FC2ブログ

PAGE TOP

夢から覚めて








短いような長いような連休が終わりました。
20130707-DSC_3940.jpg
「夏の目覚め」



最終日は、映画「オブリビオン」を観に行ってきました。

ご存じトム・クルーズ主演です。

convert_20130715202425.png

とてもよくできたスト-リーで感心しながら見入ってしまいました。


内山牧場ですごし、映画を見たこの3連休。
どれも楽しい時間を過ごしましたが一番楽しかったことは??

高速道路の運転です。新しい相棒に徐々に慣れてきて、そのスムース&パワフルを使いこなせるようになってきました(のはずです、と思います。)

ブンまわして飛ばしてリッター10kmを下回らない。。。素敵な車だな。。。。。


冒頭の福山雅治の「ひまわり」
なんだか良い曲です。
わかーーい頃、そんなこともあったような、なかったような・・。
福山さんの天才的な才能は、メロディラインや歌詞に表れていますね。



夢から覚めたら、明日から一区切りつくまでまた仕事です。

若い人の素晴らしい努力と才能に敬意をもって、ベテランらしく落ち着いて行きたいものです。
ケガのないよう準備をしてね。
0004.jpg

準備体操していると「腱が切れるよ~、大丈夫ですか~」とからかわれることもあります(笑

まあ、どこからどう見ても、ぶよぶよした運動不足気味の普通のおじさんですしね。
(いつのころからか、怖い人と言われなくりました)

周囲のこういう気持ちがうれしいものですね。まあ、がんばります。
関連記事
[ 2013/07/16 07:30 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

おなじみの場所でおなじみのキャンプ 内山牧場

20130713-DSCF0462.jpg

久しぶりの連休。
おなじみの場所でのんびりと過ごしました。
矢沢エーキチの「時間よ止まれ」が頭の中を流れていました。



今回は小物を撮影してみたり、昆虫にもレンズを向けてみました。
いつものワンパターンを嫌ってあまり面白くないので、特殊なモードで特定の色だけ発色させても見ました。

なんか変です。ファッション系の雑誌でよく使われる手法ですが、綿密に計算されたそれとは違い、素人の思いつき撮影ですのでトホホな写真です。

20130713-DSCF0440.jpg


20130713-DSCF0456.jpg


20130713-DSCF0436.jpg


20130713-DSCF0448.jpg
キャンプ場では、時間は陽の傾きで。
眠ければ寝るし、腹が減れば食べる。周囲の行動などお構いなしです。



夕景からは、X10からキャノンで撮影しています。
連休で多くのキャンパーが訪れていますが、みな、思い思いの過ごし方のようです。

20130713-IMG_3952.jpg
だいたい40組以上が来場しています。

20130713-IMG_3955.jpg
バイクと車の混合チームです。一番熱心に撮影していた方がいました。ブログかな。


20130713-IMG_3960.jpg
定番のファミリーキャンプ。
遠くて詳細は??です。


20130713-IMG_3961.jpg
手前に車はありますが、ライダーズのオフっぽい集まり。ばか騒ぎせず落ち着いた大人の集まり。


20130713-IMG_3965.jpg
こちらはライダーズのソロ。いいですね。一人の時間を楽しむ。共感しますね。


20130713-IMG_3964.jpg
カップルでのたき火を囲んでのキャンプ。いいムードです。

さてEF70-200F4Lは、ISを切らないと三脚で撮影していてもなぜかブレました。どうも長時間露光はISは切る必要があるようです。詳しいことはわかりませんが。
もともと、手振れ補正を必要としていない私ですし、夜間は三脚を使います。あくまで手振れ補正の機能は手元のブレを何段か分、泊めてくれる機能ですが被写体ブレには無効です。
マクロ撮影も同様で、手振れ補正機能より、風のいたずらをだれか止めてください(笑




