PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生きてゆく 考察



中村雅俊という歌手をご存じでしょうか。昔のアイドル歌手?、長じて役者、俳優となり活躍している人です。

やや渋みがあり甘い歌声が好みです。

この歌の最後のフレーズ「人は皆、一人では生きてけないものだから」に妙に頷く近頃です。




さてこのところ写真ブログの趣旨を逸脱し、別の何かに変わろうとしているのかなんだかわかりませんが、思いつくままに書き綴っています。

これまで、病に侵されつつあった自分を取り巻く、厳しい労働環境の中、人の在り方、自分のあり方をぼんやりと考察してきました。その中でずいぶんと歪んでしまった自分もいました。
ブログに書き綴ってきた歴史は、ある意味、これらストレスからの逃避の結果ともいえるのかもしれません。
選んだ仕事が好きなのに、好きになれない職場の中で、悶々としていた自分がいました。
週末に楽しみを見出し解放させてきた。。というのが正直なところでしょうか。


新しい環境の中で、病気ゆえ、厳しい制限にさらされている私のために心を尽くしてくださる仲間が現れました。
それに対して、正直、疑いの目で様子を見ていた自分がいました。
「懐柔しようとしているのかな。。」
「また裏切りの目に合うのか。。」
不安と感謝と不信の時間が過ぎてゆきました。。。



仕事を通して、様々な話し合いを重ねる中で、お互いの人となりが徐々に見えてゆきました。
この人は裏表のない人、新しく来た自分の立場を快く歓迎してくださる素晴らしい方といつしか信じられるようになりました。


きっと向こうも、最初はどんな方だろうと緊張をもって相対していたと思います。
どんな人?といぶかしがるよりも、自分はこういう人なんだと話す姿があったように思います。

その方は、少し恥らいながら、これまでの自分の半生を語って下さることもあります。
自分も自分の半生を語ることがあります。
悲しみ、喜び、後悔、懺悔そして現在に至る幸せの話を。。

いつもというわけではありませんが、このようなお互いを尊重しあい、尊敬しあえる交流が持てたことは、人生の中でそうありません。ささくれ立っていた自分の気持ちが、穏やかに回復していくような日々でした。



平素の仕事ぶりや、重ねる対話の中で、目の前の自分をそのまま快く受け入れてくださっていることに感謝の日々です。

出る杭は打たれ、その杭さえ、もぎ取られたりしていた自分が、周囲に対し猜疑心をすぐに持ってしまっていた自分が、人を受け入れ、心地よく人付き合いを楽しめるようになってきました。
その方のおかげです。

自分の癒しを週末の趣味にだけ救いを求めていた自分から、新しいというか、本来の自分に戻ってゆくような気がしてなりません。




**********************************************

「最近、顔が優しくなったね」


「そうかな~。」


「そういえばしかめっ面が少ないかもね。」

**********************************************

人は自分の歴史や人間をその表情に刻むようです。


特別に恵まれた容姿、イケメンや好みのタイプetc。。(あたしはそういう意味では、非イケメンですよ)

そのような恵まれた方を除いてかな。





それらを超えた自分を養うこと、趣味を逃げ場にせずに、より豊かな自分を彩るツールになるように。。。


趣味も大事。。それ以上に、必死に取り組んできた自分の仕事の歴史に誇りを持ってね。
その大半が自分を作ってきたのです。

家族、趣味、仕事、これまでの失敗。。。すべてが自分の歴史。。その結果が今の自分。
そしてこれからの日々が、これからの自分を作ってゆく。。
良きにつけ悪しきにつけ、自分の短所さえも武器に。。。。


いよいよ自分の完成を目指して、自分に恥じない自分にならないとね。


そういう年齢だね。


きっと、スーパーマンにも、偉い人にもならないでしょうけれど

縁するひとが

「あなたと出会えてよかった」という人間になりたいものです。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/07/31 21:00 ] 名曲シリーズ | TB(0) | CM(5)

サークル・オブ・ライフ

久しぶりに手にしたライオンキングのCD。

エンディングでの全員合唱のサビに身が震えます。

仕事の関係や個人的に鑑賞する機会がありいったい何度見たことでしょうか。

見る度に役者が違うし、同じようでいて違う。


素晴らしい大衆向け演劇の最高峰でしょうか。




サークルオブライフ。
大自然の中での命のめぐりを指しているのでしょう。

後日修正:7.31
(エネルギー転換だけでなく、人生の流転してゆく、つながり、もしくは重複とも考えてみてはいかがでしょうか。
今までとは違う観点になり面白いです。)


