PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年一年の趣味のまとめ

今年一年、趣味の動向に微妙な変化がありました。

追憶編)
カメラは、もともと熱帯魚を飼育することでブログを始めたのがきっかけでした。
美しい熱帯魚の生態を撮ろうかなと昔凝っていたカメラを思い出しました。

35mmフィルムのイオスを初めて購入したのが、高校生でした。
今でも撮り貯めた写真を懐かしく見ています。
時は流れ、熱帯魚にはまり、カメラを持ち出すと、狭い空間で魚を撮影するだけではもったいないと外へ撮影しに出かけるようになりました。
いろいろな方との出会いを通し、写真家の先生に出会いました。手間のかかるもの覚えの悪い生徒ではありましたが、先生には丁寧なご指導を頂きました。
出先の山中や、深夜に手軽に熱いコーヒーや暖かい食事を取れないものかと思案するなかで、少しずつキャンプ用品めいたものが増えてゆきました。

現在)
今年始めは、それでも撮影メインの関東近郊の旅をしていました。年頭の頃には浅草やビーナスフォートへ。
S0160311.jpg

DSC_0623.jpg

DSCF0397.jpg

いろいろな写真を撮っていましたね。

DSC_0772.jpg
よみうりランドにも。

IMG_9411.jpg
群馬県水上温泉。

DSCF0753.jpg
京都にも。

DSC_1015.jpg
越生梅林では、モデル撮影も便乗しました。

DSC_0958.jpg
梅もなかなか。

DSCF0949.jpg
バイクで走り、秩父近郊に出没しては・・・・。

DSC_1046.jpg
桜を撮影しに武道館で有名なところへ。

念願の昭和記念公園でのチューリップ撮影。
IMG_2175.jpg

長野、秩父での夜空やキャンプ風景
DSC_1400.jpg

IMG_245.jpg

DSCF1175.jpg

IMG_2666.jpg


夏には新潟へも。
IMG_2908.jpg

キャンプの中でも長野県、内山牧場は極上のキャンプ場でした。
IMG_2976.jpg

DSC_1676.jpg

DSC_1599.jpg

「人生楽しんでナンボ」と言い聞かせながら、闘病しながらも、充実した一年でした。
思うにママならない人生ではありますが、来年もできるかぎり楽しんで健康でいられるよう努めて生きたいものです
閲覧者、コメントを残してくださった皆様には、いろいろな面で励まされ感謝しております。
つたないブログではありますが、来年もどうぞよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/12/31 11:35 ] My Photo | TB(0) | CM(4)

万全の冬キャン 朝霧高原ジャンボリーオートキャンプ場二回目

IMG_3366.jpg
遠くに本栖湖が見えます。


到着前に少し雨が振っていたようでしたが、予報どおりの天候でした。

さすがに空気は冷たく、到着早々、ガンガン暖房を入れました。

今回は、ダウンのパンツ、ジャケットを装備しましたが、テント内では暑いくらいで結局は脱いで過ごしました。

本を読んだり、クロスワードパズルに興じたり。。<初めてまともにやりましたが。。難しい。。>

散歩がてら富士山を眺めに歩きました。犬連れのキャンパーが多く、皆、楽しそうに散歩させていました。

IMG_3333.jpg


IMG_3329.jpg

ありきたりな写真ですが、このキャンプ場の雰囲気や見える富士山の様子です。
どこから見ても同じなので、より見えやすい場所を探す散歩になります。

写真を撮り始めた頃はまばらだったキャンパーも、時間の経過と共に徐々に増えていきました。


IMG_3336.jpg

夕飯はやや遅めにとりました。とんこつ風味で牛肉と共に野菜を煮込みました。たっぷりの汁を満足いくまで堪能しました。夜半から星撮影に入りましたが、寒さはさほど感じないのに芝生がさくさくと音を立てます。
完全に凍り始めています。しばらく撮影していると、カメラが凍り始めました。

IMG_3342.jpg


IMG_3347.jpg

オリオン座をフレームに入れつつテントと一緒に撮影しました。

万全の寒さ対策を尽くし寒さはそれほど感じませんでしたが、風が出てくるとカメラのボディ、レンズ、モニタがうっすらと凍結しました。仕方なく切り上げさらに深夜の撮影に備えましたが、あまりにも気持ちよく寝てしまい、目覚めたのは早朝6時でした。残念(w

