冗談も、傷つけることも、病気にさせてしまうことも

そして愛をささやくことも。。

その背後にある、心がたいせつなんだなあと改めて思います。

でも、いつもいつも、そんな過敏に心が働くことは難しいものです。



おどけて見せる、から笑いをして元気な振りをする。。

そんな思いやりに気づかないふりして、気づけるおじさんですが、

案外、やっちゃってます(笑


疲れてしまいますよって言われ、ドキッとしたことがありますから。

思いやる心は、いつでも引き出せるように一番、近い引き出しにしまっておこう。


全てを大事に大事に生きてゆくことは難しいものです。

いつか、誰かが、どうも元気が出ないときは、私の番です。

今までありがとう、これからもありがとうの思いを込めて。。

関連記事
[ 2013/10/20 21:10 ] My Photo | TB(0) | CM(2)

また、ひとつ齢をかさねて

3788077897_2e650bc29b.jpg


お誕生日を祝いましょうという話ではありません。

しかしながら一年に一度、この日がやってきます。

覚えやすいゴロが自慢だった子ども時代。

貧乏だったせいかケーキが目の前に並んだ記憶はあったようななかったような。

まあ、それはさておき。

区切りを自分につけながら前進です。今日はそんな気持ちを綴ってみます。





今日は以前に勤めた会社に足を運びました。

馴染みのお客さんがたくさん集い、再会を喜び合いました。

今更、なんだか気恥ずかしくて隠れてたんですが笑

見つかってしまいました。

思い出話に花が咲き、あれやこれやと立ち話の輪が広がって、あっという間の一日でした。


私自身、今、悩みの中にいます。

少なからず力になってくださる仲間がいます。

老若男女問わずに、支援して頂き、嬉しい限りです。

今日の集まりで、また一段と勇気と元気が湧いてきました。




今の仕事が好きです。

この人と出会えて良かったという仲間に囲まれて、私はとても幸せな気持ちでいっぱいです。

現実は厳しいことがあって当たり前ですが、独り踏ん張るのではなく、素直に助けを求めながら、協力を仰ぎながら問題解決に向けて前向きに進んで行くことの大切さを改めて教わりました。
また、肩の力を抜きながら、対処していくことを教わりました。


思えば、歯を食いしばりながら、絶対、弱音を吐かずに頑張るとか、このピンチは、ひとりでなんとかしなきゃ!と考え、実際、今迄は、それで何とかしてきた歴史ばかりで始末が悪かったのでした。


体力に限界があり、ともなって気力にも限界があります。
その現実から目を背けていてはいけないんだと教えられています。
失敗を隠したり、大きく見せようと見栄を張ることから解放されつつあり、その分、仲間を信頼する大切さを改めて教わっています。

<遠くで何食わぬ顔しながら、恩師が心配そうに見つめています。 すみません。。>

でも、いま仲間と共に必ず、抜け出します。

ゆる〜り、ゆる〜り、仕事に向かうこと。

仲間を信頼して任せること。

自分が出来ないことがあって、まずは認めること。

責任回避はせず、私にではなく、我々にあると認識すること。




キリがないですが、これらは私の誕生日に相応しい、次へのステップのプレゼントです。

お金では買うことが出来ない真心からのプレゼントです。

そう思えるようになった自分に


「 誕生日おめでとう‼︎ww 」
関連記事
[ 2013/10/20 07:12 ] その他 | TB(0) | CM(4)

師弟の絆

この日、長い1週間を慰労しようと一人居酒屋をしています。

見た目と違い、大酒のみでもなく、居酒屋のメニューが、炭水化物の除去食として私が勝手に認定しているからです。

20131018-DSCF1184.jpg

夕食を済ませ心地よく、帰宅しました。


さて今日は、敬愛する師匠のことに触れたいと思います。

このブログでも、最近、「恩師」という言葉で登場する方です。

やや男くさい話になるかと思います。


師匠と出会ったのは、確か20年ほど前でしたか。当時の職場での出会いでした。
風貌はまるでやくざかいなという風貌で、プロレスラーのような大きな体格の方でした。
孤高の方で、ほとんど周囲と交流らしい交流がないようにもうかがえました。

その方の後輩でもある別の先輩が私をよくかわいがってくれました。
私の職務遂行上での一人立ちを陰で促してくれていた先輩でもあります。
この人も忘れがたき、先輩です。
当時、この3人でよく飲み明かしたことを思い出します。