私たちは、食物連鎖という概念を子供時代に学んでいます。

いつしか、フードネットという概念に取り替わり、必ずしも上下関係だけの弱肉強食を示す概念ではなくなったようです。

そしてエネルギーの転換図としての概念を超えて、サークルオブライフというやや強引ですが、生命のつながりを示す言葉を感じます。そこには仏教でいうところの輪廻転生という概念や三世永遠の生命という概念も大きく入ってくるのかもしれませんが、そこまで踏み入った解説を目にしたことはありません。


DSCF0552.jpg

ゲリラの合間を縫って見せた青空に、私は何を見たのでしょうか。




身近で言うところでは、仕事における世代交代を感じ始める時期にも来ています。

技術革新が起こり、効率の悪い、共有しにくい技術体系は、新しく効率の良いとされるものにとって代わられてゆきます。

かつては市場を唸らせた自分の立ち位置も、すでに時代は終わり誰でもが取り組めるものに変わろうとしています。

<言葉のマジック>

古い=悪い  新しい=良いもの



果たしてそうだろうか。一概に言えないのではないかとも。

しかし、かつて私たちが先輩方を駆逐した時も、このように感じた方々がかつて、いたでしょう。

そうして時代は、行きつ戻りつし、進んでいく。。


新しい車の性能に振りまわされるよりも、馴染んだ古い車で性能を堪能するとは聞こえが良い。。

世間知らずで、廻りきらない若い新妻よりも、黙って通じる古女房が良い(笑


そしてまた、新しい人材の台頭に目を見張り、また新しい技術体系の創出が始まってゆく。。。
その繰り返しが歴史でしょう。。。。




さて牛丼でも食べて帰ろう。。。

検査結果が良い知らせであることを祈りつつ。。

関連記事
[ 2013/07/29 22:12 ] My Photo | TB(0) | CM(2)

ふーーん、愛ねぇ

天候不順で大人しく過ごすつもりが、都内にふらりと出かけました。

デパートを巡り、Tシャツを数点購入しました。

カメラ屋さんを覗くと新しいカメラが欲しくなってしまうので、別の一計を考えました。

で、行ったのが六本木。久しぶりですかね。

DSCF0513.jpg


DSCF0515.jpg

たくさん、作品があるのですが、解説が必要であったり。。。愛に能書きは必要なのだろうか。。
どうも私には分かりずらい。。。そもそもそんなに考えたこともないですが。。

DSCF0534_20130728214903.jpg

この方がわかりやすい。

DSCF0535.jpg

世の中、いろいろな愛の形、表現があるのでしょう。
絵、写真、造形、演奏、行為、歌。。。
人間とはかくも複雑で単純で、下品で猥雑でややこしい。。そして純粋でもある。
ありのままを表現するには臆病でもあります。

DSCF0546.jpg

笑ってほしい。。うれしい、美味しい、楽しい、幸せ~と思ってもらいたい。。懸命にできる限りの知恵と工夫で
相手を思いやり、幸せを願う究極の一念。。。それを愛というのでしょうか。
親しき愛、熱情の愛、慈しむ愛…。そして人は身を焦がす。。手中に収めようと。。

立ち寄った書店には
「恋に焦がれて蝉は鳴く、鳴かぬ蛍は恋に焦がれて身を焦がす」
という詩が飾ってありました。面白いですね。


愛を追わば愛は逃げん。。これはキリストの言葉だったでしょうか。


愛って何? 考えたこともなかったです。

難しくて考えることをやめました(笑

今、私を大切に思ってくれる方々を、精一杯、大切にしよう。。。。


さすがというか、地域がらというか、六本木界隈には、モデルさん??というぐらい美しい方がたくさんいらして驚きです。東西問わず外人さんもたくさんいて、みなさん、洗練されていて、お綺麗で。。。

今日は目の保養になりました。さすが盗撮はできないので写真はありません。


撮影機材:X10 ダイナミックトーン
関連記事
[ 2013/07/28 22:29 ] My Photo | TB(0) | CM(2)

Happy Birthday to you,,,,,,and I love you!