空の焼けはキャノンよりもX10のほうがドラマチックなので掲載しておきます。

こちらが少し焼けた夕焼けを反射した荒船山。
閲覧者のモニタの環境ではあまり焼けていると映らないかもしれません。
20130713-DSCF0466.jpg


かなり焼けた早朝。ダイナミックトーンでさらに強調されますが、キャノンで撮影するよりも現場の雰囲気を的確にとらえていました。これは驚きでした。

20130714-DSCF0491.jpg
こんなにいい時なのに、誰一人起きてこない。。
得した気分の朝です。

撮影機材:X10 アドバンスドモード ダイナミックトーン
                  アドバンスドフィルター/パートカラー(グリーン・オレンジ・レッド)
       キャノン5Dマーク2 70-200F4L 14㎜F2.8L 16-35㎜F2.8L
現像ソフト  ADOBE LIGHTROOM4



*「へたっくそだなー」とか、「デジタル加工が過ぎるよ」とか上手な方はいろいろ思うかもしれませんが、
あくまで個人的にキャンプメインで楽しんでいます。どうだうまいだろ!なんて思ってません。
キャンプ、楽しんでいるんだなー程度に流してください。
関連記事
[ 2013/07/14 14:38 ] キャンプ | TB(0) | CM(2)

東京砂漠

連日の猛暑。記録更新。


前川清とクールファイブでしたっけ?
名曲ですかね。

子供のころ、すっとぼけた前川清のキャラは好きでしたが。

20130710-DSCF0419.jpg


20130710-DSCF0426.jpg


20130710-DSCF0430.jpg
「あなたがいれば 陽はまた昇る  この東京砂漠」♪

20130710-DSCF0431.jpg


20130710-DSCF0433.jpg


20130710-DSCF0434.jpg

オーバーホールしにいっただけなのに大げさですね。


関連記事
[ 2013/07/11 18:02 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

「こんど飲みにいきましょう」

ここ最近、連日の猛暑。高温多湿。
体が悲鳴を上げつつあります。
疲れた人の独り言。




「正しいものはなんなのか」

さすがにこの年になってくると見えてくるものもあります。

「常識だよ」
「道徳的に~」
「普通さあ」。。


これらが効力を発揮する場面と、あるようで実態ないものかを垣間見てきました。

これらをあえて振りかざしてくる連中にこそ、浅薄な奴が多かったという現実。。


尾崎豊については語る知識も薀蓄も持ち合わせていませんし、熱狂的なファンの気持ちも理解できませんが
この歌が心に訴えてくるものに感じる感性は少しだけあるようです。


つながっていくことに喜びを感じることがあっても、
つながらないことに不安を感じることはないです。
独立した、自分を持って生きること。そこに自分の最大の価値があるからです。


これまでのさまざまな場面に、人が生きてゆく悲哀や性(さが)を眺めてきました。
まさに尾崎の歌詞の「誰が悪いというわけではないけれど、人は皆、わがままだ」。
もちろん私を含めて。

「自分の尊厳を守る」ことは大切ですが、人を傷つけてまで守るほどのものではないです。
時間や(お金といいたいがw)、手間を惜しまずに、どこまでも自分の感性に誠実に生きてゆくまでです。
それが「だけど、この目に映る、この街で 僕はずっと 生きてゆかなければ」になるのかな。

「優しさを口にすれば 人は皆 傷ついてゆく」
これは今一つわかりません。 




こんど飲みにいきましょう

「こんど飲みにいきましょう」
初めて耳にしたのは、仕事についた20数年前の時。

関東では相変わらず、社交辞令です。潤滑油という奴ですね。
うら若き青年時代、「今度、飲みましょう」の言葉に期待したあのころ(笑)
相手との距離を考えれば、言葉の虚実が見えてくることもあります。