当時、師匠なんて到底思えず、ただ怖い先輩でした。難しい顔で睨み付けるし「しゃべりかけんなよ」オーラ全開の方でした。
仕事で懸命に努力していても、すべて見透かされているような、ちらっと見られただけで意図や考えの浅さを見抜かれる恐怖はいまだに思い出します(笑。トラウマではありませんがw

この二人の先輩にいつしか憧れ、追い越せ、追い抜けと(到底、無理なんですが)
獅子奮迅の努力が、今の私の屋台骨です。
後姿から盗んで、学ぶという古来からの方法です。2人の師匠が私の技術的な進歩を促す牽引でした。
とにかく対照的な2人から学んでいく中で、自分の技術が向上したり、目覚ましい結果が出てくることに歓喜しながら走り続けていました。まるで馬の目の前に人参をぶら下げたように走りっぱなしでしたから。

当然、憧れますから、スタイルが似てきます。
いつしかおっそろしい顔で、腕を組み(私も実は体がそこそこごついので)周囲の人から少し怖がられるような存在になっていったのかもしれません。屁理屈、能書きを口にする方々に対して、陰に陽に非常に攻撃的だったような気がします。とにかく突っ張って、俺様状態でもあったことを深く反省するところです。


最近になって当時の後輩(今は私よりも重責を担う方です)と飲みましたが、
「あの当時は怖かったし、今こうして二人で飲めるなんて夢にも思えなかったです。話しかけられただけでも驚きでした。時間は人を変化させるんですね」と述壊していました。もちろん謝り倒しました(笑

いろんなことが様々ある中で、このままではいけないと思い当たり、現在の私を構築していきました。
こだわりが薄れ、一人突っ走ることもなくなっていきました。まだその傾向は取り切れていないのですが、そのことを指摘してくれる仲間に感謝しているところです。

年齢を重ねることもそうでしょうが、病気をしたことも大きな要因かもしれません。
関わり合う人の気持ちをよく理解しないとうまくいかないことが多くなったり、キャッチするアンナテの性能がもともと良かった??ことも挙げられます。

また、その後、職場の異動で様々な天才と出会います。まったく自分とは違う経験、物事を見る観点や技術を駆使する姿に学ぶことも多かったような気がします。環境と新しいで出会いの中で、昔の方法とは全く違うやり方で、新しい時代に対応した、でも昔と同じレベルで結果を出せる自分への挑戦が始まりました。



恩師の話に戻ります。

最大に尊敬していた恩師とは、当時の職場を離れる際にもめてしまったことがあります。
人の気持ちを、良いように利用するなと詰め寄ったことがあります。
「私たちは、あんたのしたいことをするための駒ではないんだ!」
もちろん、弁解、弁明などする人でもなく。。。

それっきり10年ほど、恩師とは疎遠になりました。


現在の職場で十数年ぶりに再会をしました。
すっかり変わってしまった恩師の姿に驚くきました。定年間近な恩師でした。
それなのに半年、まともな会話もなく時間が過ぎてゆきました。

私以上に喧嘩っ早く、怖くて、くだらない奴は相手にしないという後姿を見てきた私から見て、恩師の変化は驚愕でした。
柔和で、若い方にも優しく、昔では考えられないような下働きをしている姿を目の当たりにして、何度も涙しました。絶対にすることのなかった仕事を自ら率先して取り組む姿に何度も涙しました。

言葉はいらない、ただその姿が、あなたの答えなんですね。

あるイベントが終了し、その反省会に出席しました。私自身、かなり厳しい状況があったのですが、別の後輩の心遣いのおかげで出席がかないました。<ありがとう


そこには、痛風で痛んだ足を引きづりながら参加している恩師。
普通なら挨拶だけで終わっても良いレベル。中心者の労をねぎらうために無理しての参加のようでした。
大酒をかっくらい、フラフラになりながら言葉少なかった恩師が、目の前でウーロン茶をすすり、イカやヒレをあぶり、若者に配っていました。「お茶、うまいねー」「酔っ払ったら、酒でも水でも一緒だからなあ」

「もういいです、やめてください。わたしがやります」
なんども心の中で叫び、私がやろうとすると、遮られました。

恩師の心がわかり、10数年の隔たりは一気に超えて、あの当時と同じ時間のようでいて全く違う時間が瞬く間に過ぎてゆきました。恩師はやはり恩師です。今どきの若者は当時の恩師を知りません。ただのすごいおじさんとみているのでしょうか。時折、生意気な、失礼な発言ともとれる言葉が耳に入ってきます。
私の表情の変化に気づいた恩師が言いました。

