PAGE TOP

へこむなあ

こだわると壁が気になり

はなさないと どんどんはなれてしまう 

迷いながらも 悩みながら 気丈に生きてゆくしかない

気分転換しないと、、、

20130803-DSCF0602.jpg

台風の影響で山に行きにくいです。

20130803-DSCF0609.jpg


関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/08/31 22:26 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

2013 東武ワールドウォッチフェア & スタートレック

2013 東武ワールドウォッチフェアに行きました。

高級な腕時計が一堂に会していました。

パテック フィリップ、ブランパン、ブレゲ、ピアジェ、ヴァシュロン・コンスタンタン・・・
今を時めくウブロなどなど。。。

世界に名だたる高級時計メーカーの芸術品のような時計にうっとり。。SEIKOも頑張っているようでした。


決してマニアでもない私のような庶民はロレックスあたりがせいぜいです。仕事や普段使いにはGショック。正確でわかりやすい時計ですし。。

多くのマニアな方も来場していたようですし、裕福そうな紳士、淑女がじっくりと時計を選んでいらっしゃるようでした。

物知り顔の振りをして、高級腕時計たちを試着させていただきました。すごく興奮しました。変態ですね。




同じ階で、お笑いイベントもありました。
20130824-DSCF0907.jpg


20130824-DSCF0905.jpg

下ネタ全開で、笑いを取っていましたが、出演者はみんな沖縄出身の芸人さんたちだそうです。



今日の目的は、映画鑑賞。「スタートレック・イントゥー・ダークネス」

10004654_h_tb.jpg
懐かしい。。。

旧世代のキャスティングを改装し、新たなキャスティング。マイケル富岡がいましたよ~<そっくりさん>
star_trek_blu_jacket_convert_20130825012338.jpg

まあ、突っ込みどころはおいておいて、
実に楽しめました。

情熱と直感で行動するキャプテンと冷静沈着、論理的に判断・思考する副艦長スポックの対比。

正義と大義がぶつかるストーリー展開。

きらめく登場人物たちの愛と友情、思惑の交差と伏線のおさまり方が上手く纏まっていたのではないかなと思います。

私が少年時代のスタートレックとは隔世の感があり、SF前面展開よりもストーリー性重視というところでしょうか。予想以上にとても楽しめました。

そのほか、キャンプ道具を見に行ったりと充実した休日でした。
関連記事
[ 2013/08/25 01:37 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

長野ツアー その3 飯田市上村しらびそ高原

20130820-DSCF0883.jpg

旅館では、朝風呂と、これまた美味な朝飯を食べました。
近くには、いくつかの滝があるそうで観光を進められましたが、今夏はパスしました。

しらびそ高原に向けて出発。

20130820-DSCF0888.jpg
最寄インターの手前で、のうきょうAコープでキャンプ用の食材を買い出しました。
諏訪ICから諏訪湖SAにてコーヒータイム。



20130820-DSCF0890.jpg

飯田ICから道を走り、山側にずんずんとしらびそ高原へと上っていく感じです。
20130820-DSCF0894.jpg

しらびそ峠。
20130820-IMG_4013.jpg


テントの設営をして夕刻に、夕焼けを撮影しました。
20130820-DSCF0901.jpg

ここから一気に曇り空モードに入り、星の夜空は撮影できませんでした。
残念でしたが、隕石クレーター跡の周囲の山々を眺めたりして過ごしているうちにいつしか寝入ってしまいました。早朝も同様の状態で、朝焼けは望めませんでした。

それでもしらびそ高原の偉大な山々にたくさんの感動を覚え、ゆったりと過ごしました。

20130821-IMG_4029.jpg

いつもよりも高い1800mあたりでしたか、雲を見ているので、雲の複雑な動きは興味深いものでした。


帰路は松川ICへ向けて山道を走りぬけ、大鹿村、小渋湖を抜けて走りました。

20130821-DSCF0431.jpg

のどかで昼間は人っ子一人いない村は美しく、物寂しい印象でした。

しらびそから、自宅まで約350kmを走り帰宅しました。

これで長野2泊3日ツアーのレポートを終わります。
関連記事
[ 2013/08/23 10:22 ] My Photo | TB(0) | CM(2)

長野ツアーその2 蓼科高原

北八ヶ岳を後にし、白樺湖へ。

世界の影絵・きり絵・ガラス・オルゴール美術館
20011007_1376_1.jpg
<写真は借り物です。>
城清治が描く光と影の作品の展示。光・鏡・水を効果的に使って作り出す神秘的な空間でした。
期待していなかったのですが、すごく感動しました。サングラスをかけて鑑賞すれば最高でした