ストレートに「いっぱいいかがですか!」って素敵です。
それは相手との距離感がいいからですかね。仕事の相方の姉さんは、そんな人です。

重ね合わせてゆく時間と交わす言葉、、虚実。

「また今度行きましょう」よりも「今晩、一杯いかがですか!」

関西人の独り言。。。。

飲みにいきたいなら、自分から誘いましょう。。

飲めない私(笑



「今晩、一杯、飲みましょう」

文句や愚痴もあるけれど、最高の肴は、あなたの笑顔と笑えるトーク。

「今晩、一杯、飲みましょう」

それはきっかけにすぎない。そこからがまた次へのステップ。明日への活力。


最後に。「楽しかったです。ありがとう
関連記事
[ 2013/07/10 19:09 ] 名曲シリーズ | TB(0) | CM(2)

夏だね~




いよいよ夏本格化。。


暑い。

ゲリラ豪雨 

連弾落雷(イオナズンかいな?北区で事故もあったしね)


こういう時は景気のいい曲でも。




アイスコーヒーの飲み過ぎに注意ですな。

物静かなおっさんが、湘南の風きいてるなんて、世間様はだれもしらない。
…。てか興味ないし。


ぼーっと考えごとが多いとき、そうとう気疲れしてる時。
写真もブレてしまいがち。
20130708-DSCF0418.jpg



夏、さてどこに行こうか、何をしようか。

キャンプ、美術館めぐり、写真展示会、映画、避暑地、勉強、コンサート、演劇。。。

東京に集中する一流の文化に触れ、地方にある悠久なる自然に身をゆだねる。


怪我をしやすくなったので、軽い運動をしてみようか、名もない筋肉さんを鍛えてみようか。


気の合う仲間と飲み会。これもいいね。



足早に去ってゆく夏に取り残されてしまう前に。

20130706-DSC_3844.jpg



ずいぶん昔。こんな曲を教えてもらいました。

多くを語るすべはないですが、今になってわかることもあります。


これも一つの答え。

「ありがとう」

「生きていくんだ、それでいいんだ」ってね。

疲れた時は、明るい君に、元気をわけてもらおうかな。

君が疲れたときは、私が元気をわけてあげよう。
関連記事
[ 2013/07/09 18:54 ] 名曲シリーズ | TB(0) | CM(0)

夏の扉  内山牧場

牧場の近くの溜め池には、種類は少ないものの、魚や昆虫、小動物がいます。
今回は花に飛び交う蝶を撮影してみました。

撮影機材は、マクロをやめて、70-200F2.8G VRです。

20130706-DSC_3843.jpg


20130706-DSC_3840.jpg


20130706-DSC_3834.jpg


20130706-DSC_3829.jpg


20130706-DSC_3822.jpg


20130706-DSC_3831.jpg

幼いころから、昆虫が好きで、虫取り網を持って追い回していたことを思い出します。
山、雲といった風景写真も好きですが、花や小さいな生き物の写真も挑戦してゆこうかと思います。
(なんでも撮ってますが笑)
使用機材はD3s+70-200F2.8のクロップで撮影したものを現像時にトリミングしました。
これからの季節感を感じていただければ幸いです。


20130707-DSC_3939.jpg
バイクも実は。。好きです。



ホワイトバランスを思い切り崩して撮影しました。
夜間撮影ですが、夕景のような写真になり面白いと思いました。

20130706-DSC_3883.jpg

山越の明るさは、おそらくは南牧村方面の町明かりを受けています。
長時間露光による撮影のため、光の量が蓄積され、あたかも夕景のような空になりました。
実際は、薄く明るい空で、少し色づいた夜空でした。

20130706-DSC_3868.jpg

好きな場所、気に入った所に何度も行く性質なので、どうしても写真がパターン化します。
画角だけでなくホワイトバランスも変化させ写真に変化をつけてみました。

テントの明かりの光条部分は、あえて絞り込んだ(F10以上)撮影を行うことで強烈な光源が絞り羽の枚数分の光のスジとなって現れる現象を逆手に取って撮影しています。
光量が落ち込むのでISOを上げて補っています。高感度に強い機材ですので、こういった撮影が可能になります。