おめでとう。

今一番言いたい言葉を素直に伝えよう。


今週は天候不順のため、大人しく過ごしています。
関連記事
[ 2013/07/27 19:08 ] 名曲シリーズ | TB(0) | CM(0)

思い出ぽろぽろ。

T0008437q1.jpg


「最後の忠臣蔵」という映画はご存知でしょうか。

主演はダイワハウスのCMでおなじみの役所広司。佐藤浩市や桜庭ななみさんが脇を務めました。

彼は私の好きな役者の一人です。

大石蔵助をはじめとした元禄赤穂事件の生き残りである赤穂浪士・寺坂吉右衛門にスポットを当てた作品です。

忠臣蔵というと討ち入りする模様を描くのが通例のようですが、この映画はアナザーストーリーというのでしょうか。

<あらすじ>
元禄赤穂事件から16年。赤穂浪士の生き残り・寺坂吉右衛門は大石内蔵助から「事件の真実を後世に伝え、浪士の遺族を援助せよ」との命を受け、ようやく最後の遺族を探し出したことで浪士の十七回忌法要が行なわれる京へと向かう。その道すがら、寺坂はかつての盟友・瀬尾孫左衛門と再会する。討ち入り直前に逃亡した瀬尾だが、実は彼にもある目的があった


<記憶がおぼろげなのでいい加減なことを書いてしまいますがご容赦を>

このあらすじにも出ている瀬尾孫左衛門を役所広司が演じています。
寺坂吉右衛門(佐藤浩市)は事件の真実を探索し、ぞの遺族を訪ね歩きます。
その流れで事件前夜、逃げ出したとされる孫左衛門に出会います。
孫左衛門は主君と共に命を懸けて戦わなかったのかと、裏切り者の汚名を受けながら、逃げ回りながらも懸命に生きていました。

そのわけは。。。
血気に満ちた赤穂浪士たちが集う討ち入り前夜に主君である大石内蔵助から孫左衛門(役所広司)に命令が下りました。(隠し子である)「わが子を嫁入りするまで立派に育て上げてほしい」「だからお前はここから脱退しなさい」

赤穂浪士の一員として命をかけて集い、さあ参らん!と血気走ったうちの一人であった孫左衛門にとって、この命は衝撃であったようです。しかし主君の命令。

大勢の仲間の命が散り、後追いもできない孫左衛門には極秘の命令があったのでした。ばかにされても、時には暴行を受けても果たさなければならない主君からの頼みが。

お姫様のように大切に育てられた娘は、成人を迎えるにつれ美しく育っていきます。
「まござ」「まござ」と執事のように育ての親を扱いながらも、実父のように慕っている心を押し隠し、わがままにふるまう愛らしい娘を桜庭ななみさんが熱演します。

孫左衛門もいっぱしの男。良縁も身近にありましたが、自身の幸福など露にも考えず、娘の成長と婚礼を迎えるその日を夢見ながら懸命に生き抜く日々。。。
着の身着のままの貧乏暮しではあるものの、娘には精一杯の贅を尽くします。


良縁に恵まれた娘。嫁に行きたくないとわがままを言い、このまままござと暮らしてゆきたいと。

実の娘のように可愛いく手放したくない親の思いと、晴れ姿を送り出してゆかねばならぬ家臣としての思いの歯がゆさに揺れ動く心。
役所広司ならではのさり気ない演技力が光ります。


そして
その日がやってきます。

*************************************

見つかれば殺されてしまう。。命からがら、赤子を背負い、逃げだしたあの日から幾星霜。

美しく育ち、婚家へと旅立ってゆく愛娘。


孫左衛門は、命を果たし、主君のもとへと旅立ってゆきました。



***************************************

現代の人間の人生からでは、考えられない忠義の侍の生き方。
この侍の忠義の精神性は私を含め、若い人には理解しがたい価値観でしょう。

「最後の忠臣蔵」とは主君に忠義を果たす家臣たちの生き残りが主君の死後16年経過し果たした命(めい)を全うし、その忠義の証としてようやく主君のもとへとわが命(いのち)を絶つ姿を描いたものなのでした。
だから「最後」の忠臣蔵なのでした。主君へ忠義を尽くす思いは、先立って行った仲間たちと寸分違わぬ忠義なのでした。
言い訳もせず、あきらめもせず、ただひたすら忠義の心で生き抜く家臣の姿なのでした。

ラストの場面で、親としての思いも、家臣としての思いも、すべてが孫左衛門の生き様として、すべて集約されていきます。役所広司のすっとぼけた演技に惑わされ、気づくのが遅いほど、その感動は深まるばかりです。