キャンプ用に寒冷地で着用するために格安で購入したダウンです。
foody.jpg

軽くて薄くて、ボリュームがあって暖かい。。インナーはTシャツでも過ごせてしまいます。
さすがノースフェイスです。
関連記事
[ 2012/12/24 21:27 ] キャンプ | TB(0) | CM(2)

冬支度:最終

pants.jpg

さて、これまで冬季の野外向けの準備を進めてきました。

最後は室内で過ごす時の衣類です。

 今日、紹介するのは、ノースフェイスから販売されている、アコンカグアパンツです。
ダウンが封入された軽量タイプのパンツです。
 手触りも良く、ほとんどモンベルの寝袋の手触りに近い商品です。
 サイドジップがあり、スキーウェア並みの使い勝手でもあります。
 楽天で格安を発見し、購入しました。試着の感想は、軽くて優しくて暖かいと、申し分ありません。

 これでほぼ冬季の零下対策の装備がそろいました。
 あとは工夫次第といったところでしょうか。

 一方、高価なものではなく、薄手のもを重ね着することが保温効果という意味ではとても有効ですが、あくまでゆったりとした余裕のあるものでないと血流を阻害してしまえは、効果は逆効果であることを忘れないようにしておきたいものです。
 私のような筋肉質タイプで、手足や体幹が太い男性は特に注意が必要です。同じサイズのズボン下(昔で言う、らくだのパッチ。最近はカラーバリエーションが増えましたね)やゴム部のしっかりとした靴下の重ね着は要注意です。ユニクロ商品で賄うものは賄い、要所の品は値がはっても後悔しない選択をしました。


yarisugi.jpg

「過ぎたるは、及ばざるが如し」とは賢人の言葉。

戒めつつ、沼に片足突っ込みつつ。。。(笑

関連記事
[ 2012/12/22 04:59 ] 旅の道具 | TB(0) | CM(3)

天気予報の裏切り者~



今週末は、土曜日が雨が降るということであきらめモードでした。

天気が変わるかも。。と淡い期待を胸に何度もギリギリ前日まで、天気予報を確認していました。



翌朝、富士五湖周辺は晴れ、曇り、雨と現地の方の意見は割れていて所によって少々違うようでした。
しかたなく富士山も見れないだろうと思うようにし、近くの街に出かけ山用品やファッションをチェックしつつ休日をのんびり過ごしました。
さすがに●●前日とあって、街頭で絶叫している方が多く、足早に立ち去りました。



先週は、帰宅後、灯油を仕込んだり、ツールを磨いたり、消耗品の確認や買出し等をしていました。
ついでに不在者投票も済ませておきました。急に元気になったり歯切れのよくなった党は信頼せずに、常に言動にぶれの少ない党首がいる党に一票入れておきました。灯油を始めとした“化石燃料”は、次代のエネルギーとして中心になってゆくことでしょう。
ちなみに[化石燃料]と表現せずに、再生可能エネルギーとか、なんとかエネルギーと謳う政策や政治家はまったく●●です。
業界と癒着して政治家の懐を暖めるエネルギーにしかなりえませんのでだまされないようにしましょう。
開発支援という名目の国民の税金は湯水のように使われ、企業からのキックバックは政治家さんの懐に納まり、導入や消費コスト、安全面での不利益など複数の面で負担を強いられるのは私たちになるという構図です。そう原発の時と同じですね。明確に化石燃料と謳っているのはどこでしょうかね。


話がそれましたね。。
一方、注文したダウンジャケットが到着し、着込んで出かけたりして防寒具合をチェック。
その素晴らしい性能に感嘆してしまいました。今日も、デパートでうろついていた時は暑くなってスタバに逃げ込みフラペチーノを飲んだほどです。100均で少々小物を買足し来週の三連休に備えています。

お願いします。お天道様。来週は晴れてくださいませ。

関連記事
[ 2012/12/16 00:17 ] キャンプ | TB(0) | CM(4)