写真だけを見ると、内山牧場は素敵な空間です。実際は、この季節から秋にかけてアブ、ハチをはじめとした虫が多く、食べかすやお菓子のくずにはアリがたかってきます。嫌いな人には不向きかもしれません。
また1200メートル級の高地ですので、直射日光はなかなか強烈ですし、陰るとひんやりとした風が吹き、涼しいを通り越して寒いほどです。
それでも多くのキャンプ客を魅了してやまない魅力を内山牧場は持っています。

撮影機材:D3s Sigma14㎜ AF-S24-70F2.8G Af-S70-200F2.8G
関連記事
[ 2013/07/08 14:31 ] キャンプ | TB(0) | CM(0)

これからも 内山牧場

こよなく通い詰めている長野県佐久 佐久高原にある内山牧場

下仁田ICを降りた後、国道254をひたすら走ります。

撮影機材はフジX10によるダイナミックトーンです。偶発的に発生させる人工的な色のトーンで濃淡を強調しているので平坦な風景色が極端に強調され面白い画像が撮影できます。
私のようなへたれな写真好きには、ちょうど良いです。

20130706-DSCF0373.jpg


20130706-DSCF0378.jpg


20130706-DSCF0371.jpg

佐久市内 下仁田駅近く

上の3点を含む車中からの写真は、運転中に撮影したもので、非常に危険なものと反省しています。
なるべくしないようにします。ご覧の皆さんの批判もあると思いますので、どうぞご容赦ください。

20130706-DSCF0381.jpg
さすがに雲がたくさんで、強風にさらされています。
どんよりとした曇り空も、ダイナミックトーンで別世界に映ります。
実際は、味気ない曇り空なんですが。。

20130706-DSCF0384.jpg


20130706-DSCF0394.jpg
昨夜から仕込んである牛スジをさらに煮込んで。。トマトのサラダも用意しました。


20130706-DSCF0395.jpg
夜にはIPADで音楽で聞きます。中年オヤジらしく、少し古めの歌謡曲をよく聞きます。
星空を撮影しながらコーヒーを飲んだり、山口百恵の「さようならの向こう側」など聞き惚れています。
you tubeなどからダウンロードして個人で楽しんでいます。
竹内まりあや、GRAY、コブクロ、はたまた松田聖子まで。浅香唯の「セシル」なんかもいいんじゃないでしょうか。
大きな音は他のサイトに迷惑なので、一人で楽しめるボリュームで軽い鼻歌まじりです。

20130706-DSCF0396.jpg
そういえば、軽井沢方面があちらで、、上田がこちらで。。浅間山はどこだ??
頭の中で地図を開いては見ますが。。うーーん、わからない。


20130707-DSCF0407.jpg
朝、4時過ぎに飛び起きてシャッターを押しました。

素晴らしい朝焼けにその後の快晴。きっと今夜の七月七日の彦星と織姫は久しぶりの再会を楽しんでいることでしょう。
素晴らしい佐久高原の空を眺めながら、近いうちにまた来ようと思いました。
次のブログは、ニコンでの撮影を綴ります。
関連記事
[ 2013/07/07 13:16 ] キャンプ | TB(0) | CM(0)