さて今晩の宿へ向かいます。
20130819-DSCF0852.jpg

まあ、raw調整が悪いので嘘っぱちな写真です。
ですが、この日の天候は最高でしたよ。八ヶ岳がきれいに見えます。このときは八ヶ岳をバックに星写真が撮影できると興奮していましたが。。。



長時間運転、土産物屋や影絵を観光した疲れがどっとあります。
宿に着き、部屋に案内されるやいなや、さっそく風呂へ。
20130819-DSCF0857.jpg

気持ちいいー。

20130819-DSCF0859.jpg

誰もいない一番風呂。
<実はチェックアウトまで6回ぐらい風呂に入りました。すごく気持ち良かったのです。>

20130819-DSCF0867.jpg
下戸&食事制限なので、小瓶の地ビールで乾杯。
ビールの後ろには、イワナの刺身が。。。

ここでの食事は、今までで最も美味しい晩御飯でした。
牡丹鍋の猪肉だけでなく野菜もうまい!鍋の出汁が最高!
パシャパシャ写真撮ってたらなんだか、注目されています。恥ずかしいなあ。
宿のご主人、給仕のバイトのお兄さんとも仲良くなって、楽しいおしゃべりが。。。
飯はうまいし、温泉は最高ですし、宿の人も良い。。良い旅です!


食後、再度の入浴後、散歩へ。

20130819-DSCF0882.jpg
愛車に反射した感じが面白かったので。

20130819-DSCF0422.jpg

OLさんたちが写真を撮って欲しいと依頼されたり、なんか仲良くなったりとアクシデントありましたがまあ、楽しかったので良しとしましょう。さすがに写真のアップは控えておきます。
写真やってると楽しいですね。

疲れと満腹と、ほろ酔いでバタンキューになりそうなので楽しい会話は早々に切り上げて部屋に戻りました。

翌日は、飯田市に出発です。
関連記事
[ 2013/08/22 23:27 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

長野ツアー その1 北八ヶ岳

夏の休暇を利用して、のんびり旅を楽しんできました。

1泊目は、茅野の旅館に泊まり、近辺を観光しました。

撮影メインの旅ではなく、あくまで観光がメインで、そのレポートです。

X10の小型カメラを片手に、洋画のような出来栄えのダイナミックトーンにて撮影しています。


まずは北八ヶ岳方面。

20130819-DSCF0820.jpg


20130819-DSCF0824.jpg

なんだかヨーロッパのような装飾と建物。

20130819-DSCF0822.jpg


ちょおと、わざとピントを外して(あはは) 太陽を撮影してみると。。
20130819-DSCF0828.jpg




せっかくなので、いけっる所まで行って見ましょう。
20130819-DSCF0816.jpg


どうも冬場はスキー場にもなるようですね。
20130819-DSCF0826.jpg


八ヶ岳と言われるだけあって、ボコボコと山が連なっています。
20130819-DSCF0848.jpg
清里方面は仕事柄、よく出向きましたが、あんまりきれいに見える八ヶ岳を見たことがなかったので新鮮です。



ロープウェイで頂上に到着です。
カンカン照りです。
20130819-DSCF0834.jpg


途中で休憩の人々。
20130819-DSCF0837.jpg

眺めもよさそうなので

休憩の場所から振り返ってパチリ。
20130819-DSCF0836.jpg


壺庭というだけあって、なんだかおもしろいです。歩きやすかったです。(サンダル履きでした。)
長野ツアー 第一弾はこの辺で。。

撮影機材:X10 ダイナミックトーンにて。


関連記事
[ 2013/08/21 20:17 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

ようやく

20130816-DSCF0809.jpg

快晴の夕方手前。

20130815-DSCF0806.jpg

さて帰りましょう。

明日からようやく休みが取れます。ピークを過ぎた時期にゆったりと旅を楽しむ予定です。

撮影機材:X10 ダイナミックトーン。
関連記事
[ 2013/08/16 23:04 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