届いたもの ランタン用のグッズ

vapalux_m320_brass1.jpg
私がお世話になっているケイ・エンジニアリングさん<と呼んでいいのかな?>
ケイ・エンジニアリング
コールマンを中心にされているようですが、その他多数のアウトドアグッズを取り扱っています。
<紹介で私にメリットがあるとか、お徳があるということではなく、対応が良い関西方面のショップさんです。メーカーによっては良い事あるかもw 興味のある方はリンク先のメールアドレスで連絡を取ってみてください。>



さて今回、このショップから届きました。<ファロスという販売店も扱っています。>
これでヴェイパラックスのランタンが2台になりました。グリーンとブラスです。
そのほか消耗品も少々、取り寄せました。今後のキャンプが楽しみです。

turboflame_700px_image.jpg
ターボフレイムライター

こんなものも購入しました。いわゆるターボライターです。充填式です。少々、大ぶりな筐体ですが、しっかりとしたつくりです。<高温になるのでチャっちいとすぐ壊れてしまいます>これはランタンに火を灯すのに便利です。灯油でもホワイトガソリンでもいけますね。実はこの予熱点火や通常点火に先の細い火がないとなかなか困りもののランタンです。点火にも、いろいろな方法があると思います。パーマネントマッチや細長いチャッカマンもそうですね。他社製品でも棒状のライターはあるにはあるのですが、上手くいかないこともあります。某ユニフレームなどのターボライターは、ライターが不良であったりします。充填式で低温の気温下にも強めで<ガスはものは低温に弱いです>風に強く、細長く強い炎が出せる製品は限られています。チャッカマンだと武井バーナーの予熱バーナーの着火には少し不向きです。私の希望条件を全てカバーしたのはこの製品だけかもしれません。

ちなみにファロスさんの取り扱い製品は人気があるのか、在庫が少ないのか売り切れ易いので、興味ある方は早めに購入をお勧めします。

そのほか、ランタングッズとして買い集めた物を紹介します。
・予熱用の芯。ヴェイパラックス専用品 ・ヴァポライザー ワッシャーセット ・マントル(別メーカー製)
・アルコール。消毒用ではプレヒートできません。近所のドラッグストアで買いました。420円。
・アルコール注入容器。100均では、口の細く曲がった植物育成用の栄養剤などをまくスポイト式の容器を購入。プレヒートカップに注ぐのに便利ですが、続けて注ぐと(予熱2回目)プラスチックの先端部分が溶けたりします。アルミ箔で覆いましょう。
・専用とコールマン社製のランタン用袋


私の今後のキャンプスタイルが少し変化してゆくことでしょう。
とても楽しみなことです。



関連記事
[ 2012/12/10 00:50 ] 旅の道具 | TB(0) | CM(2)

本日の買い物

suta.jpg

寒ーい冬にむけて、上着を新調しようとアウトドアショップやショッピングモールをうろつきました。
ホグロフスは高すぎですが、ネイビーなら少し高くてもいいかなー。

marmot.jpg

暖かいダウンジャケットはノースフェイスと思いましたが、マーモットもなかなか。。
ユニクロもコスパ最高ですが、少し良いものを買いたいですね。

duvetica.jpg

dj.jpg


dawn.jpg

ついでに息子用にもこれいいなー。


おじさんになると、内臓ばかりでなく、外殻の体型や頭髪、皮膚が経年劣化(笑
あちこち廃れてくると、くたびれた格好はさらに見苦しくなると、某官房大臣のキツーイ進言がありました。

あまりファッションにこだわらない自分も、歳をとってきたんなら、一層、少しはおしゃれしないと、見苦しいらしいです。


もちろん、予算は自腹です(涙
関連記事
[ 2012/12/09 14:12 ] 旅の道具 | TB(0) | CM(4)

ちょっとしたお役立ちツール

IMG_3234.jpg

上の灯油火器類を使用する上で、ちょっとしたお役立ちツールを検討しています。

火器としての性能は申し分のないバーナーやランタンですが、使用している人の悩みは大きく2つに分類できそうです。

ひとつには加圧式ゆえに、燃料を小さな穴から圧力で噴出させますが、それゆえ、小さな穴を妨害する、ススやタール、不純物が大敵でもあるようです。
全開で使用することでススを燃焼させることや、過大な規定以上の圧力をかけないこと、燃料を入れる際に規定量以上に灯油を入れないことなどがあげられます。ヴァポライザイーと呼ばれる、燃料噴出部のパーツを定期的に<シーズンオフなど>清掃することも重要なようです。興味のある方は、ラストリムーバーなどで検索すると良い結果が得られるかもしれません。