思い過ごし

01_sazan_3.jpg


おもいすごし 【思い過(ご)し】

三省堂 大辞林より

考えすぎること。取り越し苦労。思いすぎ。
例文:「それは君の思い過ごしだ」 「思い過しも恋のうち」 >それはサザン。

「思い過ごし」に似た言葉
» 類語の一覧を見る
杞憂 取り越し苦労



疲れてるのかなあ。
いや、ホントつかれた。
でも気持ちは伝えておこう。



コミュニケーションってね、難しい。

伝えたい人に伝えたいことを。
聞いて欲しい人に 聞いてもらいたいことを。
話したいことを話したい人へ
カッコ悪くても 恥ずかしくても
自分を伝えること。。。

こんな当たり前のことを忘れてしまう。。。


言葉はすべてを伝えることはできないが、拙い言葉を重ねれば、私という人間が伝わって行く。言葉を超えて。


目は口ほどにものを言うとも言う。
脚組、腕組、びんぼうゆすり。感情が所作を揺り動かす。

背中で語るなんて表現もある。

要するに人間は全身で自分を表現しているともいえそうです。

一方、沈黙は金とも言う。

難しいね。



交わることのない交差点。
対岸から微笑を交わす。


それで足りれば、それで良い。

足りなければ、自分を伝えてゆこう。




書いていると、こんな歌を思い出しました。
自分を伝えること、相手を知ること。
話すこと、聞くこと。受け入れること。
牛スジを煮込みながら。。   へーじ あはは
関連記事
[ 2013/07/05 21:31 ] その他 | TB(0) | CM(0)

毎週末の夢想は。。


20130609-DSC_3806.jpg

苦楽を喜べる仕事、仲間。
今の仕事が気に入っています。(事情の知らない人にはなんこっちゃ?ですね。)
素晴らしい仲間が少なからずいます。勝手にそう思っているだけですが。
難しいこともあるけれど毎日の仕事が楽しい。



それでも疲れがたまるものです。
物もらいが悪化したような症状に煩わされ、医者に見せたら切開手術。大したことはなかったです。
回復も良く週末はまた、野山に出かけようと思います。





長野県、山梨県。。遠くのようで近いところ。
大好きなところ。自然に抱かれ、ゆっくりと回復してゆきます。


高速道路の車の中で、歌いながらドライブ。
心地よい風に吹かれながらの昼寝。
コーヒーを沸かしながら幼いころの自分を思い出す。
鳥や小動物の動きや鳴き声に耳を傾け、満天の星空を眺めながら、
じじいになってもシャッターを切っている自分を想像する。

他の誰もいないような世界の中で、労苦、苦悩が昇華してゆく。。

たまに来るから、そんなことを思えるのでしょうね。





夢と現実の微睡の中で、夢想する。大自然と都会の真ん中、大の字に寝る小さな自分と満員電車の車中。




ぐだぐだ言ってないで、さて、ひとっ風呂、浴びますか。。


20130622-IMG_3800.jpg


疲れた心と体を養生したい場所 現実があるから夢がある

DSCF0017.jpg

すべてが楽しいと思える、そんな人生をこれからもね。

きれいなこと言ってますが、私はただの下品な関西人です。
関連記事
[ 2013/07/04 20:45 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

へーじさん、感激2

ちょと好評だったので、調子に乗って。。すみません。   
演者さんの妖艶さや、生き生きとした表情。原画ファイル(RAW画像)は克明に描写していますが、Jpegに落とすと少し残念です。

20130628-DSCF0323.jpg
一瞬の緊張と微笑みのバランス。お笑い系とはいえ、ただ事でない技量でした!



20130628-DSCF0336.jpg
表情の作りはさすがの一言。役者魂を感じます。

20130628-DSCF0360.jpg
この役者さん、行ってますね。。目線。ある意味、素敵です。

20130628-DSCF0364.jpg
若い二人の動と静の躍動感。なのにキャラは逆。女形が力感あふれる動きなのです。

20130628-DSCF0367.jpg


撮影・現像所感)
色とりどりの照明とおしろいで、飽和しまくる原色系。
なにがなんだかわからなくなりつつ。。現像作業。
自分の技量のぎりぎりのシャープとノイズの軽減で写真として再現させています。
また、舞台の撮影の難しさと面白さは今までにない感覚で刺激的でした。


しかし舞台の撮影、録画は、基本は禁止です。最終判断は、現場の雰囲気やノリ?でしょうか。
携帯、コンデジで撮影しまくる熱狂的なファンの後押しと、当の役者さんたちがカメラ目線で観客のカメラに決めポーズの舞台のおかげでした(w

撮影機材:X10 アドバンスモード ダイナミックトーン
撮影メモ 役者の動きを予測して静止のタイミングでシャッターを切りました。人間三脚張りにカメラを構え、呼吸を止めて撮影になりました。良い経験となりました。
関連記事
[ 2013/07/03 23:46 ] My Photo | TB(0) | CM(0)