思い起こせば、この映画を見に行った映画館では、「うるさい」だの、「見えないよ!」だのとけんかじみた雰囲気につつまれた騒がしい映画館でした。ラストの見せ場にかかったころから、館内のあちこちですすり泣く声が聞こえていました。例外なく私も涙でスクリーンがぼやけてしまったものでした。

T0008437p.jpg


なぜこんな以前の映画の話をしたのかというと。

なにげに感動した映画話を職場の仲間と話していました。
この映画の紹介をしてストーリーを話していたら思い出しながら、涙がぽろぽろ。あれっ?あれっ?
おかげで何を食べていたのかさえ思い出せないほどです。
恥ずかしいやら、感動を思い出し、うれしいやら…。涙もろくなってしまったのですかね。


涙で濡れてしまう感動のストーリー。
つい、こんな記事を書いてしまいました。おっさんになった証拠ですかね。

役所広司、大好きな俳優さんの一人です。ついでに桜庭ななみさんのファンにもなりましたよ。
関連記事
[ 2013/07/25 23:53 ] 映画 | TB(0) | CM(2)

Times goes by

DSCF0408.jpg




関連記事
[ 2013/07/22 22:43 ] My Photo | TB(0) | CM(6)

あなたに暑中お見舞い申し上げます。

DSCF0426.jpg








関連記事
[ 2013/07/21 18:34 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

空も色々。人もいろいろ。。。

20130720-DSCF0502.jpg

穏やかな天候の中、各地で夏祭り。
忙しい最中をぬって、準備に、練習に励んで活躍した皆様、大変お疲れ様でした。


20130720-DSCF0503.jpg

素晴らしいパフォーマンスを発揮して、大勢の観衆を喜ばせた君。

爽やかな笑顔で、演奏を聞かせてくれたあの子。

切れのある動きで、子供たちを沸かせたアイツ。

立派に育ち独り立ちした息子、可愛い嫁、愛らしい孫に囲まれて笑顔いっぱいの先輩。

日頃、ストレスで重い表情の隣人も、今日ばかりは晴れやかに。

「こんなことは絶対にやらねー」と言い張っていた恩師が、人前で握ったマイク。

みんながそれぞれの光彩を放っていました。写真を掲載できなくて残念です。

この夏、一番の思い出になりましたよ。本当に、お疲れ様でした。


きっとおいしいお酒をたらふく飲んでいることでしょう。

今宵、満足。

おやすみなさい。


関連記事
[ 2013/07/20 23:12 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

開けー、ゴマ?





「怒ってるの?」

「いえ、ちょっと考え事を・・・」



いつも怒ってるよう見えるらしい(汗


もともと目が細く、目つきが悪いし、視力も裸眼では0,1ないのです。
少しいかり肩。うーん、誤解されてる?



「怒ってるんですか?」

「いえ、怒ってないです。」「むしろ怒ることのほうが少ないです。」

「じゃ、笑ってください。」「素敵な笑顔なんですから。」

「はい。」「そういわれるとなんか照れますね。」

「そうそう、その顔でいいじゃないですか。」

「ははh」



《《・・家に帰って・・》》



そういえば昔から、どっちかというと怖がられてたかな・・

ヤンキーに絡まれたりすることも多かったですし・・

でも暴力反対ですし。。

そして怒ると、本当に怖い私。。。怒らないように怒らないように。




笑顔の練習。。  うーーん なんだかわからなくなる。。

本当に怒ってないのに、まゆをしかめるだけで怒ったような顔だ。。




「怒ってるんですか?」「何か気に障ることをあなたにしましたか?」

「いえ、怒ってません。」「むしろあなたを微笑ましく思っています。」

「本当ですか?」

「はい、ほんとです」「心配させて、すみません、はは」

「なーんだ」

「いやー、考え事をしていると、無表情になりやすいんです。」「気を付けます。」




本当に怒ってなんかいませんよ、むしろ自分の馬鹿さ加減には、愛想が尽くほどです。
それはきっと、本当の感情を表に出すのを怖がっている。もしくは隠しているからでしょうか。
「なんでもないよ」と知らん顔しているせいです。