二つ目には、燃料を供給する時に、「如何に零さずにに入れるか」という問題です。
フジカハイペットでも、電池式の電動灯油供給ポンプは不可ですが、手動のポンプで大丈夫です。燃料ゲージが付属しているので、入れすぎないよう注意してサイフォンで供給が可能です。
ランタン、武井バーナーに至っては、どうやって燃料を入れるかに悩むほどにその燃料“口”が小さいのです。
なおかつ満タンのサインがわかりません。懐中電灯で覗き込んだり、振ってみたりしておおよその満タンを推測します。またあらかじめ別容器に規定量を入れておき、それを注ぐという方法もあります。

非常にめんどくさい。。。。

100均で漏斗を購入しましたが、漏斗が不安定であったり、サイフォンが働くと、内圧の反作用で灯油が漏斗から溢れたりもします。自動車用のオイル注ぎのファンネルという商品も有効ですが、純正ではないので工夫が必要です。

私の場合、魚やエビを飼育するために取ってあるエア用のビニールパイプを活用できます。
ラジコン用のオイルや燃料を注ぐポンプが、マニア向けのサイトで販売されています。
手動、電動でも商品はありますが、ここは手動でいくのがよさそうです。
このツールは、零さずに適量を入れるにはもってこいですが、手動ゆえ、満タンまでの時間はかかります。
しかし汚さない、溢れさせないという意味では素晴らしい機能を発揮してくれます。
ponp.jpg

灯油のランニングコストの低さはご存知のとおり。ホワイトガソリン、ガスカートリッジ、イワタニのカセットガスなどに比較するまでもありません。手軽さでは後塵を拝しますが。
ランタンなどの給油に悩んでいる方は、プラモデルの専売サイトでポンプで検索してみたら、悩みが解決するかもしれません。


monberu#0

仕事帰りに用品店に行ったら、本来の目的<モンベル ULスーパースパイラルダウンハガー#0の性能調査>も忘れ、かっこよいリュックを購入してしまった。。。
bag.jpg

着々と年中、キャンプ&撮影を楽しもう計画を進めています。
関連記事
[ 2012/12/07 23:53 ] 旅の道具 | TB(0) | CM(4)

朝霧高原へ  朝霧ジャンボリーオートキャンプ場

IMG_3312.jpg


 体調は大丈夫そうだったので、準備万端を整え、山梨県に向かいました。

 キャンプメインで山梨県に向かうのは初めてかもしれません。
なぜなら富士山の撮影メインの旅にしたくなることや、小仏トンネルなどの渋滞が嫌で動きが激しいシーズンは避けていました。

 今回は、紅葉シーズンも終わり、人の移動が落ちつた頃を見計らってのキャンプとしました。
山梨県は長野県以上にキャンプ場の多い地域です。しかも安い。
 管理人さんがガツガツしておらず(利用者側からの表現です。ご容赦ください。利用時間帯の融通をきかせてくれたり、早い時間帯で入場できることなど)長野県と同様に利用者側にしてみれば、とても利用しやすいです。その分、利用上のマナーは厳守します。利用者はゴミの始末や焚火のルール、騒音を出さないなどルール遵守のモラルは大事ですね。



のんびりと構え、爆走もせずに山梨に向かいます。圏央道から乗り入れ、中央高速で河口湖ICへ。
久しぶりの河口湖ですが、思いっきり曇っており富士山をのぞくことはできません。
天気予報も曇り、時々晴れとの事でしたので、大して期待もしていませんでした。あわよくば程度です。

今回は、月と富士山の撮影で有名な朝霧高原へ。

IMG_3274.jpg

落ちついたキャンプ場でゴルフ場がメインのようです。
10数組のソロ、ファミリー、カップルキャンパーが各々、楽しんでいるようでした。横目に見ながら車を進めます。アルファベットの順?に並んだ複数のサイトのゾーンが連なり、まるでゴルフ場の様です。
どこからも富士山が見えるようでいて、そうでもないです。人が少なくて富士山が比較的、良く見えるゾーンにてキャンプを展開させました。