「だんだん年取れば、気にならなくなるもんだよ」


早めに帰路につく恩師をエレベーターに乗せ、最大限の礼節をもって見送りました。

この話を読んで、ある人はこう思うかもしれません。
「頑固おやじが、歳食って、丸くなっただけでしょう。」

そうかもしれません。



多くの言葉は必要ではなく、その後ろ姿から学ぶ。

最後まであなたは、私の最高の師匠です。最後まで。

あなたから、お前は俺の弟子だ!なんていわれたこともありません。

だけど、あなたは私の師匠です。

真の弟子とは、後継の異名です。

私はあなたのように器も能力もありません。あなたのように偉大な人にはなれないですが、

あなたに誇れる少しの仲間がいます。助けてもらいながら頑張っています。


小さな小さな人間ですが、でも師匠の後姿から、もう少し、勉強させてください。
関連記事
[ 2013/10/19 07:24 ] その他 | TB(0) | CM(2)

秋の夜長と雑感

いつまでも考えていても仕方がない。。。

支えてくれる人々に感謝と笑顔を忘れてはならない。。

人事を尽くすのみか。




さて休みのうちにやるべきことをやっておこう。

20131013-DSCF1176.jpg

鴻巣で免許の更新。ゴールドだった。。。(嘘っぽいですな。

キャッシュカードの更新でいくつかのカードが送られてくる。

車の保険の更新手続きも行った。

海外からの友人からの荷物も引き取りにいかなきゃ。

現実は矢のように過ぎ去ってゆく。。



20130928-DSCF1127_201310142328587b4.jpg
キャンプ場での一コマ。

だんだんと夕暮れてきた。夕日の照り返しを受けて色づく荒船山。


20130928-DSCF1135.jpg

陽が落ちて旬を逃した夕景。


上の2枚は、いずれも、遅かれ早かれ旬、タイミングを逃した写真です。

都会では、ビルの谷間から見え隠れする夕景ですが、山ではすっかりと自然の中で堪能できます。

良い、悪いを評価するのは、見たものの考えであり、印象。

太陽は悠然としています。

どんなに雲で覆われていても、焼けようが焼けまいが、あの雲の上では、全世界を灯す太陽があります。

遠くに憧れてつけた名前。「あの雲をこえて」

真意は上記のとおり。




大きく深呼吸。倒れそうになっても、こけそうになっても

躓いても、決してくじけずにいこう。

できれば、嘘笑いはしないでおこう。




そういや最近、また太ったのでしょうか。

体重は確実に減っているのに。。90弱→75kg

服が突っ張って仕方がない。

110センチ。。いったいどこの寸法だ??笑



最近、涙もろくなりました。

恩師の姿に涙し、

人の優しさ、温かさに触れ、文字通り、「有難さ」に感謝する。

小さなメモ書きの数行の感謝の言葉、文字に感じる心遣いに感動する。

冷酷な独りよがりの激情に触れ、その情けなさに落胆する。

映画を見て、ミュージカルを見て。それらを思い出して。。。


年を重ねると涙もろくなる。。。。と人は言うけれど

こう思うようにしています。

「経験が増し、他者の痛みや苦労を我が身のように感じてしまう感性の感度が上がるから」と。

姉貴はいいます。「老化のせいだよ」とバッサリ(笑

老化していることは、確実です。


そして、へーじおじさんは、明日を行く。。。一日、一日を精一杯に。









Mr.Children Sign 歌詞

届いてくれるといいな
君の分かんないところで 僕も今奏でてるよ
育たないでしおれてた新芽みたいな音符(おもい)を
二つ重ねて鳴らすハーモニー

「ありがとう」と「ごめんね」を繰り返して僕ら
人恋しさを積み木みたいに乗せてゆく

ありふれた時間が愛しく思えたら
それは"愛の仕業"と 小さく笑った
君が見せる仕草 僕に向けられてるサイン
もう 何ひとつ見落とさない
そんなことを考えている

たまに無頓着な言葉で汚し合って
互いの未熟さに嫌気がさす
でもいつかは裸になり甘い体温に触れて
優しさを見せつけ合う

似てるけどどこか違う だけど同じ匂い
身体でも心でもなく愛している

僅かだって明かりが心に灯るなら
大切にしなきゃ と僕らは誓った
めぐり逢った すべてのものから送られるサイン
もう 何ひとつ見逃さない
そうやって暮らしてゆこう

緑道の木漏れ日が君に当たって揺れる
ときの美しさと残酷さを知る

残された時間が僕らにはあるから
大切にしなきゃと 小さく笑った
君が見せる仕草 僕を強くさせるサイン
もう 何ひとつ見落とさない
そうやって暮らしてゆこう
そんなことを考えている

関連記事
[ 2013/10/15 00:06 ] My Photo | TB(0) | CM(2)

秋祭り。

みなさんも楽しんでいることでしょう。

20131013-DSCF1172.jpg
X10での望遠撮影。手持ちです。
おそらく、さいたま新都心方面の荒川土手かな??