昼寝、午睡、微睡





うだるような暑さに見舞われる一日。

仕事は主にデスクワーク。

重要な作業データのPDF化を進め、最終チェックを済ませました。

簡単な昼食を後輩と済ませ、仕事につての経験談や、はたまたプライベートな笑い話に花を咲かせました。


お盆の時期の職場は、もっとひっそりとしたものかと思いましたが、そうでもないです。



少し休憩しようと目を閉じました。いつしか夢の中に。。。。



20130804-DSCF0403.jpg




あの雲をこえて その向こうにはきっと別世界があると思っていたあの頃。

穏やかで 鮮烈で 目を見張る 何かがあると 思っていたあの頃。


まばゆい夕焼けに目を奪われ また大きなアクシデントに心を奪われる影で


その光彩が放つ輝きは

私の知らない 目立たない場所を照らしていました。


強い光があるからこそ 世の中が輝きだすことに気が付きます。



物事には 光と影があり

前と後ろがあることに気が付きます。

客観と主観が存在します。

20130804-DSCF0645.jpg


足元  背中側  うつむいた顔。

視線の外れ  いつもの笑顔が消える瞬間



イヤホンをしているからと言って 聞こえていないわけでもなく、気が付いていないわけでもなく。。。



君や あなたがいないこの場所で 

その存在を感じる



それぞれの生き様が 交差する

伸ばした指先が 届かないこともある。



出会い 別れ 思い出 

幾重にも重なり 人は何を残してゆくのでしょうか。


めぐりゆく 季節 時間の過ぎゆく中で

人は何を失ってゆくのでしょうか。



今は 夏模様 輝きが一層増してゆく

気が付くと 蝉の鳴き声は 止んでいる


*********************************************************


時間にして 10分ほどのうたた寝

長い 長い 夢の中
関連記事
[ 2013/08/13 22:01 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

会うべき人に出会えることを、人は「幸せ」と呼びます

仕合わせ」とは国語の辞書には、「運命の巡り合わせ」という意味があるそうです。
幸せ」という言葉とは、意味が異なります。
今日、紹介する曲はこの2つのしあわせを歌った心にしみる名曲です。

20130728-DSCF0548.jpg




作詞 中島みゆき
作曲 中島みゆき
唄 中島みゆき

なぜ めぐり逢うのかを
私たちは なにも知らない
いつ めぐり逢うのかを
私たちは いつも知らない

どこにいたの 生きてきたの
遠い空の下 ふたつの物語

縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かを
暖めうるかもしれない



なぜ 生きてゆくのかを
迷った日の跡の ささくれ
夢追いかけ走って
ころんだ日の跡の ささくれ

こんな糸が なんになるの
心許(もと)なくて ふるえてた嵐の中

縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かの
傷をかばうかもしれない


縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合わせと呼びます



友人、仲間、恋人、伴侶などいろいろ考えられますが、ここはあえて「仲間」として
張りめぐまされた糸を思いえがいてしまいます。




中島みゆき 「 糸 」




ボーカル桜井和寿


岩崎 ひろみ
関連記事
[ 2013/08/09 23:24 ] 名曲シリーズ | TB(0) | CM(0)

気の合う仲間と共に


普段できない会話を楽しみ、小さなイベントも大きな笑いにしながらの充実した旅になりました。

偶然、居合わせた方々、風景をスナップさせていただきました。


20130807-DSCF0715.jpg


20130807-DSCF0710a.jpg



20130807-DSCF0702a.jpg


20130807-DSCF0718.jpg


20130807-DSCF0704.jpg


写真には写っていませんが、この旅行でいっそう仲間との信頼感が増したような気がします。

思えば、仕事仲間とはいえ、一宿を伴えば会話、対話を超えての付き合いが深まります。

20130807-DSCF0737.jpg


20130807-DSCF0751.jpg
土産物屋にて。



立ち寄った動物園にて
20130807-DSCF0759.jpg


20130807-DSCF0766.jpg


20130807-DSCF0787.jpg


最後の最後まで、楽しい旅行となりました。

みなさん、お疲れ様でした。
関連記事
[ 2013/08/08 02:52 ] My Photo | TB(0) | CM(2)

夏 回復の確認2 長野県 内山牧場キャンプ場

20130803-DSCF0597.jpg


快晴の中、汗ばむ体を引きずりながら、アップダウンを散歩。

池のほとりで出会った季節外れのポピーでしょうか。

20130803-DSCF0606.jpg


サイトに戻って、休憩。
常温ですが、麦茶がうまい!

とボンヤリ眺めていると、寝入ってしまいました。。。



夜景はあまり撮影できる条件ではなかったので、朝焼けでも。。

20130804-DSCF0633.jpg


20130804-DSCF0643.jpg


20130804-DSCF0653.jpg

うーーーん、こうして写真で振り返って見ると素晴らしく良いです。

 出発の前夜からのわくわく感。
 
 現地へ向かう高速道路の運転。
 
 佐久市内を走る街並みの風景。
 
 テント設営の工夫の連続
 
 風景の眺め 

 気ままな写真撮影

 簡単な夕食の準備、食事

 夜間、早朝の撮影

 撤収のけだるさと効率の工夫

 帰路の高速道路 ぶっ○○す爽快感。

 帰宅後のシャワー

 写真現像・ブログづくり

 数日、ブログを見ながら思い出に浸り次の計画を練る。。


楽しすぎますね。。
 

撮影機材:X10 ダイナミックトーン
関連記事
[ 2013/08/06 15:56 ] キャンプ | TB(0) | CM(2)