<キャンプ場のレポートではありませんので、キャンプの合間に撮った写真をいつものように紹介します。>

日中から北風が強く、予報どおりです。
スクリーンテントでは、隙間風が強く入ってきて、ぜんぜん室内が温まりません。
そこで、四方のスクリーンの下部に短いロープとペグで固定させ、隙間風が最小限になるように押さえ込みました。密室にはならずに空気の出入りを最小限に=難しい命題と思いましたが、もとよりスクリーンテントで密室は不可能です。空気、風が吹きこんでくる北側2面のスクリーンのたわみを押さえ、反対側のスクリーンは弱めにしました。これは良い効果でした。

武井バーナー、フジカハイペットのコンビでぬくぬくです。
グランドシート、ヨガマット、起毛絨毯、サーマレストなどを敷き、ゴロゴロと読書にふけります。
幸い、アイフォンも電波が通りましたので、インターネットも。
「家とどう違うねん!」と突っ込みを入れつつ、ぐうたら過ごしました。


まさに「食う」「寝る」「遊ぶ」です。


あくまで「キャンプでぐうたら」が目的です。撮影は合間合間に。テント内にこもっていて、富士山の絶景を見逃しても後悔はしません。まあ、気張ったところで所詮、素人なので気楽に行きましょう。

IMG_3307.jpg

天気が悪い中ですが、晴れ間も夕焼けも、<朝焼けです>見えました。ありがとう富士山!!

さて夜はどうでしょうか。

まずは腹ごしらえです。前日に家で切っておいた野菜を鍋にツッコミ、トン汁のような鳥汁です。
おなか一杯になれば、睡眠です! トイレに行くと結構晴れていたので、少々撮影を。

IMG_3277.jpg
トイレに向かう人が明かりを持って動いていますね。

IMG_3279.jpg

写真を見れば、一目瞭然。実はほとんど移動していないです。

だって寒いし、写真に熱中すれば、テント内にいられません。今日の目的はぐうたらですから(笑

IMG_3302.jpg
一見、真っ暗に見えますか?輝度のしっかりとしたモニタで見るとあら不思議だったりするかもw


七時から九時のかけての撮影がほとんどで、深夜の撮影は止めました。寒いし、眠いし。きっと体調は本調子ではないのでしょう。(と、判断)



 今回は高原といえど、高度的にはさほどでなかったせいで、寒さは極寒と言うほどではありませんでした。
しかし風がある分、やはり寒いかったです。到着時からすぐに暖房をドライブさせると、燃料が翌朝まで持ちません。今回は、それを見越して、予備燃料で対応しました(エライ!)

 また足先の凍え感は、ジッポのカイロで対応させました。<ハンディウォーマーというそうです>ハクキンカイロって覚えていますかね?仕組みは同じです。1000円ほどで購入し、手持ちのジッポの燃料で賄いました。ただし、説明書きの暖かさは納得できますが、持続時間は半分程度と考えて良いでしょう。日常、ホカロンよりも良い性能です。三重のモモヒキをはいてさらにぬくぬくの夜を過ごしました。
関連記事
[ 2012/12/02 19:29 ] キャンプ | TB(0) | CM(8)

さて明日は…

ふもと
http://pointscope02.jp/cgi-local/fmtp/fmtp1/imageview.cgi 富士山の中継ポイント


いまひとつの体調ですが、悪い虫がうずきます。
明日は体調がよければ、久しぶりに富士山を見に行こうかと思っています。

雨ではありませんが、天候がいまひとつです。

気温的には、すでに冬の様相の富士山周辺でしょう。特に私のような都会のもやしっ子には。

真冬の峠などでは、1月、2月のほうが寒さがつらかったはずで、ガタガタ震えながら写真を撮った日々を思い出します。12月はまだまだこれからのはずです。

12月の初旬は。。いかに。。

周辺の山から臨むか、ふもとから臨むか。。何時出発にするか。。食料計画、、服薬の準備。。。

富士山の周囲、ぐるりと撮影ポイントを思い描きながら、野営地の候補を練っています。


関連記事
[ 2012/12/01 00:28 ] キャンプ | TB(0) | CM(2)