一生懸命になにかやってると大汗をかきます。滝のように汗をかきます。

おまけに無表情。いけませんねー。気難しそうな人と言われても仕方がないですね。






素直に「怒ってるんですか?」と聞いてくれてありがとう。

照れ笑いで誤解が解ける。

素敵な笑顔が出るとしたら、それはあなたのおかげです。

笑うと目が無くなります。つるべか、ゴルゴ13みたいに(笑


美味しいお酒に、美味しい肴

楽しい話題に 楽しい笑い声

素敵な歌声 

いつも感謝しています。

どこかに置き忘れている自分を取り戻すかのようです。

難しい顔は、ちょっと仕方がないですが。



あなたたちの笑い顔を引き出す時、心から言葉を選んでいます。
懸命に、あなたたちの心の声を聴こうと 一生懸命笑いかけます。

そんな気持ちを大切な仲間にも向けてみよう。
まだうまくできないかもしれませんが。


本当に怒ってなんかいませんよ。

むしろ、あなたたちを微笑ましく思ってるんですよ。

こんなふうに言えたら、そして素直に笑うことができたらいいですね。

自分の心の扉をもっと大きく開け放たないと。





さあ、明日はお祭りですね。一仕事終え、投票を終えたら、かけつけます。
がんばってくださいね。応援してます。
関連記事
[ 2013/07/19 22:47 ] 名曲シリーズ | TB(0) | CM(0)

ヒーロー

名曲シリーズを始めてみて聞きたい曲を、IPHONEで聞けるので便利です。

ブログはあくまで、こっそりの独り言。内緒話。
EFBC90_convert_20130717235200.jpg

「ヒーロー」


子供のころのヒーロー。それは、仮面ライダーであり、ウルトラマンでした。
悪い怪人、怪獣をやっつける。
椅子、机、はたまた昇ってはいけない場所から、なりきって高い場所からジャンプしたりかっこ付かないキックをしてみたり。。転んで怪我してみたり。。
そんなどこにでもいる悪ガキが徐々に成長するにつれ、ヒーローなど忘れていったものでした。


いつのころからでしょうか、自分の人生は自分がヒーローになるんだと思い始めたころがありました。

若さゆえでしょうか。

時間、エネルギー、すべてが無限にあるように感じたあのころ。
どこにでも参上して、苦境にあえぐ人を救うんだーなどとバカをやっていました。(さすがに仕事に置き換えて捉えていましたけども)
活躍のフィールドは街中。病院、電車、スーパー、イオン、散髪屋さん、飲食店、映画館、山、プール。。。
(お前の仕事は何やねん!という突っ込みはナシで、、)

気が付くと当年とって○○才。中肉中背のお腹の出た、平凡なおじさんになってました。
大したことはできないですが気持ちはいつもヒーローになろうと頑張っています。決して人気者ではなく自分の仕事に対する自己評価としてですがね。

そんな馬鹿な中年を勇気づけてくれる曲があります。

甲斐バンドの「ヒーロー」を思い浮かべる人もいることでしょう。
フェアリーズやMr.Children の「ヒーロー」を思い浮かべる人がいるかもしれません。
FUNKY MONKEY BABYS の「ヒーロー」・・・・ではありません。






マライア・キャリー「ヒーロー」
There's a hero
そこにヒーローがいるわ
If you look inside your heart
自分の心の中を覗いてみて
You don't have to be afraid
恐れる必要などない
Of what you are
自分が何者であるかなんて
There's an answer
そこに答えがあるわ
If you reach into your soul
自分の魂に聞いてみて
And the sorrow that you know
そうすれば感じていた悲しみは
Will melt away
消え去っていくでしょう

[Chorus:]
And then a hero comes along
そうすればヒーローがやって来るわ
With the strength to carry on
頑張り続けていく強さを持って
And you cast your fears aside
あなたは心に秘めていた恐怖を振り払い
And you know you can survive
自分が苦難を乗り越えられる力を持っていることを知っているから
So when you feel like hope is gone
だから希望がなくなったと感じた時でも
Look inside you and be strong
自分自身をみつめ強く生きて
And you'll finally see the truth
そうすれば最後には真実が見えてくるでしょう
That a hero lies in you
それがあなたの中にいるヒーローなの


そう、自分の人生の主役はやっぱり「自分」。



朝から、嵐の「ヒーロー」を聴いて元気の出る中年がいます。元気が出ます。
落ち込んでいても、元気が出ます。歌詞にあまり意味はないけれど。

嵐、ありがとう。おかげでおいちゃんは、明日も元気一杯とはいきませんが、ほどほどに頑張れるよ(笑

チャンチャン♪

しっかし「ヒーロー」っていう曲、けっこうたくさんあるのね。びっくりです。
関連記事
[ 2013/07/18 00:22 ] 名曲シリーズ | TB(0) | CM(0)