20131013-DSCF1174.jpg
ぼけてますが色がきれいなので。

20131013-DSCF1180.jpg

あなたの街からも、私の街からも、君の街からも、みんなの街から
きっと見えていることでしょう。
関連記事
[ 2013/10/13 20:51 ] My Photo | TB(0) | CM(2)

MY FAVOURITE THINGS

好きなもの、道具に囲まれる生活に憧れますね。。。
虚実入り混ぜて。。。


ipad.jpg


psart_201310062156516d1.jpg


vapalux_m320_brass1_20131006215656bcf.jpg


fujika_20131006215653dd8.jpg


nata1_20131006221824b92.jpg


DSCF3299_201310062223488fe.jpg


takei_20131006215655662.jpg


iPod Photo


o0403031610275886310.jpg


pic.jpg


pref20.gif



saved_quote_image_35503.jpg


tudor.jpg


in3_as8.jpg


hitorigoto-x10.jpg


heaven6_1_20131006220022077.jpg


bl149_im.jpg


20090716000127.jpg


161-1.jpg


sony2_09.jpg


autocamp.jpg



ipod_nano.jpg


131598_m.jpg


男はいつまでも夢見る子供でありたいものです。

本物、素晴らしい道具が放つ輝きにあこがれますね。
関連記事
[ 2013/10/06 22:01 ] その他 | TB(0) | CM(3)

大自然の中で

20130922-DSCF1064.jpg

このところ、天候が悪く残念です。

ようやく微熱もおさまったようで、今朝は体がだるくありません。

長野に行きたいのですが、天候、体調を考えると、休み時ですね。

そろそろ山の上では、寒さが厳しくなり始めるころです。




何が悲しくて、そんな寒い所に行くの?と聞かれます。

「寒いからこそ」味わえる自然の美しさ、温かさがあります。

寒風に耐え、じっとしているときにこそ、自分に向き合える時もあります。

人間の生命の状態は、縁に触れ、折に触れ、様々な状態を示すといいます。

本体があり、性分があり、能力があり、作用があり、原因があり、縁があり、結果があり、報いがある。

まだまだ若干、四十路の男である私が、来し方を振り返り、明日に向かって自分を見つめ直す作業をします。

無数の見えない線につながれた様々な要素を少しずつ整理します。

20130922-DSCF1073.jpg


あることに気づいては、思いをめぐらせます。

大きな空に向かって深呼吸をし、自分と空に向かって「どうしたいのか」と問います。


「自分」の強い思いが人生の大きな支えになります。

もちろん、私は全てにおいて強靭な精神力を備えてはいません。むしろ惰弱です。

宙に溶け込むような思いで、自分の情けない一面を凝視します。


「よし、こうしよう」

思いが定まれば、再び、キャンプを楽しみます。


20130922-DSCF1072.jpg

はやく天気が回復しないかな。。





関連記事
[ 2013/10/06 06:46 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

さわやかなのにね

20131003-DSCF1152.jpg

昨日の早朝、5時30分前後でしょうか。
とてもきれいに朝焼けしてました。

なのに

風邪です。
今日病院へ行ったら、たくさん薬を処方されました。


自分のことはさておき、うれしいこともつらいこともあるものです。

友人が怪我をしました。色々なことが重なり、弱ってる感じがしました。
一日も早く、元気になってもらいたいものです。


声が出ない翌日、しわがれた声で出勤。
この時期、風邪が流行っています。多くの方が、不調の中、ひときわ頑張る友人もいます。
後姿はフラフラなのに、こと仕事となると関係の方々には笑顔を絶やさない。


この程度の風邪でダウンしてなるものか!と<笑顔><気合!>と私も努力しています。
その友人もしんどいはずなのに、「大丈夫ですか?」だって。
恩師も、偶然を装い、[ まだいるのか? ]だって。

「今、大丈夫になりました(笑 」 「おかげで元気が出ます!」 「ありがとう~」「ありがとうございます」

素晴らしい友人たち、麗しい人間関係に包まれ、元気をもらったおじさんは頑張らないといけません(w



その一言で元気が出る。そんな思いやりの達人になりたいものです。


関連記事
[ 2013/10/03 21:02 ] My Photo | TB(0) | CM(2)